« (27.6.24) 上海総合指数の怪 なんでもいいから株価を上げろ!! | トップページ | (26.6.26) ロシアのクマが動き出した。 流し網漁の禁止はロシアのカードになるか? »

(27.6.25) 左派系新聞メディアの凋落 それでも私が毎日新聞を定期購読している理由

 Img_1218
(タムさん撮影 フランス南部のひまわり畑)

 
我が家ではここ20年にわたって毎日新聞を定期購読しているが、毎日新聞が好きだからではない。はっきり言えば辟易しているのだがそれでも購読を続けているのは新聞販売店の親父さんにとても断れないからだ。
大体2年に一回程度の割で定期購読継続の依頼に来るのだが、「最近は毎日新聞をとってくれる家庭が少なくなってお宅のような継続してくれる家庭は本当にありがたい」なんて言われると、「今年こそ止めよう」なんて決心は雲散霧消して「いいですよ、あと2年間とりますから」とつい答えてしまう。
親父さんは嬉しそうに洗剤を目いっぱいおいていくのだが、この洗剤は1年間程度は使用できる量で親父さんはニコニコしながら帰っていく。

 私はブログを書くために情報が必要なのだが、今ではほとんどの情報をインターネット経由で入手しており、たとえばグーグル検索で「中国経済」とか「韓国経済」というキーワードを登録しておくと毎日必要な情報をグーグルが配信してくれる。
だから特別に新聞を読まなくても支障はないのだが、私自身は古い世代の人間で新聞は毎日配達してもらわないとどうしても何かが不足しているような感じがしてしまう。
まあ、親父さんも喜んでいるのだから、定期購読しててもいいか・・・・・・・・・

 しかし新聞の内容についてはうんざりしている。
毎日新聞の主張は古い世代の左派そのもので20世紀の新聞を読んでいるような感じだ。アメリカと自民党政府が何より嫌いで安倍政権などは蛇蝎のような扱いで、正義は沖縄の翁長知事というような紙面の作りばかりだ。
24日の第一面には沖縄慰霊の日のキャンペーン記事で「知事、辺野古中止を、慰霊の日、宣言で異例の要求」だし、3面全体を使って「慰霊の日 亀裂鮮明 知事に喝采 首相に怒号」だし、さらに社説では「沖縄の声は聞こえたか」と念押しをしている。

 客観的に見て辺野古への移設しかありえないのに、相も変わらず駄々をこねている沖縄県知事を懸命にバックアップするのが使命という記事の作りには、「いよー、ダイナソーがんばれ」と思わず声をかけたくなるような時代錯誤性を感じる。
20世紀が左翼の時代だったことは確かで毎日新聞や朝日新聞の主張が幅を利かせていたが、1990年前後のソビエトロシアの崩壊で左翼の時代は終ってしまった。
歴史的実験に大失敗したわけだ。
今は中国という巨大化した最後の植民地帝国との相克の時代なのだがそうした時代の推移を全く無視して、相も変わらない主張を繰り返す毎日新聞の論説委員にはただただ驚くばかりだ。
今は中国をどうやって封じ込めるのかの時代ですよ、論説委員さん

注)中国が最後の植民地帝国であることは前に何回も記載してある
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-787d.html

 もっとも新聞そのものの価値が今は急速に低下しており、新聞の発行部数は加速度的に減少している。特に左派系の朝日と毎日はその時代錯誤性から旧左翼のノスタルジアの新聞になっており、一体いつまでこうした新聞が残るのだろうかと思えるほどだ。
だからいくら紙面に一面や社説で「安倍は嫌いだ」と繰り返しても社会的影響はほとんどなくなりつつある。

注)新聞の実態は以下の通り。すでにオピニオンリーダーとしての資格を失っている。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-1b72.html

 繰り返すが左派系メディアは新聞という媒体が時代遅れになっていることと内容が時代遅れになっていることのダブルパンチで21世紀の前半を生き残るのも難しくなりつつある。
私が新聞販売店のおじさんとの契りで毎日新聞を懸命に支えているが、そのうちにこうした宅配方式が成り立たなくなる時期がきそうだ。

( とても興味深いコメントがありましたので転載します)

 左派系_朝日・毎日新聞が〈白亜紀の生き残り〉ナドとは、、けして言いませヌ。オモイませぬ。
紙印刷メディアは、文化伝達の歴史の最終点なのだろう… とは 思います。
また 日本で普及した〈宅配による新聞〉という媒体が近代化に大きな功績が在ります。
文字での情報伝達は、上位階級の専らとする技術であり。下位の階級は,音声と図像によってしか 様々の情報を伝え合うことが出来なかった。

.  日本は、幸運なことに ラジヲ・テレビの普及以前に 〈宅配による新聞〉と〈多様の雑誌・書籍〉で日々のニュース・その他の情報に接する
時代を持つことが出来た。これは、本当に 奇跡的だと思う。(イキナリ インターネット時代の国々に比べて… )。

