« (27.9.18) 安全保障関連法案が参院特別委員会を通過した。ようやく日本に平和が確保される!! | トップページ | (27.9.20) 世界史の転換点 日本が平和をもたらす 安倍内閣の快挙 »

(27.9.19) ロドリゴとイェティさんの北海道自転車周遊記 その8

Dscf7061

 8月12日北見峠の峠越えから始まりました。宿泊した白滝高原標高650m程度で、一方越えねばならない北見峠は860m程度ですので飛び起きたとたんに山登りになったのでございます。
ここ北見峠を開通させるために明治政府網走の囚人約1100名を使役して道路の開削を実施したのでございますが、それは森進一殿が歌う「北の蛍」の世界でございます。
4か月の突貫作業中に囚人の約200名が死んだそうですので、致死率約2割の過酷な労働だったことが分かります。

 ロドリゴとイェティさんはこの通称囚人道路を過去の過酷な労働をしのんで「北の蛍」をうたいながら懸命に北見峠の頂上を目指したのでございます。
かなりな急こう配でございましたがこの峠を過ぎると旭川まではほぼくだりが続きますのでいたって気楽なライディングになるのでございました。

注)地図は以下参照
https://goo.gl/maps/wZwhF

 本日は旭川に立ち寄りその後富良野まで行く予定でございました。距離的には約130km程度と推定されました。
旭川によらなければならなかったのはイェティさんのバイクがパンクを繰り返していたため、どうしても丈夫なタイヤに変えなければならなかったからでございます。
「イェティさん、旭川は軍都で陸軍第七師団があるので軍事物資が豊富にあるはずです。きっとロードレーサー用のラジアルタイアもそろっていますよ


 イェティさんは早速伝書鳩を飛ばして自転車店の検索をしていましたが、検索結果で出ていた自転車店はママチャリ程度がおいてある自転車店で、ロードレーサ-用のタイヤは全く見当たらないのでございました。
二件目の自転車屋さんは、主人が神様にめされるのが先か店が倒産するのが先かといった風情の店でございましたが「もっと大規模な自転車店はないだろうか」とロドリゴが尋ねますと、最初はとても不満そうな顔をしておりました。
なんで俺の店で購入しないのか」との顔がありありでございましたが、ロードレーサーのタイヤなどは皆無で、チューブもここ10年売ったことがないような代物でしたので我々の要望に応えるのはとても無理だったのでございます。
それでも最後には約2km程度離れたところに規模の大きな自転車店があることを教えてくれました。

 イェティさんとロドリゴはようやく希望のタイヤが手に入りそうになり、喜び勇んでその自転車屋さんに向かいました。
行った先の自転車屋さんは若夫婦がいたって真面目に商売に取り組んでおり、ロードレーサー用のタイヤもバッチリそろっておりましたので、ここでイェティさんは前後のタイヤを変え、パンクしたチューブの補修もしてもらってようやくパンクの恐怖から逃れることができたのでございます。
修理するところをみていたらパンクの補修に使うゴム一つとっても我々の補修キットとは比較にならないし、やはりプロは違うな・・・・・」イェティさんが感嘆しておりました。

 旭川からは富良野国道を南下するのでございますが、この国道に沿った美瑛から富良野にかけては日本でも有数な美しい田園風景がつらなり、多くの観光客が押し掛けている観光スポットでございました。
写真家の前田真三殿がここ美瑛の丘を全国に紹介してから特に有名になったのでございますが、ロドリゴとイェティさんははじめて観光を楽しむ気持ちになったのでございます。
ソフトクリームでも食べながら景色をみてまわりましょうよ
ただひたすら走っていたスタイルから観光を楽しむスタイルへの精神的余裕も生まれておりました。

 その日は富良野の温泉兼ホテルで宿泊を予定しておりましたがあいにくと予約がないとダメと言われまったく受けつけてくれませんでした。
蝦夷地は観光で沸き返っており、特に観光スポットといわれる場所では貧乏人が付け入るスキは全くないのでございます。
そばにキャンプ場があることになっておりましたがすでに閉鎖されているということで、残された手段は野宿しかなかったのでございます。
「イェティさん、今日は野宿をしましょう。野宿の場所は私が見つけます

 ロドリゴは一人旅の時はしばしば野宿をしており、場所の選定眼は折り紙付きでいわば野宿のプロなのでございますが、今ではあまり高く評価されない技術でございます。
野宿する場所は明るいうちに見当をつけなくてはダメです。暗いと全く状況が分からなくなって場所も見つかりません。そして上に屋根があり下が平らであれば即決心するのがコツで、さらにいい場所があるというような気持ちで探し回るのはご法度です。雨がしのげて平らな場所であれば100%野宿ができます

 幸いホテルの近くに東屋があり下はコンクリートだったのでその日はここで寝ることにいたしました。イェティさんは蚊取り線香の用意もしていたので蚊対策もバッチリであり、間違ってもムカデなど出そうもなかったので快適な眠りができそうに思えました。
最も寝るまでの時間はホテル兼温泉の施設の休憩室で寝転がって時間調整をしたのでございます。

 

 

|

« (27.9.18) 安全保障関連法案が参院特別委員会を通過した。ようやく日本に平和が確保される!! | トップページ | (27.9.20) 世界史の転換点 日本が平和をもたらす 安倍内閣の快挙 »

旅行 ロドリゴとイェティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.9.18) 安全保障関連法案が参院特別委員会を通過した。ようやく日本に平和が確保される!! | トップページ | (27.9.20) 世界史の転換点 日本が平和をもたらす 安倍内閣の快挙 »