« (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! | トップページ | (27.7.8) 韓国伝統の内ゲバ発生 パク・クネ大統領と院内代表の死闘 「あいつの首をとらないとおちおち眠れない!!」 »

(27.7.7) ギリシャ悲劇とヨーロッパ統合の挫折 「EU、ユーロもここまでか!!」

Dscf62041 

 新たなギリシャ悲劇が誕生した。主人公はチプラス大王といい、幻想にかられてオリンポスの神ユーロと戦い、最後に悲劇的死を遂げる物語である。
チプラス大王は群衆に向かって叫ぶ。「我に力を与えよ、ユーロを打ち負かす力を与えよ、、雄たけびを上げよ!!
群衆は歓喜してチプラス大王を支持したが、実際はチプラス大王にはたたかうべき剣もなく、やむなく竹光を仕込んで巨人ユーロの勇者メルケルと戦うがすぐに竹光と見破られ、その竹光でもって首をのこぎり引きされて息絶えたという話である。

 今回の国民投票ではユーロの提案にNOオーヒ)と投票した人が61%にのぼった。
これ以上の緊縮財政は耐えられない」ということだが、今まで公務員給与が支払われ年金も支払われていたのは33兆円規模の財政支援をEU等から受けていたことを忘れている。
今回の国民投票を経てチプラス首相33兆円の棒引きを主張するだろうが、この主張にEUがすんなり応じるわけはない。

 実際はギリシャには返済する資金などどこにもなく、ただひたすらユーロEU、ECB、IMF)から借り替えていたのに過ぎない。したがってユーロの借り替え資金がなくなれば自動的に返済は不可能になりデフォルトに陥る。
すでにIMFに対する2200億円は踏み倒しており、7月に来るECBに対する返済資金9500億円も当然踏み倒すだろう。

 そしてユーロ側が新たな支援をしなければ、ギリシャに残された手はギリシャ国家の借用証書ギリシャ通貨)を発行するよりほかはなくなる。
さあ、公務員も年金生活者もドラクマを使用しよう。この通貨は古代ギリシャで用いられていた由緒ある通貨だ!!」とチプラス首相は言うだろうが、現実には誰もこの通貨を見向きもせずすぐにユーロかドルに交換されてしまう。

 ギリシャがあくまで強硬策に出ればユーロも妥協するわけにいかないから互いににらみ合いが続き、借金返済はできないから結局は33兆円は踏み倒されることになる。
もう仕方ない、33兆円は勉強代だ。ギリシャのことはほっておこう
ギリシャはユーロにとどまってはいるが、ユーロからは村八分にされて実質ユーロから離脱したも同然になる。
国内の物価は高騰し生活はさらに苦しくなるがもうユーロからの支援はなく、ギリシャは昔のギリシャに戻るだけだ。

 一方ユーロから見るとこのギリシャ悲劇は同時にユーロの悲劇になる。ここまで拡大を続け19か国が使用しているが、とうとうユーロの拡大に限界が到達した。ヨーロッパは統合から離散に舵を切り始めた。
EUやユーロは簡単に言えばドイツとフランスの連合体だが、イギリスではすでにキャメロン首相がEUに残るかどうかの国民投票を行うと言明している。
ヨーロッパはEUの旗のもとに通貨も経済もそして政治の統合までも目指したが、通貨統合で限界を示し始めた。
ヨーロッパの復活もここまでだったのか・・・・・・・」再びヨーロッパに深い霧が立ちこみ始めた。

注)古代ローマにおいてもユーロと同様なこれ以上の拡張が不可能な時代に遭遇したのがハドリアヌスの時代である。ハドリアヌスはラキア(今のルーマニア)の土地の放棄を主張したが元老院から拒否された。具体的には以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/23720nhk-c973.html

|

« (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! | トップページ | (27.7.8) 韓国伝統の内ゲバ発生 パク・クネ大統領と院内代表の死闘 「あいつの首をとらないとおちおち眠れない!!」 »

評論 世界経済 ギリシャ経済」カテゴリの記事

コメント

何と言われようがギリシャの一時の勝利は間近だと思います。 
チブラスの素晴らしい粘りと闘魂、眼を見張る卓越した根性と政治力。 ここまで来ればもう彼の粘り勝ち、チョットしおらしく財務相交代で反省のポーズ、これだけで何とかまたまた支払い猶予、結果借金は踏み倒せるし、勿論ユーロ供給もEU残留も当面OKとなると思います。  ここで見捨てられるハズがないのは分かっている事です。  

