« (27.7.2) 「中国の夢」 私は皇帝になるのだ!! 習近平氏の野心と反腐敗闘争 | トップページ | (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 »

(27.7.3) 前代未聞 なぜ容疑者は新幹線車内で自殺したか?

Dscf6841 

 釈然としない事件だ。71歳の男性が新幹線に乗って焼身自殺を行った。男性は死亡したがたまたまその車両に乗り合わせていた52歳の女性が巻き添えで死亡した。気道熱傷による窒息死だという。
ひどい話で「なんで新幹線の中で焼身自殺をして他人を巻き添えにするんだ」という思いにかられる。

 自殺した男性は日ごろから年金の受給額に不満を持っており「月12万円で暮らしていけない、年金事務所にロープを持っていって首をくくる」といっていたという。
そうであれば年金事務所か厚生労働省の前で焼身自殺をしたならば、それはそれなりに首尾一貫性があるが、新幹線の中では理由が全く立たない。

 この71歳の男性の行動はどう見ても正常ではない。自殺する場所の選定がそもそも誤っているし、それに年金が12万円で必ずしも多くないのは分かるが死んで抗議をするような金額ではない。その程度の金額で生きている人はいくらでもいるし、それでも足らなければ働けばいいので、文句を言う前にすべきことはいくらでもある。

 この事件は正常な人が起こした事件というよりも、正常な判断ができない精神疾患者が起こした事件とみなす方が整合性がある。この容疑者はいわゆる認知症の初期(まだらボケ)ではなかったかと私は疑っている。
自殺をする前に関係ない人に千円札を渡そうとしたり、ガソリンをかぶってからそばの人に「あなたは逃げなさい」といったりしているが、行動と言語に首尾一貫性がない。
特に一貫性がないのは新幹線を自殺場所に選んだことだ。

 日本は幸いにもテロの少ない国ではあるが、一方で認知症患者は世界で最速に増えている。現在の認知症患者約500万人だそうだが、2025年(10年後)には700万人になり65歳以上の5人に一人は認知症患者だと厚生労働省が試算した。
もちろん認知症の患者がすべて事件を起こすわけではないが、判断力がなくなれば何が起こるか分からないのも事実だ。
実際今回のような焼身自殺についてはJRも警察も「前代未聞」と驚いている。

 政府はJR各社に対し、こうしたガソリンのような危険物持ち込みをチェックできる体制の検討を指示したが、実際の体制整備は容易ではない。
すぐに考えられることは飛行機に乗る時のような持ち物のセキュリティーチェックだが、こうしたチェックには多大の設備と人員が必要になり、また列車運行にも支障が発生することが予想される。
世界を見渡してみても高速鉄道でセキュリティーチェックを行っているのはテロの発生が日常化している中国位しかない。

 JR各社も何らかの対応策は立てるだろうが、何をしても万全ということにはならないから常にある一定の危険と隣り合わせで生活することもやむおえない時代になってきた
日本は長い間「安全と水はただの国」だったが、だんだんと世界の標準レベルに近づいてきた。

 世界で最も安全といわれている新幹線でもこうした焼身自殺までは防ぐことができないし、他の場所でも同じような「前代未聞」の事件がいつ起こってもおかしくない時代になったのだろう。
従来は認知症問題は主として介護の問題に特化されていたが、今後は犯罪問題にも目を向けなければならないという警鐘のような事件だったといえる。

注)なお、上記の分析は事件を起こした人物が軽度の精神障害者だという前提で記載したが、別途の情報を入手したらその段階で修正する。

(興味深いコメントがされましたので転載します)


 ガソリンは専用の携行缶さえ持っていけば簡単に売ってくれます。 今回の事件は大変悩ましい事件ですが今のところどうにもなりません。
着火源さえあれば、 静電気スパークでも簡単に着火爆燃します。  

身 の回りにも思わぬ危険が存在しています。 台湾で先日若者たちが大勢火傷をおう事故がありましたが、あのふりまかれた粉、爆発的に燃えた粉はコーンスターチ、トウモロコシを微細に粉末化したもので食糧にも用いられている 粉 にしかすぎません。 勿論小麦粉も先に挙げた理由で蓄積サイロが爆発、多数の死者が発生するのはアメリカ カナダでよく聞く事故です。
 クリーニング店で石油系溶剤でドライクリーニング中に溶剤が細かい粒、液滴 が発生し衣類の摩擦[化繊の場合が多い]による静電気着火等で爆発する事故が一時多発したことがあります。店では静電気防止能力のあるソープ投入し事故防止をしていますが。 そして今この溶剤は一定の容量以上は準工地区以上でないと使えないはずですがね。

 酸素と着火源と燃えるものが、この三点が揃えば、この条件さえ揃えば思わぬ火災事故となります。 つまりこの条件はどこにでも揃っているのです。 

 ここで申し上げるのは問題と思いますが戦後70年、知っておく事と思いますので、神風特攻隊は近くに来襲したアメリカ艦隊に特攻する場合も爆弾は勿論、燃料満載で、燃料満タンで特攻自爆攻撃に向かいました。 ガソリンによる焼夷効果を狙っての事、沈没させるのが困難な事は事前に分かっていましたから効果は、焼夷効果は十分でした。
 

 



 

|

« (27.7.2) 「中国の夢」 私は皇帝になるのだ!! 習近平氏の野心と反腐敗闘争 | トップページ | (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 »

評論 日本の政治 生活保護政策」カテゴリの記事

コメント

ガソリンは専用の携行缶さえ持っていけば簡単に売ってくれます。 今回の事件は大変悩ましい事件ですが今のところどうにもなりません。
着火源さえあれば、 静電気スパークでも簡単に着火爆燃します。  

身の回りにも思わぬ危険が存在しています。 台湾で先日若者たちが大勢火傷をおう事故がありましたが、あのふりまかれた粉、爆発的に燃えた粉はコーンスターチ、トウモロコシを微細に粉末化したもので食糧にも用いられている 粉 にしかすぎません。 勿論小麦粉も先に挙げた理由で蓄積サイロが爆発、多数の死者が発生するのはアメリカ カナダでよく聞く事故です。
クリーニング店で石油系溶剤でドライクリーニング中に溶剤が細かい粒、液滴 が発生し衣類の摩擦[化繊の場合が多い]による静電気着火等で爆発する事故が一時多発したことがあります。店では静電気防止能力のあるソープ投入し事故防止をしていますが。 そして今この溶剤は一定の容量以上は準工地区以上でないと使えないはずですがね。

酸素と着火源と燃えるものが、この三点が揃えば、この条件さえ揃えば思わぬ火災事故となります。 つまりこの条件はどこにでも揃っているのです。 

ここで申し上げるのは問題と思いますが戦後70年、知っておく事と思いますので。 神風特攻隊は近くに来襲したアメリカ艦隊に特攻する場合も爆弾は勿論、燃料満載で、燃料満タンで特攻自爆攻撃に向かいました。 ガソリンによる焼夷効果を狙っての事、沈没させるのが困難な事は事前に分かっていましたから。   効果は、焼夷効果は十分でした。
 

投稿: 絶望人 | 2015年7月 3日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.2) 「中国の夢」 私は皇帝になるのだ!! 習近平氏の野心と反腐敗闘争 | トップページ | (27.7.4) 「あねさん、ここは友好のそぶりを見せてくだせい!!」 韓国経済の凋落と日本籠絡戦術 »