« (27.12.12) インドに日本方式の新幹線を!! 安倍首相の見事な首脳外交 | トップページ | (27.12.14) IMFの韓国への警告 借金ばかりしているとまた倒産するぞ!! »

(27.12.13) 中国から資金が逃げ出している。誰もとどめることができない。

J221216_002

  中国の貿易総額は月を追って縮小しており、輸出入の合計9か月連続で対前年同月を下回った。この傾向は反転の兆しが全く見えておらず、いったいいつになったら貿易量の減少が止まるのだろうかと市場はやきもきしている。
中国の輸出がストップしてきたのは賃金が高騰して競争力を失ってきたからである。特に繊維や玩具といった低付加価値商品は中国で生産しても全く利益を上げられなくなっている。

 かつてはスポーツシューズなどはメイドイン・チャイナと相場が決まっていたが、最近私が購入したアシックスのマラソンシューズはインドネシア産だった。衣類も最近はベトナムあたりが多くなり、メイドイン・チャイナが駆逐されている。
かつて日本もそうした経験をしているので別に不思議はないが、それなら中国は日本がそうであったように高付加価値製品に特化したのかというとそれはかなり怪しい。
相変わらず二流品を生産しているのだから競争力がなくなるのは致し方ない。

 貿易統計を見ていると輸出より輸入の方が低下が激しい。これは当然で原油や鉄鉱石や石炭が有り余ってしまっているのだからそれを次々にキャンセルしている。
おかげで世界のコモディティ市場は総崩れになり、半値は当たり前で原油などはしばらく前の100ドルから今は35ドルまで値下がりしてしまった。

 それでも輸入の減少が大きいため貿易統計は毎期黒字を計上しているが、信じられないことには外貨準備が毎月激減している。本来なら貿易で儲けているのだからその分外貨準備が積みあがってもよさそうなものだが激減だ。
昨年の6月ごろには約4兆ドルあった外貨準備が、15年11月現在で3兆4千億ドルだからこの間に6000億ドル(72兆円)も減少したことになる。
72兆円といえば日本の国家予算の約7割だ。

 もともと4兆ドルの約3割は証券投資で人民元が将来値上がりすることを当て込んで投資されていたものだが、中国経済が大失速したことが明らかになってから怒涛のような流失が始まった。
中国人民銀行は懸命に元買いドル売りを行って人民元の相場維持を図ろうとしたがとても止められるような流れではなく、もうどうにもならないといったほどの激流になっている。

 この夏場から中国人民銀行は元の買い支えを諦めたようなそぶりを再三見せていたが、12月に入ってまた元価格が対ドルに対して大幅に低下し始めている
人民元に魅力がなくなりドルが値上がりするとみて、中国にあった資金がドルに殺到している。11月には約10兆円の資金が流失して12月はさらにその速度が速まっている。
中国人民銀行は「IMFの構成通貨に人民元がなったので各国が準備資産に人民元を繰り入れるので人民元に対する需要が沸く」とコメントしたが、実際は人民元は全く見向きもされない。

 1ドル6.1元だった相場がここに来て6.4元まで値下がりし、当面の着地点は6.8元程度の10%元安相場になると市場は予想している。
前にも記載したが国の本当の姿を知るには統計数字を見ていても何もわからない。一番よく実態を反映しているのはその国の資金の動きで資金が逃げ出している国は非常な問題点を抱えている。
中国には昨年の夏ごろまでは資金が集まっていたが、その後反転して流失が始まった。昨年の夏が中国経済のピークだったことがわかる。

注1) 山崎経済研究所の山崎所長は中国経済のピークアウトを14年夏と規定しているが、まだ一般にはそうと認められていない。しかし時間が経てばこの山崎氏の指摘が正しかったことが明確になると本人は自負している。

注2)中国経済の資金繰りの実態については前にも記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/ppp.html

 

|

« (27.12.12) インドに日本方式の新幹線を!! 安倍首相の見事な首脳外交 | トップページ | (27.12.14) IMFの韓国への警告 借金ばかりしているとまた倒産するぞ!! »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

流れが停止、逆流を始めると国際金融資本は非情ですね。 シナはもう儲からないとみてユダヤ金融資本が一斉に引き揚げている感じですね。
金貸し業に仁義などなくシナが共産国家だろうがお構いなしでしたがそれも儲けになるうちだけ、先を読み 持ち上げておいて落とし込む 冷徹な意地の悪い金貸しユダヤの姦計にシナは落ち込んだようです。

アメリカにいるのはロスチャイルド家でしたね。 シナが共産国家でも別に構わないんでしょうがあの強引な国家経営ぶりに限界危険を読んだのでしょう。
恐らくシナをこれ以上のさばらせるとシナの一人勝ちとなる、それでは自分の儲けにならない、いやそれどころか不利になると判断し資金を引き揚げてるのでしょう。それも世界中の傘下金融を使って。 国境のないユダヤと戦っても次元の違う相手、シナは負け続けます。

投稿: 絶望人 | 2015年12月13日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.12) インドに日本方式の新幹線を!! 安倍首相の見事な首脳外交 | トップページ | (27.12.14) IMFの韓国への警告 借金ばかりしているとまた倒産するぞ!! »