« (27.11.18) GDP狂想曲 本当に日本経済は失速しているのか? | トップページ | (27.11.20) ようやく貿易収支が黒字になった。 輸出産業の復活と燃料代輸入の半減 »

(27.11.19) NHKクローズアップ現代 「やらせ問題」で大混乱

221112_010 

 NHKのクローズアップ現代はNHKの看板番組の一つで1993年から今まで22年間も続いている。
キャスターは国谷裕子さんで、初めてこの人を見たとき「何と美しい人だろう」と思ったものだ。
私などは当初は番組の中身よりも裕子さんの顔をうっとりと眺めていた。

 しかしあれから22年たち国谷さんも私もめっきり老け込んでうっとりすることがなくなると、もっぱら放送される中身に意識が集中するようになり、このブログでも放送された内容を素材とした記事を何回も掲載している。
25分番組でしかもよく編集されているため内容の把握が簡単にできる。

 しかし今、クローズアップ現代はいわゆる「やらせ問題」によって非難の矢面にたっており来年度には大幅な編成替えがあるという。
具体的な内容は不明だが国谷裕子さんがキャスターを下りるという噂がもっぱらだ。

 「やらせ問題」とは昨年の5月に放送した「追跡 出家詐欺 狙われる宗教法人」という番組で発生したのだが、出家詐欺とは出家して名前を変更した多重債務者が金融機関から住宅ローンをだまし取るという内容だった。
この番組を取材した大阪放送局の記者が、多重債務者とそれを斡旋するブローカーに前もってシナリオを渡してその通りの演技をするように依頼したのだが、ここに登場したブローカーは記者の知り合いでブローカーとは何の関係もなかった。
もしこれを「再現場面」として放送したら何の問題もなかったのだが、「隠し撮りをしてひそかに撮影した実際にあった話」として放送したため問題が発生した。

 ことの経緯は不明だがこの取材方法が週刊文春にもれて週刊誌だねになり、さらにブローカーを演じた男性がBPO(放送倫理番組向上機構)に人権侵害で訴えを出したためNHKは上を下への大騒ぎになってしまった。
人権侵害の理由は「実際はブローカーでもないのにブローカー扱いされて世間から白い目で見られている」というものだったが、金を受け取ってブローカーを演じていたのだからこのあたりになるとなにか胡散臭い話になっている。

  NHKは調査委員会を立ち上げ今年の4月にその結果報告をしたのだが、その結論は「過剰な演出はあったが、いわゆるやらせとは異なる」というものだった。
黒ではないが反省すべきところは反省するという態度で、関係者の処分を発表している。
国谷さんは番組で涙声で「22年間番組を放送してきたが、事実に誤りがある番組を放送したことをお詫びいたします」と陳謝した。

 これでNHKとしたら一件落着させるつもりだったが、総務省の高市大臣がNHKに「厳重注意したためことが政治問題に発展してしまった。
いわゆる政治が報道機関に厳重注意する権限があるか否かという問題である。
もちろん報道機関側は「政治が報道に関与することは一切相ならん」と従来から主張していて、一方政府は「放送法の規定により政府には報道機関を行政指導する権限がある」と主張してきた。
この問題は常に火種がくすぶっており、問題が発生すると一気に燃え上がる性質を持っている。

 一方BPOがこの問題で人権損害があったか否かの結論を出したのはこの11月6日で「NHKには重大な人権侵害があった」とブローカーの立場を全面的に認めたものだが、返す刀で「総務省の厳重注意」にかみつき「政府が個別番組の内容に介入することは許されない」と政府を批判した。
BPOは、NHKは放送倫理を逸脱して有罪だがそれを裁くのはBPOで政府ではないと主張している。

 今一番問題になっているのは「政府はどんなことがあっても放送内容にクレームをつけることはしていけないのか」という問題である。
いわゆる報道機関の自治権の問題で、報道機関には絶対の自治権が果たしてあるのかという問題だ。

 これと似た話はいくらでもあり、現在は沖縄県の翁長知事が地方自治の自治権を主張して辺野古への移設を拒否しているし、今から50年目の大学紛争時には大学の自治という問題があった。
当時の大学の自治とは教授会の自治と言われており、大学内で発生するすべてのことは教授会が決定するといわれたものだ。
しかし大学紛争が激化すると実際の自治権を全共闘系の学生に奪われて、東大の安田講堂に立てこもる学生を説得できなくなってしまうと、教授会は政府に機動隊の導入を要請し強制排除を行った。
その結果大学の自治権が歴史的に喪失した経緯がある。
自治権といっても絶対的なものではなく自ら律せられなくなれば政府が介入するのは当然だ。

 今回の問題もBOPが自らの能力でやらせ問題を絶滅できるのなら問題はないが、こうした案件が次々に発生するようになるとBOPでは手に負えないことになり、当然政府が放送法を根拠に介入してくることになる。
朝日新聞などは従軍慰安婦問題で相当にひどいやらせを行っているのだからいつまでも報道機関が自治権の名のもとに政府の介入を拒否し続けるのには限界があると私は思っている。

 

 

 

|

« (27.11.18) GDP狂想曲 本当に日本経済は失速しているのか? | トップページ | (27.11.20) ようやく貿易収支が黒字になった。 輸出産業の復活と燃料代輸入の半減 »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

その通りですね。
NHKは普通に見ていてシナなどの恣意を感じます。NHKで使用した写真をシナの放送局が使っていますから。
私的自治は、憲法の趣旨に合致する範囲内で許されるというのが判例・通説ですが、NHKは国益に反した報道をしていると思います。そもそも、受信料をとっておいて、ニュース以外の番組をする必要性はないわけです。受信料を最小化する義務があります。また、水島総氏によれば、「NHK職員の平均年収は1700万円とか。NHK職員の給与合計だけで、海上保安庁への国家予算を上回るそうです。」
正直いって、わたしはNHKが大嫌いですね。

投稿: NINJA300 | 2015年11月19日 (木) 11時22分

私はほとんどNHKかEテレしかみないタイプですが、朝のニュースの女性アナウンサーの和久田さんを見るのが楽しみになっています。国谷裕子さんは長年続けておられますが、ストレスが多いのでしょうか、ほんとに老けて見えます。

投稿: たぬき | 2015年11月19日 (木) 23時43分

国谷裕子はNHKに蔓延する瘴気にやられて老けたんだと思います。NHKの女性アナウンサーは毎日、NHKが発する瘴気を浴びなければならないので美容に悪いですね。爆

投稿: NINJA300 | 2015年11月20日 (金) 12時53分

NHK さんへ

NHK のヤラセ番組に一言。

●番組の終わりには(監督・演出・シナリオ・配役)をちゃんと流してください。 
●(これはフィクションです)と書くことも、お忘れなく。

投稿: パンダは要らない | 2016年1月 7日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.11.18) GDP狂想曲 本当に日本経済は失速しているのか? | トップページ | (27.11.20) ようやく貿易収支が黒字になった。 輸出産業の復活と燃料代輸入の半減 »