« (27.7.16) ホンハイが中国から逃げだした。 中国製造業の黄昏とインドシフト | トップページ | (27.7.18) イデオロギー論争は強行採決しか決定方法はない。 集団的自衛権の確立と安倍首相の勝利 »

(27.7.17) 再び迷走しはじめた新国立競技場建設 抜本的な見直しを開始

 

 えらいことになった。新国立競技場の建設がまた迷走しはじめた。
一旦は文部科学省が「まずゼネコンとの契約を先行させる」といって当初のデザインから屋根を外し、可動式観客席を止めた案でオーダーを出そうとしたら、再びテンヤワンヤの大騒ぎになってしまった。
この案でも費用は2520億円でしかも建設資材の値上がりや労賃の値上がりを見込むと最終的には3000億円規模になるという。

注)文部科学省がゼネコンと契約を急いだ経緯は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/ppp-4.html

少し文部科学省は頭がおかしいのではないか、今まで建設で一番多くかかったロンドン大会でさえ1000億円以下で済んでいる。なぜ3000億円もかかるんだ!!」
あちこちからクレームがついて政府もほっておけなくなった。
このままで行くとまた八ッ場ダムの二の舞になってしまう。オリンピックが済んだあとは無用の長物になりかねない。ここは設計変更を含めて見直さざる得ないのではなかろうか・・・・」政府が動き出した。

 今一番の問題は現行のキールアーチを残した設計案の通りにし、しかも19年秋のワールドカップラグビーに間に合わせるには、すぐにでも建設に取り掛からなくてはならないほど時間に追いつめられていることだ。
五輪組織委員会会長元森総理にせっつかれて文部科学省はゼネコンとの契約をこの7月の上旬にも締結する運びだったが、またふりだしに戻ってしまった。

 菅官房長官から「国民負担ができるだけ生じないように工夫をできる限りしなければならない」といわれ、再び建設費の見積もりが必要になった。
ゼネコンの言いなりになるな」ということだ。
しかし文部科学省は対応する手段をすべて使い切っているから頭をかかえてうろうろするだけだ。
そんな見直しのことなんて何にも聞いていない。このままゼネコンとの契約ができなければワールドカップには間に合わない・・・・・・」

 文部科学省は新国立競技場とワールドカップラグビーを結び付けているが、本当はワールドカップと新国立競技場とは関連がない。あればそれに越したことはないが、なくても他に代替できるラグビー場はJリーグのサッカー場を含めていくらでもある。
だから20年のオリンピックに間に合わせるということであれば、設計変更を含めた見直し時間は十分ある。
新たなデザインの無理なキールアーチなど作らず、どこにでもあるサッカー場レベルの建設であったらすぐにでもできるのが実態だ(一度建設されたものならば設計図やその他のノウハウが残っている)。

 それにオリンピック終了後の維持管理費のことを考えればかける費用は少なければ少ないほど良い。どう考えても新国立競技場でお金儲けができるとは考えられないからだ。
今回の建設計画の進め方を見ていると、デザイン選定までは費用のことを一切考えてなかったことが分かる。
デザイン選考委員会の会長だった安藤忠雄氏が「自分たちが委託されたのはデザインだけで、それ以降の費用の見積もり等には責任がない」と居直っていた。

まあ、金のことはあとでじっくり相談しましょう!!」ということだったが、費用見積もりが当初予算の1300億から3000億円程度に膨らみそうだとなると誰もが一言述べたくなる。
「そんなに金をかけてまでオリンピックをする必要があるのですか」
「競技場など競技ができれば十分で、なんでデザインに凝る必要があるの」
「維持メンテ費用を考えないのは従来の公共事業と同じじゃないか」
「ゼネコンにだまされてるんじゃないの」
「デザインの依頼主はこちら側なのに、なんでハディドに大きな顔をさせるの」


 ここまで紛糾してくるとやはり抜本的な見直しをせざる得ず、それには時間がかかるから19年のラグビーワールドカップのことは諦めて、できるだけシンプルで建設しやすい競技場を作らざるえないような雰囲気になってきた。
オリンピックだからといって無尽蔵に費用をかける時代が終わったということだろう。

 

|

« (27.7.16) ホンハイが中国から逃げだした。 中国製造業の黄昏とインドシフト | トップページ | (27.7.18) イデオロギー論争は強行採決しか決定方法はない。 集団的自衛権の確立と安倍首相の勝利 »

評論 日本の政治 東京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

本文とは関係が無くてすみませんが、写真の登山の山はどこですか。斜面が雪のように白いですが、白っぽい土壌なのでしょうか。

(山崎)これは南アルプスの北岳と間ノ岳の中間の稜線から撮った富士山です。この時期まだ雪渓が残っていて白い部部は雪渓で、一番手前の黒っぽい部分が雪が消えた稜線です。

投稿: たぬき | 2015年7月18日 (土) 17時28分

この件に付いては、ご高名な安藤某とはなんて無責任な男なんだろうと感じるのみです。組織型の人間ではないのでしょう。また、安藤を使える人材がいなかったのでしょうねえ

投稿: NINJA300 | 2015年7月19日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.16) ホンハイが中国から逃げだした。 中国製造業の黄昏とインドシフト | トップページ | (27.7.18) イデオロギー論争は強行採決しか決定方法はない。 集団的自衛権の確立と安倍首相の勝利 »