« (27.6.6) 韓国経済大崩壊 もはや反転攻勢は無理!! | トップページ | (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! »

(27.6.7) 船長が逃げる国と逃げない国 中国人は逃げ日本人は殉職する

22619_009 

 なぜ船長は真っ先に沈没船から逃げ出してしまうのだろうか。人命救助などは二の次でまずは自身の身の安全を図っている、そうした事例があまりに多い。
今回の中国長江のクルーズ船、東方之星の張船長もそうで、乗客乗員456名中生存者は14名で、その中に船長と機関長がいた。
船の責任者のトップの二人がさっさと逃げ出してしまったのだが、残された乗客は長江の藻屑と消えてしまった。

 昨年の4月には韓国でセオゥル号の沈没事故があり、乗客乗員476名中304名の死者が出たがこの時も船長は一般乗客を装って逃げ出していた。通常は船長は威厳に満ちた船長服を着てマドロスパイプなどをふかしているものだが、すべての上着を脱いで懸命に逃げる姿がネットで配信されて全世界的規模で恥をさらしていた。

注)セオゥル号沈没事件の詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-b5a4.html

 ほぼ4年前にはイタリアのクルーズ船が座礁し、この時もイタリアの船長がボートに乗って船を捨てていた。沿岸警備隊からは船長は船に残って指揮をとるように再三にわたって命令をだしたが、船長は全く無視して逃げ出していたのを思い出す。
その時の沿岸警備隊長と船長の会話は歴史に残るほど船長の無責任さが際立っていた。

注)この時の会話は以下の記事に掲載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/23120-3d49.html

 日本の海難事故といえば1954年に起きた洞爺丸事故を思い出す。青函連絡船の洞爺丸が台風15号の突風にあおられて転覆した事故で、乗客乗員1377名中1155人が遭難死した。日本海難史上最大の事故だったが、この時は洞爺丸だけでなく全部で5隻の青函連絡船が転覆しており、総勢1430人の犠牲者が出ている。

 洞爺丸の船長は近藤平市氏だったが、1週間後遺体で収容されたとき自らは双眼鏡を片手に、そして救命具は一切付けていなかった。なんとか乗客の安全を確保しようと最後まで奮闘し、そして殉職している姿がしのばれた。他の4隻の船長も一人として逃げ出すこともなく最後まで職務を全うした。
当時私は子供だったが「変だな、船長さんはそうして船と一緒に死ぬんだ」と思ったものである。

 しかしこの船長としての責任感は中国の東方之星の船長も韓国のセオゥル号の船長もイタリアのクルーズ船の船長にも微塵にも見られない。
他人のことなんて知ったことじゃない、俺の命が第一だ!!」と真っ先に逃げ出している。
日本人船長が見せたシーマンシップと中国人や韓国人やイタリア人の船長が見せた無責任体質はいったいどうしてこうも違うのだろうか。

 私は今洞爺丸の近藤船長のことを思い出して涙を流しながらこの記事を書いているが、責任ある人が責任を全うして殉職していく国に生まれた幸せをかみしめているからだ。
最近の例では福島第一原発事故の時も東電の吉田所長以下主要なスタッフは全員残って復旧作業をし続けていた。
ヒステリー体質の菅総理が勝手に誤解して「逃げ出すことは相ならん」などと命令をしていたが、日本においては責任あるポストの者が、職務を捨てて逃げるようなことはありえない。
吉田所長はその後若くして急逝されたが私は吉田氏の死は殉職だと思っている。

 通常はその国の人の人間性があから様に現れることはないが、重大事故が起こった場合にその国民のメンタリティーがよくわかる。
中国人も韓国人もイタリア人も船長といえども責任感など微塵もなく、わが身可愛さだけで逃げる国なのだ。

 中国政府は船長と機関長を拘束しており裁判で厳罰を科して一件落着にするだろうが、本当はこの転覆事故には深い理由がある。今回沈没した船は国有企業の所属で何回も船が改造されていた。簡単に言えば上部に建増しをしていたのだが、このためバランスが悪くなってちょっとした風で横倒しになった。

