« (27.12.27) 中国鉄鋼業界の過剰生産恐慌の惨劇 ただ赤字を垂れ流すために生産を続けている!! | トップページ | (27.12.29) 中国企業の債務不履行問題が16年度に爆発する!! »

(27.12.28) 世界のマクドナルドの終焉 日本ではすっかりマックが飽きられた!

Dscf0105 

 「やはりそうなのか」とつくづく思ってしまった。
日本マクドナルドの業績低下に嫌気をさして、本社の米マクドナルドが保有株を放出するという。
米マクドナルドは日本マクドナルドの株式のほぼ半分を保有しているが、保有比率を引き下げ最大33%相当の株式の売却に応じるという。1000億円程度になるそうだ。

 最近の日本マクドナルド業績は散々だ。2014年夏の期限切れ鶏肉の使用問題と、15年1月に集中的に発生した異物混入事件の後、マックに対する需要は減少の一途をたどっている。09年には3500億円だった売上高が15年2000億円に低下し、大げさに言えばほぼ半減だ。利益もここ2期にわたってマイナスが続いている。

注)マクドナルドの業績低迷については先にも記事を記載した
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/ppp-2.html

 日本人がすっかりマックにあいてきたのだが、マックを食べたがる世代が段々と少なくなってきたのが一番大きな原因だ。
あのボルュームたっぷりのジャンクフードを食べて平気なのは子供や若者だが、老人がこんな脂ぎったものを日常的に食べているとすぐに高血圧や高脂血症になってしまう。

 日本の人口構成は加速度的に老人が増えているが、その結果マックを食する人口が段々と少なくなっており、マックは日本では斜陽産業になってきた。
米マックは日本市場に見切りをつけ、まだ若者がわんさかといるインドや東南アジアに拠点を移そうというのが今回日本マックの株式を売却する理由だ。

 私がまだ現役で子供が小学生だったころは食事といえばマックだった。
子供たちはビックマックが好きで口いっぱいほうばって食べていたし、私も子供と同じようにして食べたものだ。
しかし当時から私はマックがおいしいとは一度も思わなかった。
まあ、子供が喜んでいるのだから付き合ってやろう」位の気持ちでつきあっていたのだが、対応がパターン化され「○○も一緒にいかがですか」などと余計なことまで言われてうんざりしたものだ。

 私はマックが売れなくなったのは日本だけかと思っていたら意外とアメリカでも苦戦しているのだという。簡単に言えば先進国では老人が増え健康志向がたかまるので、カロリーたっぷりで牛や豚の餌とさして変わらないこうしたジャンクフードは見向きもされなくなりつつある。
ジャンクフードを日常的に食している人はデブで成人病のオンパレードになってしまうから先進国からは駆逐される運命にあるようだ。

 結局マックは20世紀の食べ物であり人口低減に悩まされ老人比率が高まる先進国では見向きもされなくなりつつある。残ったのはまだ子供たちが多い新興国だけで世界のマックももはや世界中でその隆盛を極めた時代が終わってしまった。

 

 

 

|

« (27.12.27) 中国鉄鋼業界の過剰生産恐慌の惨劇 ただ赤字を垂れ流すために生産を続けている!! | トップページ | (27.12.29) 中国企業の債務不履行問題が16年度に爆発する!! »

評論 日本の経済 マクドナルド」カテゴリの記事

コメント

マクドナルドと日本IBMはネガティブ過ぎてもう日本には必要ない企業ですからアメリカに帰ってもらうべきです。

マックはもともとアメリカでも低所得労働者階級の食べ物、それを何にも知らない日本人にかっこいい食べ物と売り込みました。 苦々しく思っていましたが一連の事件で馬脚を現して信用失墜、薄々本質を知ってきていた日本人に一斉に拒否されたのが真実と思います。

日本IBM社の悪評も凄い。 あれがアメリカ流、世界標準の経営だと言うんでしょうか。 リストラ首切り、部門の切り売り、日本企業が簡単に首切りするようになった先導役。私が若い頃は高賃金で成績最優秀者の就職先、憧れの最先端外資でしたがこれも本質馬脚を現しましたね。 

投稿: 絶望人 | 2015年12月28日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.27) 中国鉄鋼業界の過剰生産恐慌の惨劇 ただ赤字を垂れ流すために生産を続けている!! | トップページ | (27.12.29) 中国企業の債務不履行問題が16年度に爆発する!! »