« (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! | トップページ | (27.11.4) 日中韓首脳会談の勝利者は安倍首相  日本に秋波を送る中国・韓国 »

(27.11.3) どこまで続くぬかるみぞ!! 旭化成建材の不正杭打ち事件

222111_014 

  いったいどこまで拡大するのだろうか。旭化成建材による杭打ちデータ改ざん事件のことである。
旭化成建材が実施した杭打ち件数は過去10年で3040件だそうだが、すでに判明したデータの改ざんは300件程度で、全体の約1割に相当する。
だが、問題なのはこれがすべてとは言えず調査を行えば行うほどデータの改ざん件数が増えそうなことだ。

 問題が最初に発覚したのは横浜市のマンション2005年に計473本の杭打ちをおこなったが、うち6本が強固な地盤に届いておらず、また2本が十分に差し込まれていなかったという。
このことが判明したのは、4棟の集合マンションのうち西棟のマンション約2cm傾いていることが分かり住民が騒ぎ出したからだ。
調査をした結果上記の手抜き工事があったのだが、さらに70本のデータが他からの転用であることも分かっている。

 横浜市のマンションを担当した旭化成建材の職員はこのマンションを含めて41か所の杭打ち作業を行っていたが、うち19データの流用をしていた。
現在旭化成建材は他にもデータの流用がないか調査中だが、判明しただけでも300件の流用があり、流用は組織的に誰もが行っていたということが分かっている。

 問題はなぜこのようなデータの流用や、地盤の支持層に届いていない杭打ちが行われたかというと構造的な問題が浮かんでくる。
マンション業界は薄利多売で売上高利益率が約5%程度だというから、スピーディーに建設してさっさと売らないと建設会社の利益が確保できない。

 判明した横浜市のマンションの販売は三井不動産レジデンシャルが行い、建設の元受は三井住友建設、そして2次下請けとして杭打ち作業を旭化成建材が担当していた。
データの改ざんを行ったのは旭化成建材だが、この業界の常として期日管理は相当厳しかったと思われる。
「○○日までにすべて杭打ちを完了させろ!!」などと元受の三井住友建設から指示されていたはずだが、現場では思わぬトラブルが日常的に発生する。
たとえば杭の長さが当初予定の深さでは十分でないと気が付いたとしても、新たにさらに長い杭を調達して再度杭打ちをする時間的余裕があったかどうかだ。
ええーい、時間がない。データをとって整理する時間などないから、いつものように適当にデータを転用しよう。まあ、少々杭の長さが足らなかったとしてもマンションが傾くことはないだろう・・・・・

 もし本当に西棟が傾かなかったらこの担当者は警察から事情を聞かれることはなかったはずだが、このマンションは2cmあまり傾いてきて、さらに傾きが増大する危険があった。
そのため調査をし直してみたら何と杭打ちがいい加減で西棟の下はスカスカだったことが判明した。
データの流用があったとしても杭が支持層に届いているならば問題はないが、横浜市のマンションのようにそれが原因でマンションが傾き始めてはもう後がない。

 販売元の三井不動産レジデンシャルは全4棟の住民にすべて建て替えるのでこのマンションから出たい人には新築分譲想定価格で引き取りをすると釈明している。
4棟で705世帯の住民が住んでいるので、たとえばその想定価格が5000万円とすると,705戸全員が出ると仮定するとそれだけで約350億円の費用がかかることになる。
当社の第一4半期(4月~6月)の最終利益は350億円程度だから四半期分の利益が飛んでしまうことになる。

 VW4兆円に比較すればまだまだ金額は少ないが、三井不動産レジデンシャルにとっては痛い出費だ。
さらに今後発生する問題としてこの損失をどこの会社が実際にどの程度負担するかの問題が残っている。
三井住友建設は管理責任が問われるし、旭化成建材は実際に虚偽データを作成し、不正な杭打ちを実施した責任が問われる。

 さらに旭化成建材はこの横浜のマンションだけでなく全国津々浦々に及ぶデータのねつ造が判明しているから、こちらの対応も必要になる。
今後旭化成建材に杭打ち作業を依頼する建設会社はないだろうから、旭化成建材がこのまま業務を続けることは不可能なはずだ。
親会社の旭化成としては旭化成建材に代わって今後発生するデータの改ざん問題に対処せざるを得ず、厳しい経営環境が続く。
旭化成にとっては思わぬところから経営の根幹を揺るがす問題が発生したことになる。

 

 

|

« (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! | トップページ | (27.11.4) 日中韓首脳会談の勝利者は安倍首相  日本に秋波を送る中国・韓国 »

評論 日本の経済 旭化成建材」カテゴリの記事

コメント

ある流体空調機メーカーにいました。
納期遅れ? で空調衛生工事会社によく謝罪にいきました。 「どうすんだよ、段取りは決まってんだよ!、搬入クレーンが無駄になっちゃうじゃねーか、費用どうすんだよ。工期おくれるじゃーないかどーすんだよ]。 仕様決定を遅らせておいてこのやろー、と思ってもひたすら謝るのみ。
「ポンプがひどい騒音出してるじゃねーか、欠陥品だ、すぐ来い!」。 行ってみると素人工事,で乱流。吸い込み側配管にポンプの吸入、流体に対する考慮ナシ、知識ナシ。 整流板の設置を指導すると、「なんだと、うちの工事が悪いって言うのか、じゃー今からお前の言う通り取り付けするから帰らず待ってろよ、いいな」。 3時間後、その設置後全く騒音振動なし。 それでも礼の一言もなし。

杭うち土建屋も設備工事屋もみな同じ、現場仕事は現合やっつけ仕事、いい加減な低レベルな連中の集団。 一時 生コンの品質レベルが問題になってましたが今もどうでしょうかね。 そして阪神淡路震災復旧工事を目の前で、ずっと見続けていた住人の話でも「全くいいかげんなもんだ、あんなんでできていくんだ」。

設計事務所では姉歯事件、上流もその現場の下流も建築土木業界は・・・・・・・。 
住んでる住人、何にもこんな実情を知らない者は 「死ぬまで騙してくれ、すぐバレるウソはつかないでくれ、だまし続けてくれ、せめて俺が死ぬまで騙し続けてくれ」。 こう祈るのみ。 あ、何にも知らないんだから祈ることもないか。 

投稿: 絶望人 | 2015年11月 3日 (火) 09時32分

まいど~
マンション業界は闇ですね。
住宅の建売では元請けの不動産屋さんに対し下請けの建築屋さんが
この弱い地盤に杭打ちなしで家を建てろというなら、うちはできない他でやってくれ
と言い切っていました。
不動産屋さんは分かったやってくれと100%いっていましたよ。
杭打ちも必ず底まで届くまでやるか、途中で土圧でこれ以上やると鋼管がねじ切れるよ、
どうする?とオペレーターの職人さんが聞いてきました、いい業界でした。
建売住宅を購入した人は心配しなくていいと思いますが・・・・。

投稿: 鴨鍋 | 2015年11月 3日 (火) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! | トップページ | (27.11.4) 日中韓首脳会談の勝利者は安倍首相  日本に秋波を送る中国・韓国 »