« (27.9.27) 文学入門 森敦 「月山」 興味深い本だが面白さに欠ける。 | トップページ | (27.9.29) 中国組大崩壊 韓国もブラジルもオーストラリアもドイツも経済大失速だ!! »

(27.9.28) ロドリゴとイェティさんの北海道自転車周遊記 その11

Dscf7079
(鹿島スタジアム この前の公園で野宿した)

 8月15日の朝は苫小牧の港から大洗の港に向かう北前船の中でございました。このフェリーと称する北前船は大洗の港に午後の2時ごろ到着する予定でございました。
ようやく関八州にもどってきたのでございますが、本当のところはこれからが大変なのでございます。
大洗の港から故郷おゆみ野郷まではほぼ130km程度ですが、蝦夷地と異なり荷駄の往来が激しく、もたもたしていると「お前、ひき殺されたいのか、どきやがれ!!」というような雰囲気で、生きておゆみ野郷までたどり着けるか神のみぞ知るという状況でございました。

 大洗の港に到着したのは午後2時ごろですので、その日自転車に乗れる時間はせいぜい3時間程度でどうしても途中で一泊する必要がありました。
イェティさん、今日は鹿島あたりでキャンプにしましょう。アントラーズの鹿島スタジアムの前に公園がありますから、そこを目指しましょう

 自転車のツーリングでは夜はご法度でいくらチカチカランプをつけていても車道面を走っている場合は荷駄からはほとんど見えず、一方歩道を走ると凸凹になった穴を避けることができず、いづれにしても大事故になることが多いからでございます。
今回の蝦夷地のツーリングでも暗くなると一切走らなかったのはそのせいでございます。

 戻ってきた関八州は蝦夷地と異なり湿度が高く汗が体中にまつわりついてきてとても不愉快な天候で、さらにこの日は途中から豪雨といっていいような状況になり甚だサイクリングには適さない天候でございました。
実はロドリゴはこうした雨が特に苦手なのですが、それはしばしば雨の中で自転車を転倒させ、しこたま体を打ち付ける経験を何度もしているからでございます。
鹿島までの途中に鹿島灘海浜公園があったので、あまりに雨が強いためここでキャンプを張ることも一瞬考えたのでございます。

注)地図は以下参照
https://goo.gl/maps/hvWWRBjvH6F2

イェティさん、どうしようか。ここでキャンプしたほうがよさそうに思われる天気だが・・・・
やはり、鹿島まで行った方が明日は簡単だから我慢していく方がいいじゃないかい
相談した結果雨脚は相当なものでございましたが、このまま鹿島まで行くことにしたのでございます。距離的には45km程度でございました。

 ロドリゴが雨を嫌うのは乾いていれば絶対に滑らないような場所でも、いったん濡れると氷の表面のような場所ができ、間違って乗り上げると確実に横倒しになるからで過去何回もそうした経験をしておりました。
しかしロドリゴはその経験を十分に生かす知恵にかけており、今回もまた同じ失敗を繰り返したのでございます。

 その時は歩道を走っていたのですが、前の狭くなった歩道を迂回するためにたまたま左側あったガソリンスタンドの敷地内に入ろうとして、そこの水はけ用の幅10㎝程度のワダチに前車輪を突っ込んでしまいました。
気が付いた時はいつもの転倒で右ひざをひどく殴打して悲鳴をあげておりました。
いてー、猛烈にいてー

 気絶しそうなくらい痛かったのですが、そこにとどまることもできずそのまま鹿島まで乗り続け、鹿島スタジアムの前の公園にようやくついたのでございます。
公園内に入ると幸いに軒を大きく広げた売店があり、その日は休みだったので誰一人おりませんでした。
イェティさん、ここがいいでしょう。この軒下で野宿しましょう

 雨は相当激しかったのですが幸い大きく張り出した軒下までは吹き込むこともなく、近くに水道もありましたので体中の汗をぬぐい、いつもの野宿スタイルになったのですがどうも足の具合がひどくなる一方でございました。
変だな、通常は数時間たてば痛みも和らぎ回復するのに今回は酷く腫れて、ますます状況が悪化している。少し変だ・・・・・・しかしまあ寝てしまえば明日は回復してるだろう
一抹の不安はありましたが、明日には全快していると思って寝込んだのですが、実際はこれはひどい判断の誤りでございました。

 

 

 

|

« (27.9.27) 文学入門 森敦 「月山」 興味深い本だが面白さに欠ける。 | トップページ | (27.9.29) 中国組大崩壊 韓国もブラジルもオーストラリアもドイツも経済大失速だ!! »

旅行 ロドリゴとイェティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.9.27) 文学入門 森敦 「月山」 興味深い本だが面白さに欠ける。 | トップページ | (27.9.29) 中国組大崩壊 韓国もブラジルもオーストラリアもドイツも経済大失速だ!! »