  しかし、『〈新聞・雑誌〉が、世界のニュース・情報を取捨選択し、編集・解説しなければ 世界が理解できない時代』は過ぎ去った。
いまはもう  インターネットで 新たな情報を収集出来るし、比較・検証も可能になった。 出来ないコト(古文書の発掘..など)は あるが、
日々のなかでは 『不足は無い』…と言える。
-
〈新聞・雑誌〉は、恐竜のように -- 『絶滅の時』を迎えることは … おそらく…ないだろう。
しかし、過去の『栄光の時代』を再興することも きっとないだろう。
後発の『より近代的なマスコミ(大衆通報)である TVが インターネット動画を放送するようになってしまった。
TV(地上波)は、新しい環境に適応・進化出来ず。インターネットに『寄生する』しか…道はないのかもしれない。
巨大爬虫類が絶滅したのち、地球に繁栄したのは 生き残った小型哺乳類から進化した生物だった。

.  貴族・高位宗教権威階級の文字伝達技術は「印刷技術」という進化手段を得て、《情報の海》で繁栄した。
時が過ぎ、特権階級だけの持ち物だった【文字】は、この階級を裏切り、【文字を読める・書ける】権威を絶滅した。
その殲滅に最も寄与した〈新聞・雑誌〉などマスコミと呼ばれるメディアは、地を歩き 海を渡る〈人の手〉を経ずに 文字を伝える
〈天駈ける翼=郵便飛行機→無線通信〉をも得て、天空の高みから地上を支配した。
さらに、その翼が …〈動く図像・古(いにしえ)の音声〉を得て、天空を支配し、地上の支配と覇を競う…(短い時代代が・・ あり。

  いま ・・  〈天駈ける翼〉も、更なる進化を遂げた。
インターネットは、個々の目の前に〈図像〉も〈文字〉も瞬時に表出する。
それに必要な知識は、〈文字〉を扱う習練に比べれば 僅かな時間と、〈文字〉で得る情報を購入するに要するに比較すれば、ささやかな
空間。。と 。 金額に過ぎない。
  (いま …仮りに わたしの机上に、○○社百科事典[全XX冊。▲▲社国語辞典。△△社和英・英和辞典。etc …etc … ] があったら と )。
-
〈宅配による新聞〉と〈多様の雑誌・書籍〉などマスコミ(大衆通報)は《情報の海》で生存できる環境を探るより他無い。
(マスコミ=大衆通報)に . のみである限り、その生存海域は 限定されることのなるだろう。
温暖で、穏やかで 凶暴な天敵は侵入し難く 柔らかい海草が繁茂する 浅瀬。魚類・爬虫類から. . 進化して 到達した哺乳類の生き残り。。
※ ジュゴン … は、《絶滅危惧種》として . . . 保護の対象にある。

--   wikipedia 引用 --
・単独で、または数頭の少群で暮らす。つがいで行動することはなく、群で行動するのは授乳中の母子のみともいう。
・遊泳速度は時速3キロ・メートルほど、潜水の深度は深くて12メートルほど。
・音には敏感で、船のエンジン音を聞くと一目散に逃げるという。
   少々 持ち上げすぎたか ?  と反省。 ジュゴン のみなさんに  失礼だぁ。
-
オマケ
勉強嫌いが 原因なのだろうが、自他ともに認める《悪筆》から ワープロをかなり初期に自費購入し 使用して来た。
御蔭で ネットにも苦労しなかったのだが、手書きでの漢字が スッカリ・サッパリに … なってしまった。

--  トコロが、
ちかごろ 大卒者に PCのキーボード操作が出来ない者が(一部)居て、新入社員教育のプログラムに組み込む場合がある。と知り驚愕した。
スマートフォンの普及によって ”インターネットもキーボード不要”であることが その原因とか。
キーボード操作が出来なければ、一般社会で デスクワークには就けない… 。ダロウという《常識》すらない!のは「ユトリ」であるとか
インターネット社会は、何処に行くのだろう。
学校教育に OS組み込み 初期作動 . インターネット/キーボード操作・初級の文書作成 . . くらいはしてもよいのではなかろうカ?



|

« (27.6.24) 上海総合指数の怪 なんでもいいから株価を上げろ!! | トップページ | (26.6.26) ロシアのクマが動き出した。 流し網漁の禁止はロシアのカードになるか? »

