« (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 | トップページ | (27.12.21) 電力の小売り自由化の前に新電力の腰が引けだした。 大阪ガスの火力発電所建設の撤回 »

(27.12.20) シャープの悲しいほどの迷走 すべてを切り売りし後には何も残らない!!

2006_101000761 

 結局のところ私が好きだったシャープは持てる資産をすべて分社化最後は消滅しそうだ。
シャープといえばかつては世界の液晶事業を引っ張っていたのだが、今ではその液晶事業がお荷物になって経営を大きく圧迫している。
液晶には大型中小型があって、大型の堺工場はすでに分社化され、ホンハイとの共同経営になっているが、今度は中小型液晶の亀山工場ジャパンディスプレイ(JDI)に売却する交渉に入った。

 JDIは産業革新機構が出資して作った会社で日立、東芝、ソニーの液晶部門を分離して設立した日本連合の最後の切り札だが、そこにシャープを加えて韓国と中国に追い上げられた液晶の再建を図ろうということだ。
世界市場での中小型の液晶部門トップは韓国のLGディスプレーだが、このところの円安とウォン高で韓国勢に陰りが見えているので、この機会を逃さず再び液晶王国日本をとりもどそうとの計画だ。

注) 現在韓国企業は総崩れだが、その中でサムスンとLGディスプレーだけが経営を維持できている。この2社が崩れたら韓国に後はない。

 計画ではいったん亀山工場を分社化しそこにJDIが500億円から1000億円の範囲で出資を行うというのが基本構想になっている。
また大型液晶の堺工場はすでに分社化して台湾のホンハイと共同出資になっているが、こちらはシャープが持っている株式の全額をホンハイに売却することを検討している。

 こうして液晶のシャープといわれたシャープは大型液晶はホンハイに、そして中小型液晶はJDIに売却し、残りの白物家電や複写機も分社化して売却を検討しているという。
最もこうした動きを推進させているのは銀行団(みずほ、三菱で、シャープの再建計画が一向に軌道に乗らないことにしびれを切らせて売却可能なものをすべて売却させて資金の回収を図ろうとしている。
私も金融機関にいたからよく知っているが、金融機関が主導する再建計画は不採算部門の切り捨てと相場が決まっていて資金が回収できれば後はなんでもいい。
何ということはない、結局は売れる事業はすべて分社化して売却し売却が終わったら後にはシャープには何も残らないという構図が見て取れる。

注)シャープは経営悪化に伴い13~15年にかけての再建計画を立て、主要行から5100億円の支援を得たが再建計画は一向に軌道に乗らないため金融機関は抜本的な再建案の構築を求めている。

  今思えばシャープの迷走は悲しいほどだ。
液晶についてはイグゾーというNO1技術があるので、シャープの再建は必ず果たせるといっていたのに、その液晶部門がシャープ経営の足を引っ張っている。
シャープの最大の誤算は液晶の販売先を中国シャオミ等に定め、アップルのシェアを低下させたことで、これが中国経済の失速に伴い完全に裏目に出てしまった。
くそ、アップルに売っていたらこんなことはなかったのに・・・・・・・・・
まだ白物家電や複写機は利益をだしているが、こうした部門も次に切り売りされてシャープに残るものは何もなくなってしまうだろう。

 ほとんど「今は昔の話」になりそうだ。

 かつてシャープという技術力が抜群で他メーカーより安く品質の良かった商品を販売していた会社があったが、今その本社の跡地には家具メーカーのニトリが進出し、シャープの技術陣はJDIといったそれまでライバル視していたメーカーに再就職を求め、大型液晶技術は台湾が取得して、その後シャープという会社は実質的になくなったというようなことが来そうだ。

|

« (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 | トップページ | (27.12.21) 電力の小売り自由化の前に新電力の腰が引けだした。 大阪ガスの火力発電所建設の撤回 »

評論 日本の経済 シャープの経営問題」カテゴリの記事

コメント

シャープさん、大和郡山の工場にレーザープリンター用部品の試作品を持ち何度もお伺い致しました。もう二十年前になりますが、当時胸に社章とは別に独特のバッチをつけておられたあの開発技術者の方達は定年まで無事だったかな、そうであってくれれば・・・・、とシャープの記事を見聞きする度に思います。

そして従弟がお世話になっていましたがこの9月で退職、57歳で女の子二人未婚です。 都内私大工学部卒ですが再就職が心配です。

家電だけから事務機に事業拡大された当時は一流電機メーカーとして日の出の勢いを感じました。 幕張メッセにも巨大なビルを建てられ東京の開発センターも秋葉原から移動、眺望のいいビルは行くのが楽しみでもありましたが、どうなったんでしょうか。
シャープのブラウン管テレビは丈夫でしたね。 我が家の ワープロ書院も 30年、ほとんど30年近く妻が仕事でよく使っていますが健在です。磯子の修理センターさんの素晴らしいフォローもあってまだまだ完全に、完璧に仕事をしてくれています。

経営者が無能だと商品がどんなに良くても企業は銀行、紺猿の餌食。ハゲタカどもに食いつくされ従業員が気の毒です。

すみません、感情が走りました。

投稿: 絶望人 | 2015年12月20日 (日) 09時49分

2000年位に亀山工場の警備が万全だという社長のインタビュー記事を日経ビジネスかなにかで読んだ記憶があります。
その前は、計算機のブランドではカシオよりシャープが上でしたよねえ。
いまはカシオのほうがずっと上になりました。バカな経営陣を頭ヘッドにしている企業の従業員はやってられないでしょうね。

投稿: NINJA300 | 2015年12月20日 (日) 18時29分

目の付け所がシャープでしょ!
何てコマーシャルありましたね!ソニーといい この先何が起きるんだろ?って感じです

>本社の跡地には家具メーカーのナトリ
我が家の周りを見渡せば 大企業の開発部門が 大型ホムセンになったってパターンが少なくないです!
森を切り開いてるのは まあ一部ですね

投稿: kuwankahn | 2015年12月21日 (月) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 | トップページ | (27.12.21) 電力の小売り自由化の前に新電力の腰が引けだした。 大阪ガスの火力発電所建設の撤回 »