« (27.10.16) VWの悪口を言っていたら、日本も同罪かい!! 東洋ゴムと三井不動産グループ | トップページ | (27.10.18) 怪我の光明 ようやく老人に相応しいスポーツを見つけた 速歩 »

(27.10.17) ボランティア教師奮闘記 高校1年生の数学を指導します。 1名募集

Dscf6849 

 私が子供に勉強を教え始めて早3年がたつ。
当初は小学生が対象だったがその後中学生や高校生にも教えるようになって、現在は中学生3名と高校1年生1名に教えている。
中学生は数学、理科、英語で高校1年生には数学だ。
月曜日から金曜日の夕方2時間から2時間半がこの勉強の時間で、かなり規則正しい生活になってしまった。

 当初は「勉強を子供に教えるのも大したことはあるまい。これでも昔は俺は優等生だった」と思っていが、これはひどい誤解だった。
中学や高校を卒業してすでに50年以上たっており、知識などすっかりさび付いており、さらに私の記憶力は鶏並みだから、何かすべてが新たな知識の吸収を必要とするような状況になっていた。

まずいじゃないか、これじゃ何も知らないのと同じだ・・・・・
それ以来苦闘の連続だ。子供たちに教えるためにそれ相応の学力を身に着けなくてはならないので、毎日受験生並みの勉強をしてきた。
幸いに私は定年退職者だから時間はたっぷりある。毎日5時間はこの勉強の準備に充てた結果、さすがに中学生の数学や理科や英語はお手のものになった。
しかし高校生の数学はきつい。

 現在高校生に教えられている数学は私が学んだ数学とは重点の置き方が様変わりしていた。順列、組み合せ、確率、統計処理、論理などはかつてはほとんど片手間でもっぱら三角関数と微分積分だったのと大違いだ。
困ったね、順列・組み合わせなんてほとんど記憶にないよ・・・・・・・・・・

 仕方がないので毎日高校数学の事前学習を2時間は充てることにして、うんうんうなっている。それでも努力をしてきた結果だろうかどうやら高校1年生の数学のポイントはつかめてきた。
やれやれ、これでどうにか指導しても恥ずかしくないレベルになったようだ・・」
ようやく余裕が出てきてほっとした。

 高校数学を教えてみてしみじみ思うのは、中学との最大の相違はレベルが格段に上がることだと思う。教科書を見ているとその大きな相違をなんとか克服しようとして分かりやすい説明を工夫しているのが分かるが、もともと難しい内容を説明しているので生徒にとって理解するのは困難を極める。
ちょうど今までは軽いトレッキング登山だったのに急に目の前に崖が現れて、半分ロッククライミングのように崖を登らなければならない状況と似ている。
もちろんルートはあって鎖などが設置されていて、それをたどっていけば崖の頂上に立てるのだが、多くの高校生はその崖の高さにたじろいで数学の勉強を放棄してしまう場合が多い。
無理だ、こんな崖登れないよ、数学なって学ぶのをよそう・・・・・・・・

 特に中学生時代に優秀だった生徒で数学の点数が下がって絶望的になる生徒がいる。
実際は誰でもむずかしいのだから歯を食いしばってついていけば何とかなるのだが、絶望感の方が強く数学の勉強を放棄して、大学受験は数学がないかウェイトが低い大学を受験することになる。
いわゆるエリート校といわれる高校で文科系を受験する生徒はほとんどこうした生徒だ。

 私もそうした生徒の一人だったからその気持ちはよくわかるのだが、それではこれからの理科系の時代にはついていけない。私のころは文科系でもまだ十分な就職先があったが、今はただ遊んでいるだけの文科系の学生に対する需要はますます少なくなっている。
文部科学省は思い余って文系のリストラを大学に提言しているほどだ。

注)その詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/ppp-c1d8.html

 高校生になって半年たって丁度今頃になると落ちこぼれ高校生が現れてくる。
ここで落ちこぼれると一生文科系で生き続けることになるのだが、それでは自身の可能性の多くを摘んでしまうのと同じだ。特に中学生時代に優秀だった生徒はコーチさえついて上手な指導をすればこの危機から逃れられる。
私が高校生の数学の指導をしているのもそのためで、ノーベル賞を獲得したり医者を目指すのは大変だが、国立大学の理科系に入れる程度の学力を身に着けさせることはできる。

 ようやく余裕が出てきたので以下の条件で高校1年生1名を募集することにした。

・ 対象: 高校1年生で中学時代の数学は理解できていたが高校になって急に困難になった生徒
・ 場所の制限: 我が家で指導をしているのでおゆみ野等近在に住んでいる人
・ 勉強方法: 当初は集中的に指導を行ってある程度実力がついたら週1回程度に変更する。指導に基づいて必ず毎日1時間は数学の勉強をしてもらう。
・ 目標レベル: 教科書を完全に理解できるレベルを目指すので、使用している教科書に基づく指導になる(大学受験レベルはさらに高いので落ちこぼれつつある生徒が目指しても無理)
・ 費用:実費レベルを徴収 月1万円(高校生を教えるために資材の購入やそのための準備で多大のエネルギーがいるため実費レベルの徴収をする。ただし家庭の事情で支払いが困難でかつ本人が勉学の意志が固ければ費用の免除も検討する)

 
希望者はこのブログの「コメント欄」か「メール機能」を使用して連絡してほしい。なお募集人員は1名なので採用者が決まれば後の方はお断りする。





 

 

 

 

|

« (27.10.16) VWの悪口を言っていたら、日本も同罪かい!! 東洋ゴムと三井不動産グループ | トップページ | (27.10.18) 怪我の光明 ようやく老人に相応しいスポーツを見つけた 速歩 »

ボランティア 教育指導 数学・理科・英語」カテゴリの記事

コメント

高校数学で三角関数や微積分は予備校のテクニックが行き着くとこまでいってしまい、差がでなくなったことが大きいのかと思います。

整数問題は暗記数学では対応が難しい。

投稿: pica | 2015年10月17日 (土) 08時49分

世の中を良くしようとする鉄人の努力には頭がさがります。

投稿: ぽんぽこ狸 | 2015年10月17日 (土) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.10.16) VWの悪口を言っていたら、日本も同罪かい!! 東洋ゴムと三井不動産グループ | トップページ | (27.10.18) 怪我の光明 ようやく老人に相応しいスポーツを見つけた 速歩 »