« (27.7.5) 中国人民銀行の悲壮な戦い 「株価維持に失敗すれば中国経済は崩壊する、何としても守るのだ!!」 | トップページ | (27.7.7) ギリシャ悲劇とヨーロッパ統合の挫折 「EU、ユーロもここまでか!!」 »

(27.7.6) 「明治日本の産業革命遺産」登録は承認されたが、新たな火種を残した!!

22725_057_2 

 ドイツのボンで開催されていたユネスコの世界遺産委員会で日本が登録を要請していた「明治日本の産業革命遺産」の登録が一日遅れで承認された。
一日遅れになったのは韓国が「強制徴用」という文言にこだわり、委員会の席上で意見を述べると主張したからだ。

 日本としては今回登録を申請したのは明治期における産業革命を推進した施設としてであり、2010年の朝鮮併合以前の話だと反論したが、韓国が納得しなかった案件である。
6月に行われた日韓外相会議でこの問題が取り上げられ両国は互いに申請を予定している案件を支持することで合意したとしていたものだから、話し合いは解決したと思っていたがどっこいそうは問屋がおろさなかった。

 日本と韓国の間で厳しい裏折衝が行われ最終的には日本が「意志に反して厳しい環境の元で働かされた多くの朝鮮人等がいた」と説明し、「こうした事実を記憶するための施設を設置する」ということで決着を見た。
韓国のユン外相は「強制的に労役した厳然たる歴史的事実を日本が初めて言及し」と韓国側の要望が通ったと評価し、今後日本が「この事実を記憶するための施設を忠実に設置するかどうかを見守っていく」と述べている。

やれやれ」と思ってしまう。韓国が主張する7施設について強制徴用があったかどうかについてはかなり議論がある。主として炭鉱で働いていたのだが朝鮮には十分な働き場所がなかったため日本に職を求めて炭鉱で働いていた多くの朝鮮人がいた。そうした人の労働が過酷であったのは事実だが、戦前の炭鉱労働は日本人も含めて過酷だった。

 問題の本質はこうした労働を韓国側がナチスのホロコーストで行ったユダヤ人の強制労働をイメージしているのに対し、日本は「朝鮮人も日本国民として戦争に協力させた」という立場をとっていることである。
そこで問題になるのが未払い賃金のことで、賃金が支払われなければ強制労働という位置づけになるが、日本は1965年の日韓請求権交渉で未払い賃金については支払いを行ってこの問題は解決済みだとの立場をとっている。

 今回ユネスコに「明治日本の産業革命遺産」の登録が決まったことは慶賀すべきことだが、また新たな火種を残したことになる。
韓国としては今回の登録にあたり「日本がこの事実を記憶するための施設を忠実に設置するかどうか見守っていく」と念押しをしているから、何か強制労働者像のような施設を作らないと韓国は納得しないだろう。
日本の産業革命に強制労働者とはまったく似合わないが、韓国はどうしても作らせる気だから頭が痛い。

 さらに問題になるのはユン外相が述べている「強制的に労役した厳然たる歴史的事実を日本が初めて言及しと述べていることで、今後このことをたてに三菱重工や新日鉄に対し未払い賃金の個人による請求訴訟がさらに増える可能性があることだ。
何か河野談話のような位置づけになる可能性がある。


 歴史を振り返ると日本が懸命に明治維新以来の国作りをしていた時に韓国は国内を二分する権力闘争を大院君と閔妃の間で繰り広げていただけで、全く国づくりなど無視した内ゲバをしていた。それゆえ20世紀になって日本の植民地になってしまったのだが、まともな国家運営をしていたら日本の植民地になることもなかったのに自業自得というものといえる。

注)このあたりの朝鮮の歴史については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-fe96.html

 今回のユネスコの登録では日本は外相会談の約束通り百済の歴史遺跡地区」の登録に同意したのに、韓国はいつものように最後の最後になって国際的な約束をすっぽかしごねる態度に出ている。
日本に対してはどんな悪辣非道でも許される。なぜなら36年の日帝への恨みがあるからだ」という論理だ。

 だが何回も言うが今回のユネスコへの登録案件は朝鮮とは全く関連のない話で、そもそもいちゃもんをつけられるような話ではない。
それでもやさしい日本人は外相会談で韓国の登録を承認するという妥協をしたのに、韓国は日本を世界の笑いものにするためだけに外交努力を繰り返している。

 

 

 

|

« (27.7.5) 中国人民銀行の悲壮な戦い 「株価維持に失敗すれば中国経済は崩壊する、何としても守るのだ!!」 | トップページ | (27.7.7) ギリシャ悲劇とヨーロッパ統合の挫折 「EU、ユーロもここまでか!!」 »

評論 世界経済 韓国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

 日本の外務省は何をやっているんだとの声を上げるべきだろう。

 このような体たらくで、慰安婦問題等で中韓両国にやりたい放題を許してきたのは、日本の外交力がいかに劣っていたのかの証明である。本来ならば、責任者切腹(辞任)であろう。

