« (27.9.21) 週刊エコノミストの指摘 中国の地方政府に財政出動の余裕なし!! | トップページ | (27.9.23)「 日本のGDP統計がおかしい」 ようやく日経も気がついた!! »

(27.9.22) ロドリゴとイェティさんの北海道自転車周遊記 その9

 Dscf7071
(平取町の日高国道に沿って流れている沙流川)

  8月13日富良野国道を南下して、占冠しむかっぷ)から日高国道に出て平取町のキャンプ場を目指しました。南下するにつれて日高山脈のすそ野を迂回することになり、途中で金山峠日高峠という標高500m程度の山越えをしなければなりませんでした。
イェティさん、今日は二つの山越えです。頑張りましょう!!!」
平取町までは120km程度ですが山越え二つはツーリングではかなり厳しいルートといえます。

注)地図は以下参照
https://goo.gl/maps/FoFA1YV2twQ2

 前日は富良野で野宿だったのですが体はすっかりそうした生活に慣れてしまっていて気分は爽快でございました。
しかし行ってみるとこの峠越えは他の峠越えのようななだらかに登っていくというルートではなく、最後に一気に登らせるという恐ろしいほどのルートで、ロドリゴはとても自転車で登り切ることができなかったのでございます。
イェティさん、すまない。歩いて登ろう。とても自転車ではのぼれない」イェティさんはまだ登るつもりだったようですが、泣きを入れてしまいました。

 このルートの途中にはいくつかの温泉があり、金山峠を下りたところに湯ノ沢温泉森の四季という温泉施設があったのですが、まだ午前中で時間が早いらしくあいておりませんでした。
たまたま外の掃除をしていた奥さんと思われる方とたち話をしたのですが、話の途中で年齢を聞かれいづれも60後半の爺さんだと知って驚愕しておりました。
そんな年にはどう見ても見えない!!!」
イェティさんもロドリゴもマラソンランナーで体に脂肪が付いていないため実際の年齢より10歳は常に若くみられるのでございます。

 3時頃には平取町のキャンプ場についておりましたが、このキャンプ場には温泉施設が併設されていましたので二人は喜び勇んで温泉に入ってくつろいだのでございます。
ツーリングと温泉は非常に相性が良く体中にこびりついた汗を流すのにも、また痛んだお尻の手当てをするのにも最適で、イェティさんは時間があれば何度も入浴を繰り返しておりました。
痔には絶対に温泉だな。何回も入っていると自然と治ってくる!!」

 この日はこのキャンプ場で宿泊することにしましたが、できればテント泊は避けようと思ったのでございます。
ロドリゴが用意したテントは大人二人が入ると身動きができないほどで、寝るときは足と頭を反対にして寝なければならないものでございます。
寝返りもほとんど打てず、まして中でおならでもしようものなら、アウシュビッツのガス室並みの致死量に達するという恐ろしい狭さでございました。

 それだけでなく実はロドリゴはいびきが極端にひどいらしくほとんどの人が同室を嫌がるほどであり、あまつさえおならをよくするのでガスが充満してとても耐えられないのでございます。
イェティさんも閉口していたらしく、テント泊より野宿を好んだのはそうした苦痛を夜中中我慢することができなかったからと思われました。

 暗黙の了解でテント泊は止めることにして、今回もキャンプ場の東屋で野宿をすることにいたしました。富良野でこの種の野宿を経験してからイェティさんも東屋で星を見ながら寝る快適さに目覚めてしまったのでございます。
ここのキャンプ場にはオートキャンプ場もありましたので多くの家族がテントを張っており、とてもよく整備された快適な場所でございました。
蝦夷地にはキャンプに適する場所が無尽蔵といっていいほどあるのでございます。

|

« (27.9.21) 週刊エコノミストの指摘 中国の地方政府に財政出動の余裕なし!! | トップページ | (27.9.23)「 日本のGDP統計がおかしい」 ようやく日経も気がついた!! »

旅行 ロドリゴとイェティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.9.21) 週刊エコノミストの指摘 中国の地方政府に財政出動の余裕なし!! | トップページ | (27.9.23)「 日本のGDP統計がおかしい」 ようやく日経も気がついた!! »