« (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 | トップページ | (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! »

(27.7.5) 中国人民銀行の悲壮な戦い 「株価維持に失敗すれば中国経済は崩壊する、何としても守るのだ!!」

031 

 中国人民銀行
による株価操作が不発に終わりつつある。昨年の秋口までは、上海総合指数は2000程度だったのが、人民銀行の相次ぐ利下げと預金準備率の引き下げでスパークし最近まで5000の大台を超えて半年でほぼ2.5倍の上昇だった。
やったぜベイビー、アベノミクス以上の成果だ!!」人民銀行は勝利感に酔っていた。

 しかし6月下旬から急激な調整局面が始まり、慌てた人民銀行が4度目の利下げと3回目の預金準備率引き下げを行ったのに効果はさっぱりで下げ足はとまらない。
ついに3日には上海総合指数はピーク時から3割もダウンして3686ポイントまで下がってしまった。

 中国人民銀行が株価の上昇に固執するのは、民間企業が市場で株式の公開をしやすくして国営会社ばかりの中国で、ベンチャー企業を育成したいからである。
国営企業はコネとワイロと独占で十分利益を上げられる体制を構築したが、一方民間会社は全く振るわず中国経済の足かせになっている。
これでは中国は国営企業ばかりになってあの崩壊したロシア経済と同じになってしまうではないか・・・・・

 中国人民銀行の度重なる政策金利の引き下げと預金準備率の引き下げで、中国株式は火のついたような上昇を始めたが、半年で2.5倍という上昇はやはりあがりすぎだ。
なぜこのような急激な上昇をするかというと中国株式市場の特殊性による。
中国では機関投資家が育っておらず株式投資の約6割から8割は個人といわれている。
個人投資家の場合は機関投資家と違ってその場の雰囲気で頻繁に売り買いをするので値動きが激しくなる。

 いわゆる提灯買いや噂によって一方方向に流れるから上昇する時はすさまじく、また下降する時はジェットコースターのようだ。
信じられないことに中国では信用取引が個人でも広く行われており、このレバレッジ効果が上昇局面ではテコになるのだが、一方下降局面になると追加担保を要求されそれができなければ強制的に株式を売却することになる。
現在の状況がそうで、強制的に売却させられ損失が膨らんだ個人投資家の自殺の噂が絶えない。

 だがそうした個人レベルの悲喜劇とは別に中国人民銀行としては非常な苦境に陥ったことになる。
人民銀行最後の切り札がこの株価操作で株価を高く維持することで資本市場からの資金調達を容易にさせ中国企業の再生を図ろうとした戦略が崩れつつある。
何としても株価を維持するんだ。こうなったら直接介入しかない!!!」
中国の大手証券会社21社を通じて約2兆4千億円PKO株価維持)資金を供出することにした。
さらに証券会社には念押しをした。
お前ら保有株の売却をしたら許さんぞ!!!」

 中国人民銀行は今持てる力のすべてを使って株価維持を図ろうとしている。
年金基金の株式の運用を認めて機関投資家を育成しようとしたり、株式売買手数料を30%引き下げている。
今が最大の戦いだ。国営企業は軒並み過剰生産で動きが取れないし、民間企業は資本市場が再びつぼんで資金手当てができなくなる。そうなれば未来永劫に中国は国営企業が非能率なまま巨大化することになってしまう・・・・・・・・ロシアの二の舞だ・・・・・・」

 中国経済の闇は深い。国営企業の決算などは日本の東芝どころの比ではなく、GDPなどは世界の笑いものになっている数字だが、そうした虚構の数字を公表している間に中国の経済実態は福島第一原発並みのメルトダウンを起こし始めている。
人民銀行は実務家の集団だから中国経済の実態はよく把握している。
この戦いに負ければ中国経済は崩壊が始まる。何としても株価だけは維持しなければ・・・・・」悲壮なのだ。

 

 
 

 
 

|

« (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 | トップページ | (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

市場参加者が熱狂的に上昇局面だけをを願い夢想し、売りを知らない 買いばかりの素人の個人投資家が大半であれば、この暴落は恐慌を呼び混乱を来すでしょうね。 早急に一時的にせよ株価上昇局面を作って救ってやらないとパニックに、失望で国内は大変な事態になることでしょう。 いや成功を祈りますよ。

逆に情報を握る証券会社やプロ、裏の実力者とその一族はしっかり逆張りで売り逃げ大儲け、お腹を抱えて大笑いしてるでしょう。 笑い声が聞こえてくるようです。 

爆買も心理に冷水かけられるでしょうが、逞しい連中です。日本に来て商品を仕入れて本国で転売する商売が逆に、いや益々流行ると思いますよ。 皆さん、今お近くの大手薬局チェーン店などに行ってごらんなさい。 例えばオムツが、赤ちゃん用オムツが品薄、サイズによっては店頭にありませんよ。 店員に言うと奥から出してきてくれます。
国内在住のシナ人が大量に買い集めてシナに送っているのです。 手を変えたバクガイですよ、 この手もあるんですよ。


投稿: 絶望人 | 2015年7月 5日 (日) 10時08分

中国の経済について詳しく知っているわけではありません。
ただ日本のバブル崩壊を経験したものとして言わせていただければ、
下降を始めた市場を支えるのに何か方法があったでしょうか。
おそらくつぎ込むカネのほとんどは蒸発することになるでしょう。
共産党の力技が市場に通用するか興味深く見守っていきます。

投稿: makina670 | 2015年7月 5日 (日) 15時12分

そのように、大国中国の経済の崩壊が始まれば韓国も日本も大打撃を被るでしょう。
大戦で日本は焼土となり、朝鮮半島は南北に分かれ同朋が殺戮し合い、中国は文化大革命で人材が大量抹殺された。
今また中国の経済崩壊でわれわれは地獄をみるのでしょうか?
いったいなぜ、こうも不幸や争いが絶えないのでしょうか?
いったいどこにその原因があるのでしょうか?

投稿: 欝 | 2015年7月 5日 (日) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 | トップページ | (27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!! »