« (27.10.31) ソニーに復活の兆し ただしまだまだ世界企業とは言えない。 | トップページ | (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! »

(27.11.1) 歩き疲れてふらふらになった。 10月走友会の走り込み月間の結果

Dscf0028 

 今日は肉体的に疲労の極致にある。
この10月は私が所属しているちはら台走友会の走り込み月間で、通常は月間200km~300kmの距離を走っているのだが、10月は400km~500km程度走るので、体力の限界に近くなる。

 もっとも私の場合は5月に目が見えなくなって入院し、医者からは過激な運動をしないように言われており、さらに8月の北海道旅行で右足の膝のお皿を割ってしまったので走ることはできないのだが、歩くことは通常通りできる。
よっしゃ、ならこの10月の走り込み月間は競歩で参加しよう

 もっとも競歩といっても私は過去に競歩のトレーニングをしたことがないからとても本式の競歩スタイルになれない。それでも目いっぱい速度を上げて歩くと時速7km~9km程度の速度になる。普通に歩いている人のほぼ倍の速度だ。
ここには四季の道という約6.5kmの遊歩道があり、最初のうちは2周13km歩いていた。
しかし他の元気のいい走友会のランナーは毎日20km程度走るので、これではとても追いつかない。
私も20日を過ぎるころから毎日20km歩くことにした。

 実は私はここ2年ほど走ることを止めている。左足の膝が極度に痛んで少し走ると我慢ができない痛さになる。仕方なしにもっぱら自転車に乗っていたのだが、自転車とランでは同じ足でも使う筋肉が相違して、自転車だけではお尻の筋肉が悲しいほどなくなってしまっていた。
これがかつてはヘラクレス並みといわれた山ちゃんのお尻かい・・・・・・・・・・」ため息が出ていた。

 私は自転車以外のスポーツはもうできないと諦めていたが、意外にこの競歩は老人でもできることに気が付いた。なによりも膝に対する負担がランの3分の1程度なので、自転車と同様に全く膝が痛まない。
しかも使う筋肉は競歩もランも同じ部位だから、嬉しいことにお尻の筋肉が再び張ってきて鏡で確認してもでっちりになってきた。
おお、これこそが昔の私のスタイルではないか!!」毎日鏡を見ているが、ナルシストになってしまった。

 上半身については半年以上前から筋トレを再開していたから、上半身は筋肉隆々になってきたが、さらにお尻の筋肉も復活したので実にバランスの良い体型になってきた。
しかしやりすぎるとどうしてもひどい疲労感に襲われる。
今日の私がそうで10月走り込み月間の最終日だったので、約26km競歩で歩いたらふらふらになってしまった。
月間の競歩距離は476kmあまりになったのだが、一日も休まずに歩きとおした結果だ。

 この競歩(速歩)は老人のスポーツとしては最適だ。何より膝に対する負担が軽いので、私のように膝に障害を持っていてもできるのがうれしい。
もし時速7kmが維持できたらフルマラソンは6時間で走れることになり、通常の市民マラソンの制限時間は7時間が多いから制限時間以内ではいれることになる。
すっかり競技は諦めていたが一度競歩でフルマラソンに参加してもいい気持になった。

注)なお競歩(速歩)始めた経緯の詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/ppppp-6.html

 

 

 

 

|

« (27.10.31) ソニーに復活の兆し ただしまだまだ世界企業とは言えない。 | トップページ | (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! »

マラソン ちはら台走友会 」カテゴリの記事

コメント

歳を取ったら筋肉で鎧うのが良いです。
骨格を駆動するのは筋肉ですし、筋肉が充実しておれば関節への負担も軽減されます。
筋肉量が多ければ基礎代謝量も多いので、摂取したカロリーを良く燃やす事が出来て、肥りにくい体質になります。
山崎さんは筋肉を付けるトレーニングはお得意のようですから、ここはその効率UPに、所謂プロテインサプリメントの使用をお勧めします。

ホエー蛋白(ミルクの蛋白質のうちチーズになるカゼイン蛋白を除いた成分)由来の、あらかじめ酵素でペプチド結合を切って分子量を小さくしたもの(ホエーペプチド)があり、これが山崎さんにはベストです。
バリン・ロイシン・イソロイシンと云うアミノ酸(分岐鎖アミノ酸:BCAA)を多く含んでおり、BCAAは筋肉の材料になるばかりか、ハードな運動においてはグリコーゲンを使い果たせばBCAAが燃料になります。

逆に言えば、ハードな運動の前にはBCAAを摂取しておくと、燃料補給が出来て疲れにくいのです。燃料が少ないのにハードな運動を続けると、筋肉を分解してBCAAを利用しようとします。これは逆効果になりかねません。これが疲れの原因です。筋肉が損傷しているのでなかなか回復しないのです。

また、運動後には筋肉がある程度損傷するので再合成のシグナルが出ています。
このシグナルが強いうちに、BCAAを含んだプロテイン(アミノ酸の重合体)を摂取するのが非常に有効です。
この為の効果的なタイミングは運動後30分、ゴールデンタイムと云われます。
その意味からも、素早く消化吸収される低分子のホエーペプチドはベストな選択です。

少し難しくなりますが、地球上の動物は小腸からアミノ酸(蛋白質を分解した最終形)を吸収する経路とは別に、ジペプチド(アミノ酸が二つ)やトリペプチド(アミノ酸が三つ)繋がった分子を直接吸収する経路を持っています。これをペプチド・トランスポーターと云います。
わざわざアミノ酸まで分解する必要がなく、しかもペプチドの形で血流に乗って筋肉に届きますから、早いのです。
ホエーペプチドを摂取するとは、この経路に「あらかじめ低分子化したペプチド」を放り込むことになるので、効果が早い訳です。筋肉に直接届く宅急便みたいなもんです。

競歩など長時間のハードな運動をする前にホエーペプチドを飲んでおき、運動後は30分以内に再びホエーペプチドを飲むわけです。
長時間の運動でない場合は、運動後の摂取だけで構いません。

摂取することによって、運動の結果としての筋力UPを効率化でき、疲れにくい、しなやかで、マッチョな肉体を得る事が出来るはずです。
私も、自転車を漕いで太股が張っているときに飲んで、効果を実感しています。
今度、某ルートを経由してお届しますので、是非お試しになってください。

山崎さんの体を維持する事は、おゆみ野の、千葉の、日本の為になると確信しております。

(山崎)丁寧な解説ありがとうございます。必ず試してみます。

投稿: バイオマスおやじ | 2015年11月 1日 (日) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.10.31) ソニーに復活の兆し ただしまだまだ世界企業とは言えない。 | トップページ | (27.11.2) 中国「元」はIMFのSDRの構成通貨になれるか? ヨーロッパと中国が手を組んで攻勢をかけている!! »