« (27.12.8) 金星の気象衛星「あかつき」が軌道に乗ったようだ。実に喜ばしい!! | トップページ | (27.12.10) COP21の欺瞞 中国は2030年まで温室効果ガスを増大させる!! »

(27.12.9) GDPは死んだ!! GDPによる景気判断の終わり

Dscf0129 

 GDP信奉者
にとって冷や汗が流れたはずのGDPの改定値の数字だ。
速報値では6月~9月期▲0.8%だったから、「ほれ見てみろ。日本は2期連続でGDPがマイナスになり、深刻なリセッションに陥っている。アベノミクスは失敗だ」などとしたり顔に解説していたが、改定値では1.0%のプラス成長に修正された。
アベノミクスは失敗」と言ったGDP信奉者は今度は何と解説するのだろうか。
景気は順調に回復軌道に乗っている。アベノミクスは大成功だ。リセッションなど存在しない」などというのだろうか。
きっといっている本人は恥ずかしくなるだろう。さらに確定値でまた数字が変わったらいう言葉を失うはずだ(GDPは速報値、改定値、確定値の3段階で修正が入る)。

 何度も言っているように日本のようにせいぜい1%程度の成長しかない国でGDPを計測してもそれで景気判断をすることはほとんど意味をなさない。
今回は▲0.8%から+1.0%に変わったのだからその差は1.8%だ。
1%程度の数値を追うのに誤差が1.8%もあっては伸びちじみするゴムで身長を図っているようなものだ。

 特に今回は設備投資が大幅に修正され速報値では▲1.3%だったのが、改定値では+0.6%に修正された。
GDP信奉論者は「企業業績はいいが企業は設備投資を控えて内部留保に走っている。これでは景気回復とはいえない」とここでもしたり顔で解説していたが、実際は設備投資は増加していた。
さて前回の言葉を何と修正するつもりだろうか。

  GDPはひどく誤差のある統計数字で今回さらに14年度の消費支出も過去にさかのぼって修正されている。14年度は消費税の増税の影響があって大幅なGDPの落ち込みがあったということになっていたが、さしたる落ち込みでなかったと修正された。
日本の消費支出は主として老人家庭の家計調査を基に計測されていて、老人の経済行動はよくわかるが若者を含めた全体の動きは分からない。
家計調査ではさっぱり消費財は売れていないのにメーカーに聞くと順調な売り上げになっている。なぜ差が出るのだ」と統計官が悩んでいたがデータに偏りがあるからだ。

 日本を含む先進国の経済動向の判断にGDPは全く不適になってきた。アメリカでさえ景気判断は失業率や新規雇用者数の増減が最も重要な判断材料になっている。
GDPのような誤差の大きな数値で判断すると景気判断を誤るからだ。
一方新興国や後進国はGDPの統計手法が十分に整備されていなかったり、中国のように経済指標ではなく政治指標だったりしており、もともと信用する方が愚かだということになる。

 20世紀の経済学で最ももてはやされたのはGDPだったが、完全に賞味期限が切れてしまい現在では単なる統計官を失業させないための公共事業になってしまった。
何度も言うが、GDPで景気の判断をするのは愚かというより以上に誤りだ。
企業業績と失業率を追ってみて、企業が過去最高益を出していて労働市場がひっ迫していれば景気はいいのだ。
だからニーチェ流に言えば「GDPは死んだ」のだ。


 

 

 

|

« (27.12.8) 金星の気象衛星「あかつき」が軌道に乗ったようだ。実に喜ばしい!! | トップページ | (27.12.10) COP21の欺瞞 中国は2030年まで温室効果ガスを増大させる!! »

評論 日本の経済 経済成長 GDPの計測」カテゴリの記事

コメント

ご同意頂けますでしょうか。GDPに貢献していない、お金を使わない(使えない)心配性の無能退職者の独り言です。

人生蟻とキリギリス、70歳過ぎて金融資産(安全性資産)だけで一億円位は普通に働いていたサラリーマンなら・・・・。 酒、タバコ、ゴルフ、麻雀、パチンコ、競馬(賭け事)などに金をかけ、遊び好きな人生を送れば老後は苦しいでしょう。 でも人生送り方はいろいろ、楽しんだんですから致し方ないはず。

敗戦後の日本の資産格差は今のこんなものではなかった。 私は土方仕事の戦争未亡人の母とのトタン屋根の小屋暮らし(よいとまけの歌がありますが正にあの通りの母でした)、当時でも一方ではピアノやバイオリンを学校講堂の壇上でで弾くお嬢さんお坊ちゃんも。そして上京、見たのは遊び好きの東京人、食事に金を使う東京人、立派な身なりの東京人、麦ごはんと学生服だけの生活だった者は強烈なインパクトを受けました。

まだ不安です。 ベッド生活が、地震台風、社会情勢、子供や孫が、家もそろそろ修理、そして車もいまさら小型車は。そう、ぜいたくは一切敵なのです。
GDPは二人の子供にバトンタッチのつもりです。 日本を背負う企業のエンジニア(技術士)と公立病院の医師(博士)、頑張ってるようです。

お前は何を言いたいのかなど反論しないで下さい。馬鹿な田舎者の繰り言です。どうか無視、無関心をお願い切望いたします。

投稿: 絶望人 | 2015年12月 9日 (水) 10時54分

おっしゃるとおりGDPなんて誤差だらけで使い物にならないですよね。シナのみならず、米国だって、投資家はGDP統計なんて信じちゃいけません。LOL
今回は確定値ではなく、改定値です。つまり、法人企業統計を重視しますが、大企業は全体300万社のたった3万社で1/100です。大企業の設備投資が伸長したのは良いのですが、これがトリクルダウンして中小企業297万社に行き渡っているか、まだまだわかりません。昨年は、確定値でマイナス修正されたと記憶しています。GDPの大幅修正、マイナスからプラスでも株式市場が反映しなかったのはそのためと思われます。また、景気ウォッチャーは50以下になっています。世界的需要減で大型公共投資でもやらない限り、景気に楽観できないと思っています。だから、株もほとんど持っていません。
参考URL http://jp.reuters.com/article/cao-eco-idJPKBN0TR0E520151208

投稿: NINJA300 | 2015年12月 9日 (水) 13時31分

絶望人さん
無関心でいてくださいとのことですが、素晴らしいと思いました。今日の日本があるのは絶望人さんのような方々のおかげです。

投稿: NINJA300 | 2015年12月 9日 (水) 13時34分

12月日銀短観の「先行き」・・・良くないですね。
米利上げで南米通貨が急落しています。設備投資が増えてもいったい誰が買うのでしょうか?

投稿: NINJA300 | 2015年12月18日 (金) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.12.8) 金星の気象衛星「あかつき」が軌道に乗ったようだ。実に喜ばしい!! | トップページ | (27.12.10) COP21の欺瞞 中国は2030年まで温室効果ガスを増大させる!! »