« (27.7.31) 中国版国家独占資本主義 「株式の価格操作は国家が行う!!」 | トップページ | (27.8.2) 漂流するTPP交渉 アメリカ組の再結集が今回も失敗した!! »

(27.8.1) マイクロソフトのOS無料提供  「そうでもしないとシェア低下を防げない!!」

23823_105 

 ウィンドウズ10
が無料で提供されることになって話題をさらっている。
パソコンのOSとしてはウィンドウズは圧倒的なシェア(約9割)を持っているので、今もパソコンが情報機器の主流であればマイクロソフトとしても無料提供など絶対にしないはずだが、今や主流はスマホとタブレット端末に移ってきた。

 何しろスマホなどは誰でもといっていいほど持ち歩いているから、スマホさえあれば電話をかける以外にメール情報検索もその他のちょっとした処理も自由にできるので、パソコンの必要性が薄れている。
私などはブログを書いているからキーボードがないと何とも不便でパソコン使用のウェイトが極端に多いが、通常の人はそんなに情報発信をするわけではないからスマホから簡単なメール送信を行って十分なようだ。

 スマホやタブレット端末のOSはアップルのiOSかグーグルのアンドロイドがシェアをほぼ二分しているので、マイクロソフトの出番はほとんどない。
ウインドウズは減少しつつあるパソコンのOSで、いわば斜陽産業になってしまってマイクロソフトも焦ったのだろう。

 今回のウィンドウズ10を出す前に、2012年にタッチパネルを前面に出したウィンドウズ8を発売したがこれはものの見事に失敗した。
操作性が極端に悪くスマホやタブレット端末を使用しているものから見ると何か数世代前の操作性だったので馬鹿馬鹿しくなって利用者が増えなかった。

 私もタッチパネルのタイルを見て愕然とした一人だ。
何をどう操作したらいいのか分からないので、仕方がないのですぐにデスクトップに切り替え、絶対にタッチパネルなど操作しないようにした。
私が使用するソフトはGmail のようなメールソフトとグーグル検索とココログとワードぐらいで、あとの利用はほとんどない。
通常の人が使用するソフトはせいぜい私と同じ程度で、それさえあれば十分なのだから、それ以上のソフトなどあっても全く迷惑だ。

 だからタッチパネル等は無用の長物で、「マイクロソフトも実に迷惑なOSを開発したものだ」とため息が出たものだ。
一般のパソコンユーザもほとんどそうした感想を持ったらしく、多くのユーザはウィンドウズ7を8にバージョンアップすることをためらってきた。
ウィンドウズ8が発売されたのが2012年だが未だにシェアは1.5割程度でウィンドウズ7が約7割だから、利用されていないといった方がいい。

 タッチパネルもどきのウィンドウズ8の不評にたまりかねてマイクロソフトが経営方針の大変更をした。
これからはOSで商売するのではなくクラウドで勝負する。また主戦場はスマホやタブレットでパソコンはもはや主戦場とはいえない

 最もそうは言ってもスマホやタブレット端末に占めるマイクロソフトのOSの割合は3%程度だから、いくら歯ぎしりしてもアップルやグーグルにかなわない。
そこでアップルやグーグル向けに開発したソフトがちょっとした手直しでウィンドウズ10で動くような変換ソフトを提供するのだという。
これをコバンザメ作戦というらしいが、スマホとタブレット端末のアプリをパソコンでも自由に扱えるようにしようとの戦略だ。

 だがこのところのマイクロソフトの経営戦略は完全に裏目に出ている。2014年に携帯電話事業参入と称してノキアの携帯部門を約1兆円強で買収したがこれが予想以上に不振で、15年4月~6月期に約8割の減損処理をしいられ赤字に転落した。
ノキア買収はこの1兆円をどぶに捨てたようなものだが、ノキアがスマホへの対応が遅れた会社だったことを知っていて買収したのだから責任はマイクロソフト側にある。

 かつては世界で最も躍動的な会社だったが、今ではアップルに完全に水を開けられ株式の時価総額でもアップルの半分になっている。
業績は四半期で1兆円規模の収益を上げているのでそれは立派だが、しかし増収増益というわけにはいかず横ばいといった方が良い。
そしてモバイル事業ではノキア買収の失敗に見られるように誤算続きだ。

 今回のOSの無料提供はこうした厳しい外部環境化でなんとか起死回生の一発を狙ったものだが、だからといってウィンドウズ10がスマホやタブレット端末市場で受け入れられるかはかなり怪しい。
業務系ではマイクロソフトは世界標準だがモバイルのような民生系ではマイクロソフトの出番はほとんどないのではなかろうか。


 

 

|

« (27.7.31) 中国版国家独占資本主義 「株式の価格操作は国家が行う!!」 | トップページ | (27.8.2) 漂流するTPP交渉 アメリカ組の再結集が今回も失敗した!! »

システム ネット社会」カテゴリの記事

コメント

私もウィンドウズ8のタイルパネル画面を見てMSはバカか、と思った派です。タイルはスマホなどの小さい画面ではそれなりに有効ですがパソコンの大きい画面では無用に大きいだけで大変目障りでしたので、山崎様と同じくデスクトップ画面でばかり使用しています。大抵のユーザーもそうなんでしょう。
OSの無償提供とはかつての世界征服したMS帝国からは考えられない有様で、相当追い込まれているんでしょうね。

投稿: たぬき | 2015年8月 1日 (土) 14時35分

XP サポート終了となるので …対策を と慌ててPC雑誌を買い込みドロ縄の学生時代の試験勉強状態を過ごし、ディスクトップとノートを各1台使用不能状態にまでして。
結果= 現在は オンラインマシンに新購入BTO_Linux(Ubuntu & Puppy431)。 とオフライン専用の 手慣れた ウインドゥズXP(XP専用ソフト使用のため)。。の2台。
とりあえず、あと15年くらいはこの方向で行けるのではないのかなと… 。〈MS版Linux Office〉が公開されたら普及版を購入するかナ? くらいですね。
インターネット環境・Officeソフトの入門期にMS Windowsはおおいに助けになりましたが 今はMS Windows に用は在りません。


投稿: たなか | 2015年8月 1日 (土) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.31) 中国版国家独占資本主義 「株式の価格操作は国家が行う!!」 | トップページ | (27.8.2) 漂流するTPP交渉 アメリカ組の再結集が今回も失敗した!! »