 日本が殖産興業で国力向上を一丸となってやっていた時代の事である。「朝鮮人の強制労働」を思わせるような文言を入れて、それをどのように展示していくのか。そんな事をするくらいなら、今回はあきらめるくらいの気持ちはなかったのか。自らの正義を通さない、恥ずかしい妥協はないのだ。このような対応をするから、ごね得を相手に許すのだ。いい加減にしてほしい。

 当時、炭坑労働は過酷だった。しかし、収入も良かった。そこに、朝鮮からの人々もなだれ込んだのである。自らの意思で来たのである。

 なんでも一方的に虐げられたとするプロパガンダに、いつも載せられる日本。世界は、日本の姿勢を見ている。毅然たる態度こそ、今必要なのだ。

 

投稿: hiromiya | 2015年7月 6日 (月) 09時00分

先に韓国が急に融和的になったとは信じられないと申し上げたが、 またまた日本外務省は甘い坊ちゃん達の集団であることを露呈した。

日本の外務省には外交官試験と称する特別な他省にない試験制度がある。このエリート選抜試験には家庭訪問があり、いいとこのお坊ちゃまであることが必須の条件で、その家柄の確認をし,自分たちと同じ東大法学部のおとなしい無気力好人物な者を選び その集団で成り立つ役所です。
親の人柄と住んでる家 職業、を確認、外務省好みであること、もし本人が田舎の出身者であれば旧地主クラスの旧家の学校秀才である確認をします。

これは私が本当に目の前で確認した事実です。 噂なんかではありません。 
こうして外務省に入ったあの子は今某国の大使様、親戚一同皆あきれかえっています。 「あんなボンボンが大使か、あんなボクチャン、気の弱い、親の言うなり、おとなしいだけが取り柄の子が日本国家を代表する大使か」。

こんな連中なんですよ、日本の外務省の高官は。  もうとてもダメ、韓国はもとより諸外国の諜報謀略駆け引き脅しに対抗する人材などいるはずがないんです。 私の言ってるこの子、いつもニコニコ笑顔で全く敵を作りませんからもっとエラクなりますよ。 楽しみです。 日本亡国も近いですよ。

投稿: 絶望人 | 2015年7月 6日 (月) 11時35分

いや~、やられましたね。恨の国の面目躍如。
約束を反故にして、公の場で噛みつかれました。その記録も残りました。
信義にもとる行為は、武士道日本人の一番嫌うところです。
これでは首脳会談など実現不可能、わが国には嫌韓ムードが一気に、しかも深~く広がった事は否めませんね。
ホント、ヤな国だな。

投稿: バ | 2015年7月 6日 (月) 18時41分

山崎さんその後、眼の調子はいかがですか?

またまた、韓国のメチャクチャ恥知らず外交ですね~。
世界中があきれかえっている。恥ずかしくないのでしょうか?
私が韓国人なら恥ずかしくて耐えられないな~。
恥ずかしくて日本にもはもちろん外国に行けなくなる。
為政者は単なる世論の代弁者ではないはずです。
間違った世論を正して世界に信頼される国に導いていくのが政治家ではないでしょうか?
だました連中は今、やったーと騒いでいるそうですが、
韓国人は因果の理法を知らないのでしょうか?
人の信頼をうらぎりって世間で辱めたその罪ははなはだ重い。
生命の厳しき因果律に照らして、必ず悪道に堕ち、ほかならぬその国が、
その者が大変な苦しみを受ける。恐ろしいことだ。
それを思えば、だますより、だまされたほうがはるかにいい。

(山崎)目の調子はほとんど治っていますが薬をまだしばらく飲まなければいけないと医者に言われております。

投稿: 夏草 | 2015年7月 7日 (火) 11時41分

外務省の対応には憤慨しております。主権者たる国民はもっと声を上げるべきなのではないでしょうか?
世界遺産なんかよりも、国民の誇りを大事にするほうが国民の意思を反映しています。
外務省なんていらない!!

投稿: NINJA300 | 2015年7月 7日 (火) 16時04分

日本のチャンスかも

日本だけでなく欧米の政治家、外交官は今回の韓国の卑怯なやり方に嫌悪感を感じているはずです。
たとえばスポーツの世界では、日韓ワールドカップやオリンピックで、韓国がアンフェアーな国であることは広く認識されています。

欧米人はフェアーかどうかを善悪の判断基準にします。
韓国が欧米からつまはじきにされるように、日本の外交が逆転勝利することを心から祈ります。


投稿: 2番弟子 | 2015年7月 8日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.7.5) 中国人民銀行の悲壮な戦い 「株価維持に失敗すれば中国経済は崩壊する、何としても守るのだ!!」 | トップページ | (27.7.7) ギリシャ悲劇とヨーロッパ統合の挫折 「EU、ユーロもここまでか!!」 »