« (27.10.4) 日本の大学の危機 世界水準から大きく後れをとっている!! | トップページ | (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! »

(27.10.5) 日歯連と東京地検特捜部の戦い 「迂回献金は合法か違法か!!」

 19_021

 「へー、こんな話だったのか」と唸ってしまった.。日歯連日本歯科医師連盟)が行った迂回献金のことである
現在の政治資金規正法では政治団体間の寄付の上限は5000万円と定められている。
だが実際はこれ以上の献金を日歯連は特定の政治家に行ってきたのだが、それらはすべて迂回献金の形をとって表面的には5000万円以内に抑えられていた。
献金先は自民党の石井みどり参議院議員民主党の西村正美参議院議員で二人とも元歯科医で、日歯連がバックアップして当選させた日歯連のスポークスマンである。

 この迂回献金については日歯連内でも問題にされていたが、今回逮捕された前会長の高木幹正氏は「この迂回献金は政治資金規正法に抵触しない合法的なものだ」と居直ってきた。
問題になっている迂回献金とは2013年の参議院選挙時に石井みどり後援会に対し、西村正美後援会から5000万円献金があったのだが、この献金は日歯連がその資金を提供し表面的には西村正美後援会が献金したように装ったものである。

 民主党議員の後援会が自民党議員の後援会に献金をするとは常識ではありえないのだが、実際はこの二人の議員は日歯連のお抱え議員で、後援会の実質的事務は日歯連が行っていた。
日歯連の財布と両参議院議員の財布が同じなのだから、迂回献金を行おうと思えば適当に資金移動させれば簡単にできる仕組みで、西村氏と石井氏は選挙の時期がずれているから(西村氏は2010年、石井氏は2013年)うまく財布間の資金移動ができる。
よっしゃ、今回は西村は選挙はないから石井に金を全部つぎ込め」ということになる。

 あれやこれやで13年の参議院選挙では石井氏は日歯連から約4億円の献金を集めたが(西村氏の場合は約3億円といわれている)、これによって石井氏は楽々と当選を果たした。

 高木氏は日歯連の会長で歯科医師界のドン(その後日本歯科医師会の会長にもなった)だったので独裁的に権力をふるうことができ、こうした資金移動も高木氏の指令のもとに行われていた。
なお日歯連とは日本歯科医師会の政治団体で、もっぱら歯科医師の利益を代弁してくれる国会議員を送り出すことを目的にした団体だ。
資金量や会員数は十分いて約30万票の集票力を持ち、参議院議員を送りだす力がある。

 高木氏は子飼いの参議院議員の養成に尽力してきたが、これには歯科医師がおかれている厳しい競争条件がある。
現在10万人以上の歯科医師がいるが、コンビニと同じくらいあると揶揄されるほど歯科医師が増加して医師一人当たりの収益額が減ってきているという。
これは医療費の推移で見てみると分かるのだが、歯科医師の増加にもかかわらず診療報酬は全体で約2、5兆円でほぼ横ばいになっている。

 「このままでは歯科医師が倒産してしまう。何としても診療報酬を引きあげさせて、歯科医師の収益を上げよう。それには政治家を養成しなければならない
こうして石井氏や西村氏が生まれたのだが、しかし金をつぎ込むにも政治資金規正法の網がかぶせられている。
心配ない。政治資金規正法はぬけ穴だらけだ。迂回献金をすればいくらでも献金ができる。適当に政治団体をでっち上げてそこから迂回して献金すればいいのだ
高木氏はこの方法に自信を持っていたが、収まらないのは東京地検特捜部だ。

 「なんてやつらだ。日歯連は法の抜け穴ばかりを狙って実質的に政治資金規正法をザル法にしようとしている。そもそも5000万円の上限を設けたのも日歯連がかつて自民党橋本派に裏献金をしていたからで、それを懲りずに相変わらず抜け穴探しか!!!」
今回前と元の会長、それに会計担当者が逮捕されたが、あまりの悪質さに東京地検特捜部が切れてしまったからだ。

 迂回献金などがあれば本来は野党がここぞとばかり与党を追及する材料になるのだが、今度ばかりはその手が使えない。何しろ問題の二人の議員は仲良く自民党と民主党の議員だし、実質的には日歯連のスポークスマンだからだ。
民主党も同じ穴のむじなか!!」というのが一般的な受けとめられ方で、これでは野党がこぞって自民党を追及するわけにはいかないだろう。

|

« (27.10.4) 日本の大学の危機 世界水準から大きく後れをとっている!! | トップページ | (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! »

評論 日本の政治 医療行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.10.4) 日本の大学の危機 世界水準から大きく後れをとっている!! | トップページ | (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! »