« (27.12.7) 映画「海難1890」 歴史認識を新たにできる映画だ | トップページ | (27.12.9) GDPは死んだ!! GDPによる景気判断の終わり »

(27.12.8) 金星の気象衛星「あかつき」が軌道に乗ったようだ。実に喜ばしい!!

22121_006 

  金星版気象衛星
といわれていた「あかつき」がようやく金星の周りをまわる軌道に入ったようだ。ようやくというのは2010年12月に金星の衛星軌道に入る予定だったが、メインエンジンのトラブルで失敗し、金星でなく太陽を回る軌道に入っていたからだ。
これでは金星の探査ではなく太陽の探査衛星になってしまい、私などは完全に失敗していたと思っていた。

 しかし日本の科学者は実に粘り強い。前回の「はやぶさ」の時もそうだったが、メインエンジンがだめなら姿勢制御の補助エンジンを使用して金星の軌道に突入する計画を立て、どうやらそれに成功したらしい。
どうやらというのはまだ確証がえられないからで、JAXA(宇宙航空開発機構)によると9日に正確な結果報告をするという。

 「あかつき」は数年に1回の割合で金星に近づくのだが、その機会を逃さずに「あかつき」のスピードを緩めると金星の重力に引かれて金星の衛星になることができるのだという。
今回補助エンジンを20分噴かしてスピードを緩めて金星軌道に突入させた。
もともと「あかつき」の目的は金星の気象観測、とくにスーパーローテイションと呼ばれる風速100m/Sの風がなぜ存在するかを探査することなのだという。

 スーパーローテイションといわれても私にはピンとこないが、金星は地球の双子星と言われるくらい構造が似ているのだそうだが、金星には信じられないような風や、地表温度約460度の灼熱の大地が広がっている。
地表温度が460度になったのは二酸化炭素が厚い大気を形成し温室効果ガスとなって温度を上げているからだが、何か地球の将来を暗示させるような星だ。

 もし今回の措置が成功すれば日本は初めて惑星の周りをまわる人工衛星の実験に成功したことになる。アメリカなどは年がら年中惑星探査をしているので、日本がようやく惑星探査ができるようになったと喜んでいてはいけないのだが、それでも喜ばしいことは確かだ。
今回の補助エンジンの逆噴射にあたってはJAXAが「すでに設計寿命はすぎており、部品の劣化が進んでいるので金星の軌道に入れるか否かは非常に厳しいミッションだ」などといっていたので、私などは期待をしないで見ることにしていた。

 しかし本当は日本の科学者は「これは成功しそうだ」と自信を持っていたのではなかろうか。メインエンジンがだめになっても補助的なエンジンで姿勢制御するのは「はやぶさ」の時からのお家芸のようなものだから、失敗したときのことを考えて大げさにアナウンスメントしていたのだろう。

 日本のロケットは設計寿命が過ぎてもまだタフに動くことは、日本の工業製品を見ていれば分かる。今回も「はやぶさ」と同様、神業に近い方法で金星軌道に乗せることに成功したようだが「はやぶさ」の時のように は驚かなかった。
日本の科学者ならそのくらいはするだろう」という信頼感がある。

  惑星探査ではインド2013年に火星探査機の打ち上げに成功しておりアジアでは一歩先んじていたが、日本もこれでようやく惑星探査機の打ち上げに成功したことになる(日本は以前に火星の惑星探査機の打ち上げに失敗している)。
中国はもっぱら宇宙ステーションの建設に熱心で惑星探査の方は熱心とはいえない。

 国際比較をするのは難しいが宇宙探査で最も貢献しているのはアメリカとロシアでその次がヨーロッパ、そしてその後に日本、中国、インドが懸命に頑張っているという構図だ。
これからもますます宇宙開発の分野で日本が相応の実力をつけてもらいたいものだと思う。

|

« (27.12.7) 映画「海難1890」 歴史認識を新たにできる映画だ | トップページ | (27.12.9) GDPは死んだ!! GDPによる景気判断の終わり »

評論 世界 科学」カテゴリの記事

コメント

地球とは大気成分が違いすぎます。杞憂では。
私の中の金星は主イエスの「私は 輝く明けの明星である」。クリスチャンではありませんがこのイエスの言葉は福音書のなかで輝いているように思います。
逆噴射のタイミングと時間を計算された女性研究者の方に最大の敬意を捧げます。 結果良ければいいのですが。

投稿: 絶望人 | 2015年12月 8日 (火) 11時26分

>>地表温度が460度になったのは二酸化炭素が厚い大気を形成し温室効果ガスとなって温度を上げているからだが、何か地球の将来を暗示させるような星だ。

金星の表面温度が高いのは、二酸化炭素のせいではなくて、単に太陽に近いからなのでは。表面温度が高すぎて、海ができず、植物もないということでしょう。温室効果ガス云々は権益絡みの「プロパガンダ」の側面が強いと思っています。ある学者によれば、「今は間氷期なので、将来の氷河期に備えて、二酸化炭素を少しづつ増やした方がいい」としています。

宇宙開発は様々な技術に応用できるので、ぜひ日本も高い成果を上げてほしいものですね。インドはもともとの数学的頭脳と仮想敵国シナへの対抗でいい宇宙実験をしているようですね。どの程度のレベルなのかはわかりませんが、両国ともほとんどが軍事技術確立のためと思われます。

投稿: NINJA300 | 2015年12月 8日 (火) 16時20分

金星は地球と大きさや重さはとても似ていますが、表面の様子はこれ以上違いようがないというくらい違っていて、高温高圧化の灼熱地獄のような世界です。少し地球より太陽に近く生まれたせいで、その後の運命が大きく変わってしまいました。それに対し地球は豊かな海に適度な温度と大気を持ち、何億年間という安定した環境を持ち続けています。まさに宇宙のオアシス、宇宙と言う不毛の砂漠の中のエアコン付きの快適な家なのです。奇跡の星なのです!地球の事が分かればわかるほど奇跡の連続であることが判ります。地球だけが(近辺の)宇宙で特別な星なのです。(これは私の信念であります)

投稿: たぬき | 2015年12月 8日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.7) 映画「海難1890」 歴史認識を新たにできる映画だ | トップページ | (27.12.9) GDPは死んだ!! GDPによる景気判断の終わり »