« (28.1.27) 日立の大健闘 イギリスを足場に世界企業に飛躍しつつある。 | トップページ | (28.1.29) 天皇・皇后両陛下の慰霊の旅 なぜフィリピンは激戦地になったのか!! »

(28.1.28)党中央の方針に従って数字を改ざんしているのに逮捕されるなんて!! 王統計局局長逮捕拘引

211230_037

  中国で何が起こっても驚かないが、さすがに今回は驚いてしまった。
国家統計局のトップの王保安局長が突然逮捕されてしまったからだ。何しろ逮捕の2時間前まで王局長は内外の記者の前で熱弁をふるっていた。
中国のファンダメンタルズ はなお堅調で、15年のGDP6.9%は一点の曇りもない正しい数字だ

  そう言ってにこやかに記者団と握手を交わしていたのにその二時間後に は「重要な規律違反」で逮捕拘引されてしまった。
王局長自身のファンダメンタルズは危機に陥った。
中国で「重大な規律違反」といえば汚職事件に決まっている。 「一点の曇りもないといっていたが統計局局長はワイロをもらって統計数字を改ざんしていたのだろうか・・・・・・・・・・」と一瞬思ったがこれはないことに気が付いた。

 GDP6.9%というのは党中央の目標7.0%に沿った数字で、7.0%より大きく下回った場合などは問題にされるが、まさに党中央の希望通りの数字なのだから王局長が責任を追及されるわけがない。
反対に「王局長、あんたのおかげでわが国のGDPは6.9%を維持している。わが国の経済はひとえに王局長が支えているといえる
主席からそのようなお言葉をいただけるのは光栄です。今後もGDPは6.9%を下回るようなことはこの王がゆるしません
それでこそ国家統計局長、統計は国家のしもべに徹しなければいけない!!」
党中央の方針に従って数字を改ざんしているのだから、これが党規律違反になるはずがない。

 王保安氏が国家統計局長になったのは15年4月でつい最近であり、また中国の統計はすべてといっていいほど誇大広告のようなものだから、今統計局がらみで王局長が逮捕される理由はないことがわかる。
やはり逮捕理由は1992年より勤務していた財務部や税務総局がらみの収賄事件だろう。
財務部は日本の財務省に相当するし、税務総局は国税庁だ。
ここなら税金の支払いに関してワイロが飛び交うことが想像される。
とくに税務総局の幹部として辣腕を振るったということはそれだけワイロを受け取ったということだ。
中国人が真面目に仕事をするのはワイロがあるからで、中国人とワイロ は同義語だ。

 それにしても習近平氏の腐敗撲滅運動はとどまるところを知らず、ますます燃え上がっている感じだ。最近は地方の省庁の幹部が次々に逮捕されているが、省といっても日本と同程度の人口の省はいくらでもあるのだから、日本的な意味では首相や副首相や閣僚が次々に逮捕されているようなイメージだ。
また思想統制も強化されており香港の大手書店の店主が習近平氏に批判的な書物を販売していたとして逮捕拘引されている。

 習近平氏の汚職撲滅運動はだんだんとスターリンの粛清に近くなってきた。違いはすぐに銃殺されるか一応は裁判の形式をとって監獄に入れられるかの相違に過ぎない。
習近平氏は一見穏やかな大人の風格があるが、実際はスターリンと同じ猜疑心の塊で反対者を一人でも残しておくのは心配でたまらないのだろう。
王局長はまさか自分が逮捕されるとは思ってもいなかったようだが、今中国では誰が逮捕されても不思議でないような状況になっている。

 

|

« (28.1.27) 日立の大健闘 イギリスを足場に世界企業に飛躍しつつある。 | トップページ | (28.1.29) 天皇・皇后両陛下の慰霊の旅 なぜフィリピンは激戦地になったのか!! »

評論 世界経済 中国経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

毛沢東とその同志達がシナを共産党独裁国家にした後からずっと権力闘争 粛清の嵐が続いてますね。
あの林彪事件、私は当時北京放送をよく聞いていましたが「毛沢東(マオツアトン)万歳!(マンセー)」と甲高い声で絶叫していたあの林彪が実は裏切者、反毛主義の頭目であったと発表された時は心底驚きました。 いや世界中が驚いたと思います。彼の人民服の姿とあの甲高い声は今でもよく覚えています。

広大なシナ大陸でも狭い共産党組織、独裁統一を維持するためには内部の派閥争いを玉虫色の妥協決着でしのいでいるはずです。
でもどうしてもある時点では決着をつけるべく闘争 粛清が行われる、これを繰り返していくのでしょうね。 終末はそこに来てる、と思いますが。

投稿: 絶望人 | 2016年1月28日 (木) 09時17分

全くすごいですね権力闘争、しかしISやシリアに比べればまだいいのかも
人間の欲望をの凄さ本質はみな同じなのかもしれない。

ところで、ソ連が崩壊した大きな原因の一つに経済破綻があったと聞きました。
中国共産党が潰れるのもやはり民が飢えはじめるときでしょうか?
中国が民主主義の国になって人権が尊重され、言論と思想宗教が自由になったら
世界は明るくなるでしょうか?
中国人は大陸的?なひとの良さを発揮しはじめるでしょうか?
是非生きているうちに見てみたい。

投稿: ゴマメの歯ぎしり | 2016年1月28日 (木) 11時39分

人民解放軍が飢えはじめるときでしょう。笑
民は飢えても、暴力装置が利く限り、見殺しです。
大躍進みたいになります。
今の状況は、文革でしょう。歴史は繰り返す。

投稿: NINJA300 | 2016年1月28日 (木) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (28.1.27) 日立の大健闘 イギリスを足場に世界企業に飛躍しつつある。 | トップページ | (28.1.29) 天皇・皇后両陛下の慰霊の旅 なぜフィリピンは激戦地になったのか!! »