« (27.12.13) 中国から資金が逃げ出している。誰もとどめることができない。 | トップページ | (27.12.15) NHKクローズアップ現代の指摘 耐性菌が強力になり抗生物質が効かない!! »

(27.12.14) IMFの韓国への警告 借金ばかりしているとまた倒産するぞ!!

Dsc_00021
(友達のブログ 「ちば公園のベンチから」に掲載されている利根川の朝焼け)

 韓国経済にとって現状は何一つ良いことはなく、悲観的材料ばかりそろっている。
韓国には「貿易の日」という記念日があり、毎年韓国経済の躍進をたたえるセレモニーが行われるのだが、今年12月7日の「貿易の日」は全くさえない式典になってしまった。
何しろ過去躍進に次ぐ躍進だった輸出が急ストップしてしまい15年度は1月~11月で輸出が▲7.4%、輸入は▲16.6%と前年を大幅に下回り、貿易量1兆ドルは5年ぶりに未達に終わることが確実になった。
「これでは貿易立国、韓国の名前が廃る!」
聞こえるのは恨み節ばかりだ。

 韓国の経団連にあたる全経連が「韓国経済は日本と中国のサンドバックになった」と嘆いて見せたが、過去日本には価格で優位にたち、中国には技術で優位に立っていた韓国が、今や日本に価格で追い上げられ中国には技術でおいあげられて、もはや韓国企業のよって立つべき場所がなくなったという。

 韓国人は少しでも優位になると有頂天になってしまい、一方劣勢になると超悲観におちいるという感情的特性があるので、いささか悲観的すぎるのではないかとは思うが、造船、鉄鋼、石油化学といった業種は赤字を垂れ流している。
大宇造船サムスン重工業といえばしばらく前までは日本企業を蹴散らす先兵のような会社だったが、今や金融機関の支援なくして存続するのがむつかしいゾンビ会社になっている。
日本でいえばシャープのような立場だ。

 フィナンシャル・タイムズが掲載する時価総額上位500社に今年韓国企業がたった4社しか入らなかったことを嘆いていた。
数年前に は9社だったのに半減だ」株価の低下が重くのしかかっている。
企業格付は次々に格下げされて、1998年の金融危機と同じレベルになっている。

 さらに追い打ちをかけるようにIMFが韓国に勧告を行った。
家計負債1200兆ウォン(120兆円)、企業負債2200兆ウォン(220兆円)があるが、アメリカの金利上昇により支払利息が増加したら家計も借入過多の企業も倒産の危機に陥る」

 最近政府は金融緩和策の一環として住宅ローンの上限撤廃をしたので、住宅ローンの借入が伸びており、このことが不動産市況が活況だという判断の一つになっている。
しかし実態はかなりあやしい。
韓国の不動産ローンには以下の問題点があるからだ。

① 7割の住宅ローンで元本返済が行われていない(ゆとりローンと称して最初の数年間は利息のみの支払いになる)
② 7割以上で変動金利を採用しており金利上昇局面では利息支払いが増加する。
③ 住宅ローンを偽装した借り入れが約5割に達し、こうした資金は生活費に充てられている。
④ ノンバンクからの借入が多く銀行借り入れに比較して金利がたかい。


 簡単に言えば生活苦で苦しくなった韓国人は住宅ローンを借りて生活費に回しなんとか生活を維持しているという構図が見て取れる。
ここにFRBによるゼロ金利政策が終わったらどうなるかというのがIMFの指摘だ。
短期借入金の多い韓国経済では資金が急速に流失してしまうので、中央銀行は金利をあげざるえない。現在の政策金利は1.5%だが政策金利が上がれば住宅ローン金利も企業融資金利も上がる。
いまでさえ家計は大ピンチ、企業は金融機関からの融資でなんとか生き延びているゾンビ企業ばかりなのにいっぺんで家計も企業も崩壊するのではないかとIMF は心配している。

