« (27.12.17) 中国政界の死闘 ついに汚職撲滅運動が江沢民派の牙城 上海に切り込んできた!! | トップページ | (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 »

(27.12.17) 家族制度は国の根幹 夫婦別姓規定は認めないと最高裁が判断

23126_015 

 最高裁
が16日、夫婦同姓規定は合憲、再婚禁止6か月は違憲の判断を示した。
私が裁判長でも同様の判断をするから妥当な判断だと思う。

 再婚禁止期間については6か月は現在では理論的根拠はなく100日を越えて再婚を禁じるのは過剰な制約だ。裁判官15人全員一致である。
この6か月規定は明治期の民法を踏襲したものだが、子供が前夫の子供か現在の夫の子供か分からなくなるのであえて6か月間を女性の再婚禁止期間にしたものだ。
しかし現在では妊娠しているかどうかや、子供が誰の子か は容易に病院で検証が可能なのだから、6か月間待たなければならない理由はない。
ようは妊娠していないことが分かればいいのだから、私だったら基本は100日だが100日以内でも妊娠していないことの医者の証明があれば婚姻届けを受理するように付帯意見をつけるだろう。

 一方夫婦同姓規定については意見が分かれるのは致し方ない。15人の裁判官のうち合憲判断が10名、違憲判断が5名だった。
3名の女性裁判官は全員違憲判断だったが当然そう判断するだろう。
この問題は深いところで男性と女性の相克がある。
もともと夫婦同姓規定の根幹は家族制度であって、結婚した家族は一つの家を形成してその家には名称を与える必要から夫婦同性規定になっている。
民法上は夫の姓を必ずしもつける必要はないが、実際は結婚したカップルの約96%が夫の姓を家の姓にしている。

 男性の姓が圧倒的に多いのはかつては家の経済を支えるのが男性の役目で女性は子供の養育に特化していた分業が存在していたせいだ。
私の子供のころといえば約60年前だが、女性が働くのは何か特別な理由があることが多く、多くは母子家庭の母親だけが働いていた。
一般家庭の主婦は子供の養育が主で、時に内職という形で家計を支えていたが、フルタイムの勤務をすることは全くと言っていいほどなかった。
だから家の主は男性で男性の姓名を名乗ることにまったくといっていいほど抵抗はなかったといえる。

 だが現在は女性の社会進出が著しく共働きで働くことが一般的になり、時に女性の方が高所得な場合も多い。
私が務めていた金融機関では地方の支店の女性が高齢になってもなかなか辞めなかったが、聞くと夫より所得が多いので辞められないと答えていた。
そうなると家を支えているのは男性なのか女性なのかはっきりしなくなり、男性優位の家族制度そのものが崩壊してくる。
現在はその崩壊過程にあり、男性がフルタイム、女性がパートタイムで家計を支えることが多くまだ男性の所得の方が多いのでかろうじて家族制度が男性中心に支えられている。

 だがこの状態に高所得の女性が不満を持つのは当然で、だからといって女性の姓を名乗ることを男性に強要するのもむつかしい。
何しろ世間で婿養子になると「あいつは金目当てに婿養子になったのだ」などと陰口をたたかれるのが普通だからだ。
男性としてはそう言う評判をたてられるのはできるだけ避けたい。

 そこで登場したのが選択的夫婦別姓制度という案で、夫と妻がそうしたかったら別々姓名を名乗ろうという案だ。これなら男性も文句はあるまいということだが、これは家族制度を崩壊させて個人を社会の最小単位にしようという案だから、おいそれと賛成するわけにはいかない。
家族があってこその社会というのが民法の精神で、これは太古の昔から変わりがなく縄文時代人でさえ基本単位は家族だった。

 「夫婦同姓規定は合理性があり合憲だ」と最高裁が判断したのはそう言うことで、家族まで崩壊させるのはやりすぎだということだ。
裁判を起こした家族崩壊論者には気の毒だが、私も社会の基本単位を家族に置いておくのに賛成で個人にまでそれを落とすのは社会が不安定化する遠因になると直感的に感じている。


 

 

|

« (27.12.17) 中国政界の死闘 ついに汚職撲滅運動が江沢民派の牙城 上海に切り込んできた!! | トップページ | (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 »

評論 日本の政治・経済 将来像」カテゴリの記事

コメント

御説の通り、おっしゃる通りと思います。 が、今や女性の方が優秀で経済力がある、そんな家庭も多いと思いますので一言だけ・・・・・。
女の子に教育をつけ結婚相手に頼らない経済力、自活する力を持たせるのは今や当たり前の時代です。 医学部、医大進学者の4割が女性と聞いていますが親心がそうさせるのです。
男の子は厳しい時代です。 高学歴の女の子に負けないものを持つ必要がありますが、男女に能力の差は元々無いのですから相手にされない男の子が私の周辺にも溢れています。 結婚してどちらかの同一の姓を名乗る意味は分かっていますが、十分わかりますが女性側のわだかまり?は今後益々強まると思います。
今 本当に経済力、生活力に自信のある女の子が多いのです。 理系女子は増え、文系のお嬢様学校○○女子大の応募者は減る一方とも聞いています。 

投稿: 絶望人 | 2015年12月18日 (金) 09時16分

まったく同意します。日本の伝統がどんどん崩れつつあるなという印象を持ちました。
女性にしか、子供を生めないんだから、これは少子化を意味しますね。
独身が増えると、男の責任が軽くなり、犯罪に走るものもでてくると思います。
わたしは、主夫になるのが希望なんですが、女性は仕事が好きなんですねえ。笑

投稿: NINJA300 | 2015年12月18日 (金) 12時14分

「家族制度を崩壊させて個人を社会の最小単位にしよう」というフレーズには本当に深刻なものがあると思います。今回の結婚問題だけではなく、個人情報保護、プライバシー、個の存立といった個人を重んじるあまりに、日本中のものが組織を個人単位にバラバラにしてしまおうという方向に向いているような気がして危惧しております。

投稿: たぬき | 2015年12月19日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.17) 中国政界の死闘 ついに汚職撲滅運動が江沢民派の牙城 上海に切り込んできた!! | トップページ | (27.12.18) ようやく世界の常識の線に戻ったけれど  産経新聞前支局長無罪 »