評論 日本の政治 新聞報道」カテゴリの記事

コメント

左派系_朝日・毎日新聞が〈白亜紀の生き残り〉ナドとは、、けして言いませヌ。オモイませぬ。
紙印刷メディアは、文化伝達の歴史の最終点なのだろう… とは 思います。
また 日本で普及した〈宅配による新聞〉という媒体が近代化に大きな功績が在ります。
文字での情報伝達は、上位階級の専らとする技術であり。下位の階級は,音声と図像によってしか 様々の情報を伝え合うことが出来なかった。
. 日本は、幸運なことに ラジヲ・テレビの普及以前に 〈宅配による新聞〉と〈多様の雑誌・書籍〉で日々のニュース・その他の情報に接する
時代を持つことが出来た。これは、本当に 奇跡的だと思う。(イキナリ インターネット時代の国々に比べて… )。
しかし、『〈新聞・雑誌〉が、世界のニュース・情報を取捨選択し、編集・解説しなければ 世界が理解できない時代』は過ぎ去った。
いまはもう インターネットで 新たな情報を収集出来るし、比較・検証も可能になった。 出来ないコト(古文書の発掘..など)は あるが、
日々のなかでは 『不足は無い』…と言える。
-
〈新聞・雑誌〉は、恐竜のように -- 『絶滅の時』を迎えることは … おそらく…ないだろう。
しかし、過去の『栄光の時代』を再興することも きっとないだろう。
後発の『より近代的なマスコミ(大衆通報)である TVが インターネット動画を放送するようになってしまった。
TV(地上波)は、新しい環境に適応・進化出来ず。インターネットに『寄生する』しか…道はないのかもしれない。
巨大爬虫類が絶滅したのち、地球に繁栄したのは 生き残った小型哺乳類から進化した生物だった。
. 貴族・高位宗教権威階級の文字伝達技術は「印刷技術」という進化手段を得て、《情報の海》で繁栄した。
時が過ぎ、特権階級だけの持ち物だった【文字】は、この階級を裏切り、【文字を読める・書ける】権威を絶滅した。
その殲滅に最も寄与した〈新聞・雑誌〉などマスコミと呼ばれるメディアは、地を歩き 海を渡る〈人の手〉を経ずに 文字を伝える
〈天駈ける翼=郵便飛行機→無線通信〉をも得て、天空の高みから地上を支配した。
さらに、その翼が …〈動く図像・古(いにしえ)の音声〉を得て、天空を支配し、地上の支配と覇を競う…(短い時代代が・・ あり。
いま ・・ 〈天駈ける翼〉も、更なる進化を遂げた。
インターネットは、個々の目の前に〈図像〉も〈文字〉も瞬時に表出する。
それに必要な知識は、〈文字〉を扱う習練に比べれば 僅かな時間と、〈文字〉で得る情報を購入するに要するに比較すれば、ささやかな
空間。。と 。 金額に過ぎない。
(いま …仮りに わたしの机上に、○○社百科事典[全XX冊。▲▲社国語辞典。△△社和英・英和辞典。etc …etc … ] があったら と )。
-
〈宅配による新聞〉と〈多様の雑誌・書籍〉などマスコミ(大衆通報)は《情報の海》で生存できる環境を探るより他無い。
(マスコミ=大衆通報)に . のみである限り、その生存海域は 限定されることのなるだろう。
温暖で、穏やかで 凶暴な天敵は侵入し難く 柔らかい海草が繁茂する 浅瀬。魚類・爬虫類から. . 進化して 到達した哺乳類の生き残り。。
※ ジュゴン … は、《絶滅危惧種》として . . . 保護の対象にある。
-- wikipedia 引用 --
・単独で、または数頭の少群で暮らす。つがいで行動することはなく、群で行動するのは授乳中の母子のみともいう。
・遊泳速度は時速3キロ・メートルほど、潜水の深度は深くて12メートルほど。
・音には敏感で、船のエンジン音を聞くと一目散に逃げるという。
少々 持ち上げすぎたか ? と反省。 ジュゴン のみなさんに 失礼だぁ。
-
オマケ
勉強嫌いが 原因なのだろうが、自他ともに認める《悪筆》から ワープロをかなり初期に自費購入し 使用して来た。
御蔭で ネットにも苦労しなかったのだが、手書きでの漢字が スッカリ・サッパリに … なってしまった。
-- トコロが、
ちかごろ 大卒者に PCのキーボード操作が出来ない者が(一部)居て、新入社員教育のプログラムに組み込む場合がある。と知り驚愕した。
スマートフォンの普及によって ”インターネットもキーボード不要”であることが その原因とか。。
キーボード操作が出来なければ、一般社会で デスクワークには就けない… 。。ダロウという《常識》すらない!のは「ユトリ」であるとか
インターネット社会は、何処に行くのだろう。
学校教育に OS組み込み 初期作動 . インターネット/キーボード操作・初級の文書作成 . . くらいはしてもよいのではなかろうカ?

投稿: たなか | 2015年6月25日 (木) 17時56分

私は京都府出身です。京都の地元新聞といえば「京都新聞」でありますが、これがまた朝日とよい勝負の左新聞です。議員の共産党が占める割合が一番高い県でもありますから至極当然と言えば当然なのですが。 ちなみに姉は若い時から「赤旗」を購読しています。全身が赤菌に侵されている末期的症状ですので、私は姉の治癒はあきらめています。

投稿: たぬき | 2015年6月25日 (木) 21時19分

春の道沿いの住人です。主に金融に関する国際情勢の鋭い分析、勉強させてもらっています。
私もおそらく同じ販売店経由で、今も「毎日小学生新聞」を購読しています。息子はすでに高校生ですが…。
さすがに小学生向けであり(一部中3向けの記事もあります)、偏向は目立たず、格安なので、今さら聞けない内容の学習には重宝しています。

投稿: ルーク | 2015年6月27日 (土) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.6.24) 上海総合指数の怪 なんでもいいから株価を上げろ!! | トップページ | (26.6.26) ロシアのクマが動き出した。 流し網漁の禁止はロシアのカードになるか? »