 IMFはどちらかというと心配性で日本に対しても「国債残高が多く、金利上昇下では日本経済が崩壊するから国債残高を圧縮するよう」に再三にわたって勧告している。
日本の場合は国債の保有者が国内にほとんどいるので、日銀の低金利政策でなんとか逃れることができるが、一方韓国経済は借金経済でかつ海外からの短期借入金が多い。

 ドル金利が上がればさっさと韓国から逃げ出すのでIMFの杞憂はあたる可能性が高い。FRBがゼロ金利政策を転換するのは12月になるだろう。
その後の韓国経済がどうなるかまことに見ものだ。IMFの予想通り崩壊過程に入るのか、それともしぶとく頑張るのか日本は高みの見物をすることになる。

 

 

 

|

« (27.12.13) 中国から資金が逃げ出している。誰もとどめることができない。 | トップページ | (27.12.15) NHKクローズアップ現代の指摘 耐性菌が強力になり抗生物質が効かない!! »

評論 世界経済 韓国経済」カテゴリの記事

コメント

今更ですが、日本も急がずとも財政再建増税路線の決意道筋をIMF、アメリカ(ユダヤ)にはっきり態度表明の必要があると思います。
ところでその一環でしょうか?、介護料金が2倍に!。 先日NHKで今年8月から月額6万円の費用が13万円程にUPしているとの事。いや官僚のやる事のずるさ、ウマさ、何事も自己責任のアメリカ人には財政再建の決意表明手段としてこれは分かりやすい、これは説得力ある説明手段だと本当に感嘆致しました。 いやお困りの方も多いとは思いますが。

韓国は完全に見捨てられて再度倒産、借金踏み倒ししかもう方法手段はないんでしょう。一度倒産した経験者はもう恥も外聞もありません。これはもう山崎先生銀行時代からよくご存知の通りです。
パクリと見栄だけで一見一人前に見えていただけのポスコも上場廃止、これが国全体の実態を表しているのでしょう。
ポスコは新日鉄から技術を盗みそれがバレて敗訴賠償金支払い、UAEで原発受注も基礎部分の技術無く製造不可能、ネシアで高炉受注も操業開始直後に爆発操業不能で賠償問題。 パクリ技術と見栄ハッタリだけでした。 韓国の将来を暗示していると思います。

投稿: 絶望人 | 2015年12月14日 (月) 10時01分

わたしも韓国は1998年と同様の事態になると予想します。
問題は、あの国はいつも日本に頼ってくるということです。乞食同様の精神性の国に国民の税金が投入される事態になるのが目に見えていますから、その前に国交断絶すればいいのにと個人的には思っています。それとも、日本の納税者はいくら援助し、国民の税金をつぎ込んでも、日本のありもしない悪口を言いふらし、日本大使館の前に慰安婦像を建てる神経の人たちを助けるつもりでしょうか?
これ以上、韓国を助けると、逆に韓国の精神性に悪影響を及ぼすと思います。Spare the rod, spoil the children.

投稿: NINJA300 | 2015年12月14日 (月) 13時04分

山崎先生のブログを数日前に初めて拝見しました。大変勉強になります。
私は、長谷川慶太郎氏の著作が出るたびに購入して読んでますが、それによると北朝鮮の崩壊は間近に迫っており、そのさいは韓国へ数百万の難民が押し寄せて来て、韓国は日本へ援助を求めるほかないし、また日本は助けられるだけの石油およびコメの国家備蓄を持っている唯一の国だとのことです。そのためには、韓国政府は日本への態度を即刻改めなければならないと。
この北朝鮮崩壊という一大歴史イベントが控えている前に、韓国の経済が崩壊寸前というのでは、やはり国際的に人道援助できるのは日本しかないのでしょうが、そのときは韓国政府と国民に100年先まで反省してもらわねばなりません。

投稿: 小東洋 | 2015年12月15日 (火) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.13) 中国から資金が逃げ出している。誰もとどめることができない。 | トップページ | (27.12.15) NHKクローズアップ現代の指摘 耐性菌が強力になり抗生物質が効かない!! »