国民投票「NO」は日本の真珠湾攻撃と一緒。国民は後知恵で反省する事になるかとも思いますが、今や「欲しがりません勝つまでは」 「一億火の玉」、あの当時の日本人と同じ、「どうせ生活は苦しいんだ、どうでもいいからこの憂鬱ないつまで続くか分からない耐乏生活が嫌だ、玉砕してもいいからもう嫌だ」。 
この気持ちは世界中で日本人が一番分かるんじゃーないでしょうか。 そして生活は勿論つらく厳しくなるでしょうが自分の周りも皆一緒にそうなるんですから大丈夫、貧乏は慣れですよ。 皆が貧乏なら何でもない、あの日本の戦後、馬鹿をやってしまった敗戦後の貧乏生活、懐かしくないですか。

EUだのユーロだのは強いドイツを抱き留める手段にしかすぎないのですから、それが根本的に設計不良、ダメだったという事でしょうね。

投稿: 絶望人 | 2015年7月 7日 (火) 10時47分

ギリシャのあの伸びやかさが好きなんだけど今回は見たくないところを見てしまった。
民主制の裏側にこんな人たちが隠れていたなんて
古代のギリシャでも同じことを繰り返していたのだろう。
煽動政治が国民を絶望に放り込む前に気づいてほしかった。

ただデマゴーグそのものの人物を今に見ることが出来た。
歴史を身近に感じられ興味深かった

投稿: makina670 | 2015年7月 7日 (火) 11時48分

ギリシャの悲劇はドイツのバブルと双子です。
いまは東京でも香港でもベトナムでもシンガポールでもたぶん、欧米でもドイツ車ばかり。日本車とドイツ車・・たしかに故徳大寺氏のようなマニアは欧州車を高くご評価なさいますが、現実の自動車のPC化・情報化ではグーグル車もあるが日本車が最先端なのに、売れるのはメルセデス、フォルクスワーゲン、ポルシェ、アウディばかり。メカニックではドイツには一目置きますが、果たして、ユーロが存在せず、ドイツマルクのままだったら、日本円と同じくマルク高でドイツ車の価格はいまよりずっと高かったはず。そこをドイツ人は忘却しているのではないか。
国レベルでの格差社会が発生、ギリシャへの公共投資という意思決定ができないという条件化で統一通貨というのは無理がありすぎたというのが、歴史の経験となりました。個人的にはギリシャ離脱が一番と思います。第3のローマのロシア人はギリシャを囲いいれてビザンチン帝国を再興しましょう。ドイツは南欧諸国を次ぎのギリシャにすればいい。


投稿: NINJA300 | 2015年7月 7日 (火) 13時16分

制度自体に間違いがあるのでは?
私にはこのユーロ圏というのが理解できないのです、EU連合だけではダメなのでしょうか?。
働き者で金持ちの家(ドイツ)と働くのが嫌いな借金生活の家(ギリシャ)の家族がサイフを一つできるのでしょうか?
たとえば、アジアゾーンというのが考えられ、あの韓国とフィリッピンと日本の経済が統合されるというのでしょうか?
考えられません、なによりも、戦争をなくし、平和を優先するためだとはいいますが?
今のギリシャ問題は当然起こり得ることで、問題は制度にあるのではないでしょうか?
ユーロ圏にあるかぎり、自国の通貨ではないために当然切り下げもできないがための
問題でもあるというではありませんか?

投稿: ゴマメの~ | 2015年7月 7日 (火) 13時17分

ギリシャも日本も非常事態なのである。財政が極度に悪化すれば、政府の支払う金利はゼロでなければならない。政府の借金返済も凍結されるのが当然だ。

ここまで悪化した財政の下では中央銀行がゼロ金利で国債を買い取って、国債を現金化してしまう政策は財政健全化のために理に適っている。

財政健全化が目的の量的緩和は日本でならできるが、ギリシャはできない。ギリシャ政府の持続的な財政健全化の達成は債権者との協議次第だ。

投稿: pij | 2015年7月 8日 (水) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! | トップページ | (27.7.8) 韓国伝統の内ゲバ発生 パク・クネ大統領と院内代表の死闘 「あいつの首をとらないとおちおち眠れない!!」 »