« (27.8.3)習近平氏が吠えている。  「ようやく江沢民派の大将の首を切った。 あとは俺の天下だ」 | トップページ | (27.8.5) 資源価格の低迷と世界経済のパラダイムシフト 資源立国の時代の終わり! »

(27.8.4) 中国の民間金融機関の崩壊 人民はひたすら共産党に収奪されている!!

Cimg73542 

 中国の民間金融機関が大崩壊している。中国では銀行、自動車ローン、消費者金融に関する法規はあるが、それ以外の民間金融機関ついては法の網がないから高金利をうたって資金を集め不動産や鉱物資源に投資をする会社が雨後の竹の子のようにできていた。
高金利
とは大体10%以上20%以下の金利で、正式な定期預金レート2%の5倍から10倍の高金利がうたい文句だ。
「絶対もうかる。定期預金などしているやつはアホだ」散々あおってきた。

 一般に高金利をうたい文句に資金を集め不動産事業等に投資をする会社をシャドーバンキングというが、ここには個人や会社や果ては銀行までも参入しており、その規模は数百兆円にのぼるといわれている。
中国経済が右肩上がりで特に不動産価格の上昇率が20%以上であれば、確かにこの商売も成り立つが、実際は数年前から不動産価格は下降して投資をすればするほど損失が発生している。

 したがって多くの金融会社はマルチ金融でなんとかしのいできた。日本でいうマルチ商法で新たな投資者の資金を従来の投資者の利息に充てることで表面的には順調に営業しているふりをしてきた。
しかしそれにも限界がある。マルチ金融は新たな投資者がいなくなった段階で倒産するのだが、実際にそうした会社が続々と発生してパニックになってきた。
あんたの会社も倒産するって噂が立ったから資金を返してください
お客さん、この資金は○○不動産の物件に投資しておりますので今すぐ回収はできません
いやよ、今すぐ元金全額返してちょうだい

 河南省洛陽市の事例ではこうして倒産した金融会社が13年以降100社を超えており、当局の発表では違法な資金集めをした金融会社で摘発を受けたものは全国で14年度8700件、13年度の2.3倍だという。
いまや中国全土でこの金融会社の倒産が始まっており、被害を受けた債権者が土曜日に倒産会社に集まっては善後策を協議している姿が日常化している(倒産した会社の残された事務用品などを奪うために集まっている)。

 中国の小金持ちの資産はマルチ金融会社の倒産で消失しており、また株式投資も上海株の暴落に見るようにこちらも小金持ちの資産が奪われている。もちろん大金持ちは国外に投資(東京の繁華街等)をして収益を上げているが、そうした人は共産党の幹部であって一般の人が海外の金融資産や不動産に投資する道は閉ざされている。
一般人民は国内投資が唯一の投資先だが中国経済は昨年の夏には崩壊しているので、国内投資はほぼ全滅状態だ。

 パイが大きくならなければあとは共食いになるのはどこの世界でも同じで、中国国内では力の強い共産党員による一般人民の富の収奪が始まっており、共産党こそが最も悪辣な収奪者になっている。
習近平主席はこうした非難が中国共産党に向けられないように「トラもハエもたたく」と汚職撲滅運動を進めているが、そのためにさらに経済が委縮してしまい、成長などは夢のまた夢だ。

注)金融会社は共産党の地方幹部が経営して地方政府と結びついている事例が多い。

 小金を簒奪された人民の抗議活動はいたるところで発生しており、何か王朝末期の騒乱に近い状態になってきた。ソビエトロシアが信じられないようなあっけなさで崩壊したが、中国共産党もそうした運命が近づいてきたようだ。
鉄鎖以外に失うものは何もない。中国人民は団結して共産党王朝を打ち倒せ」マルクスの叫び声が聞こえる。

 

|

« (27.8.3)習近平氏が吠えている。  「ようやく江沢民派の大将の首を切った。 あとは俺の天下だ」 | トップページ | (27.8.5) 資源価格の低迷と世界経済のパラダイムシフト 資源立国の時代の終わり! »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.8.3)習近平氏が吠えている。  「ようやく江沢民派の大将の首を切った。 あとは俺の天下だ」 | トップページ | (27.8.5) 資源価格の低迷と世界経済のパラダイムシフト 資源立国の時代の終わり! »