« (27.7.22) 今年の北戴河会議は関ヶ原  習近平氏が勝つか長老グループが勝つか!! | トップページ | (27.7.24) 観光立国元年 観光産業が大ブレイクしている!! »

(27.7.23) レジャーランドの終焉 大学の文系にリストラが迫っている!!

Dscf00141 

 文部科学省が大学に対して文系学部の再編を迫っている。
日本には現在86校の国立大学があり、ほぼ10万人の定員枠があるがこれは同一世代の若者の約8.5%が国立大学にはいれる勘定だ。
1966年というから私が大学生になる直前だが、そのころの定員は約7万人同一世代の若者の約3%が国立大学の学生だった。

 大雑把に言って私が大学生だったころに比較して約3倍程度大学に入りやすくなっているのだが、理由は定員枠の拡大と少子化である。何しろ戦後のベビーブームの時は約270万人の子供がいたのに、今は約100万人だから、当然のことに大学の定員はゆるゆるになってしまった。
企業だったらすぐにリストラの対象になり、規模を3分の1にする対策が採られるが、大学の場合はなかなかそうはならない。

 最大の理由は教職員の身分保障の問題があり、規模縮小をするとありあまった教職員の処遇に苦慮するからだ。
たとえば漢文の大学教授に「漢文の講座を閉鎖しますのでこれからはコンピュータの授業を受け持ってください」などととても言えない。
仕方なしに文部科学省は大学の定員を維持し大学の教職員の職場を確保し続けてきたが、財政がひっ迫してそうした手段をとっていられなくなってきた。

 財務省から「あんた国家財政の立て直しのために協力してくれなくては困る。第一子供がいないじゃないか」とせつかれて、いたしかたなく文部科学省は国立大学に対して来年1月までにリストラ計画を出すように大学に迫っている
特に問題なのは教育系学部で、ベビーブームの時に270万人いた児童が今は100万人でしかも毎年のようにその数が少なくなっているのだから、小学校や中学校や高校の教員を養成しても教える生徒がいなくなってしまった。

 また文学部や法学部、経済学部の卒業生の受け皿についても、企業は世界的規模で学生を募集するので、ほとんど外国語もしゃべることができない学生は就職が極端に難しくなっている。
日本の文系の大学生は大学でまともに勉強しておらず、高校生の時のレベルを超えることがないから、海外の優秀な学生と競争すると勝ち目がない。
現在大相撲がモンゴル勢に席巻されているが、それと同じ事が文系の学生の就職戦線でも現れている。

 文部科学省は今までは教員をリストラせずになんとか職場を確保しようと、たとえば教育学部に教員を目指さない生徒の応募を認めたりしていたが、こうした弥縫策も万策が尽きてしまった。
もうだめだ。これ以上教員を養っていく力は文部科学省にはない
ついに匙を投げたのだが、驚いたのは国立大学の文系の教職員だ。
文系は理系に比較してすぐに役立つことはないが、源氏物語を読んだ人とそうでない人は教養に差があり、人間の奥深さが異なる。何の教養の香りがしない理系の大学生だけでいいのか」と反論している。

 しかし私も文系出身者だからよく知っているが、大学で勉強をして卒業するものはごくわずかでほとんどがバイトやクラブ活動をして卒業している。
源氏物語等読んだ学生などほとんどおらず、教養の香りがしないのは理系の学生と同じだ。
勉強をしようがしまいが卒業できることは同じだから馬鹿馬鹿しくなって勉強などしない学生が多く、かくして文系の大学はレジャーランドになっている。

 こうした大学生のために養育予算をとらなければならない財務省や文部科学省に同情するが、いったん大学は学部を作ってしまうとそこに身分保障された教授等が配属されるため、教職員のリストラができないという側面の方が大きい。
文系の大学教授になるには数十年の研鑽が必要だが、なれる年齢に達した時には学部がなくなっていたというのではあまりにかわいそうだ」というのが文部科学省の立場だった。

 だが大学も時代に即応して変化しなければ存立が難しいのは企業と同じだ。今まではなんとか教育予算を捻出してきたが、ただ遊びほうけているだけの文系の学生や、教職員のための職場確保のために学部を残し続けるのは難しいのが実態だ。時代に合わせて文系の再編成をしなければならないのは当然だと私は思っている。

|

« (27.7.22) 今年の北戴河会議は関ヶ原  習近平氏が勝つか長老グループが勝つか!! | トップページ | (27.7.24) 観光立国元年 観光産業が大ブレイクしている!! »

評論 日本の政治 教育問題」カテゴリの記事

コメント

国が補助金をだして、文部省の天下り先が現実です。田中真紀子の唯一の正解は某大学新設をやめようというものでした。

投稿: NINJA300 | 2015年7月23日 (木) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.22) 今年の北戴河会議は関ヶ原  習近平氏が勝つか長老グループが勝つか!! | トップページ | (27.7.24) 観光立国元年 観光産業が大ブレイクしている!! »