« (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! | トップページ | (27.10.8) 素粒子(ニュートリノ)に質量があって良かった。梶田隆章氏の偉大な発見 »

(27.10.7) 次々にノーベル賞が日本人に贈られている。うれしいじゃないですか!!

080 

 「いやすばらしい」舞い上がってしまった。日本人が次々にノーベル賞を獲得している。
大村智氏が2015年度のノーベル医学生理学賞を受賞したと思ったら、今度は梶田隆章氏がノーベル物理学賞を受賞した。
日本人(米国籍も加える)で24人目の快挙で、大村氏の授賞理由は「寄生虫感染症の薬の開発で人類に計り知れない貢献をした」からで、一方梶田氏の場合は「ニュートリノに質量があることを発見した」からだという。

 こう次々に受賞者が出るとブログの記載が追い付かない。以下は大村氏の快挙を喜んで書いたものだが、梶田氏の件はまた別途記載することにする。

 大村氏が開発した薬の名前はイベルメクチンといい、抗生物質エバーメクチンの分子構造を変えて医薬品にしたものだそうだ。
私はともかく舞い上がったが大村氏の名前もエバーメクチンイベルメクチンも実は初めて聞く名前だった。
イベルメクチンはアフリカの熱帯地方で蔓延している河川盲目症オンコセルカ病)の特効薬で、中部アフリカでは1800万人の患者がいるのだそうだ。

 これは本当に特効薬で一回投与するだけでたちまちのうちに体内にいる病原体を駆除してしまうのだそうで、2025年までには河川盲目症は完全に撲滅できるという。
さらにすごいのは河川盲目症だけでなく、あらゆる寄生虫による病気に効果があり像皮病ダニが媒介する皮膚病にも効果があってペニシリンストレプトマイシンに匹敵する薬なのだそうだ。
それほどの薬のことを知らなかったのは不覚だった」と反省したが考えてみればこうした病気は日本にはないから、私が知らなくても致し方ない面はある。

 今回はじめて大村氏の経歴を見てさらに驚いてしまった。通常日本の研究者はほとんどが一流大学出身者なのだが、大村氏は山梨大学学芸学部出身というから、通常ならば高校や中学の教師として一生を終わってしまう。
実際当初は高校の夜間で化学を教えていたが、教師をしながら理科大の大学院に通いその後北里研究所に勤務している。
どうしても研究者になりたいという熱意を感じさせる経歴だ。
さらにアメリカの大学に留学し71年から73年にかけて研究生活をしているが、ここで花が開いたようだ。

 大村氏は日本の産学共同研究の草分けのような人で、帰国後アメリカの製薬会社メルク社から年間2500万円の研究費を支援してもらいながら、今回ノーベル生理学賞の受賞対象になったエバーメクチンを発見している。1979年のことだという。
しかしこれだけで済まないのが大村氏のすごいところで、さらにメルク社との共同開発でエバーメクチンを基に感染症の特効薬イベルメクチンを作ってしまった。1987年のことだが単なる研究者でないところが異色だ。

 この特許料は大村氏とメルク社が折半で受け取ることになっていたので、大村氏は莫大な特許料を得ることができたが、それを北里大学の病院の建設や故郷韮崎市に美術館を設置して資金を公的に還元している。
まことに人格高潔で日本人の鏡のような人だ。これほどの人のことを知らなかった自分を恥じた。

 テレビで拝見したが80歳とは思われない顔の色つやと脂肪のないすっきりとした体格をしておられた。
こうしたスリムな体型を維持するには、夜の飲食や酒の付き合いはご法度で日常的に何らかの運動をしていないと保つことは不可能だ。日常の生活を律して過ごされているのだろう
80歳でカクシャクとしているのだからまだまだ元気に後輩の指導をし続けられそうだ。

 しかし何ともうれしいことだ。こうして毎年毎年ノーベル賞の授賞者が出ると、「イヤー、日本の科学水準もすてたもんじゃない」と自信を持ってしまう。
私は今高校生と中学生に勉強を教えているが、「君たちもノーベル賞をもらえるように努力しなさい」なんてつい訓示を垂れてしまった。
半分は本気で数学と理科を徹底的に鍛えて将来のノーベル賞受賞者を育ててみたいものだと思っている。

 

 

 

|

« (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! | トップページ | (27.10.8) 素粒子(ニュートリノ)に質量があって良かった。梶田隆章氏の偉大な発見 »

評論 日本の政治 ノーベル賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.10.6) 祝TPP大筋合意 21世紀前半の国際秩序はアメリカと日本が決定する!! | トップページ | (27.10.8) 素粒子(ニュートリノ)に質量があって良かった。梶田隆章氏の偉大な発見 »