 中国では国有企業こそが金の亡者で儲かればなんでも行いその時にリスクをとらない。実際に事故が発生すると警備当局が犠牲者の家族を抑え込んで文句を言わせないようにし、さらにマスコミを誘導するから国有企業の責任者は安心して金もうけだけを図る。
そしてその金を上納することで出世していく。
船長は当然このシステムを知っているので馬鹿馬鹿しくて自身の命をささげるようなことはしないのだ。

 やはり日本という国は優れた資質を持った国だと思う。責任ある人が責任を全うする国ほど姿の潔い国はないのだ。
船長が逃げる国と逃げない国の相違は深いところでその国のありようを決めている。

(興味深いコメントがありましたので転載します。)

 洞爺丸船長がどうしてあの時点で函館を出航してしまったのか未だ疑問が残る事件でした。
出航直後, 台風の吹き返しで船が浅瀬に乗り上げ横転沈没したとき船長は判断ミスを後悔しさぞ責任を感じたことでしょう。    
一瞬の判断が取り返しのつかない大参事を招きました。
この船長が生き残らなかったのが原因究明の点はともかく責任者として当然と当時国民の大多数は思いました。

 今 中韓両国で発生した船舶事故は国民レベルの連帯の薄さが表れた事態と思います。 突然の横転沈没でデッキにいて結果逃げやすい場所にいたとも考えられますが責任感欠如無責任の批判は免れません。 イタリア船の場合はもう悲劇というよりあの男は世界にイタリア男の愚劣さを世界中にテレビ動画で証明しました。


 

|

« (27.6.6) 韓国経済大崩壊 もはや反転攻勢は無理!! | トップページ | (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! »

評論 世界経済 中国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

「重大事故が起こった場合にその国民のメンタリティーがよくわかる。」 全くその通り。権力をもてば下の者を顎で使いわが身を肥やし、時に及んでは真っ先に
自身の保全を優先する。これを、大小の中華〇〇という。○○には、その言葉を使うのもはばかられるので敢えて伏せた。逆に、権力を持てば下々の
事に気をを配り、時の及んでは命を懸けて責任を全うする国。天と地(獄)の違いである。強者、弱者の差も、その国の土台(精神性)の差ゆえになる。
私達は、小さい頃から後者の意識を持つことが必要なのだ。将来の我が国の姿は一人一人の持てる意識にかかっていると早く自覚できると、生きる力にもなる。
身近なところから、教育と実践あるのみ。

投稿: hiromiya | 2015年6月 7日 (日) 06時28分

洞爺丸船長がどうしてあの時点で函館を出航してしまったのか未だ疑問が残る事件でした。
出航直後, 台風の吹き返しで船が浅瀬に乗り上げ横転沈没したとき船長は判断ミスを後悔しさぞ責任を感じたことでしょう。 一瞬の判断が取り返しのつかない大参事を招きました。
この船長が生き残らなかったのが原因究明の点はともかく責任者として当然と当時国民の大多数は思いました。 今 中韓両国で発生した船舶事故は国民レベルの連帯の薄さが表れた事態と思います。 突然の横転沈没でデッキにいて結果逃げやすい場所にいたとも考えられますが責任感欠如無責任の批判は免れません。 イタリア船の場合はもう悲劇というよりあの男は世界にイタリア男の愚劣さを世界中にテレビ動画で証明しました。

今経済が世界中で不安視されていますが,  中国 韓国 イタリア 揃いもそろってこの三国, 化けの皮が剥がれ 落ち目の三度笠なのは偶然にしては出来すぎ, 役者が揃いすぎなのはお笑い草です。
日本もチョットおかしい人が増えているように思います。 ヤクザと進歩的?左翼売国奴, マスコミがこの国を分裂亡ぼそうとしています。 彼らには国民意識がないからです。 彼らにあるのは階級意識だけです。

投稿: 絶望人 | 2015年6月 7日 (日) 09時27分

そうした海に対する自覚、船への愛着のない自己中な国が、「東海」などとは笑わせる。
日本海で遭難したロシア船でさえ、日本の海上保安庁が他の全乗員を助けた後、船と運命をともにしたという。
そのロシアと戦った日本海海戦のロシア語読みは「Bitva Tsusima」。日本の島名だ。
竹島に落書きすることを厭わないその姿勢は、奴隷根性の馴れの果て状態。
泥棒しか生み出せないでいる。

50年後、中国からノーベル賞受賞者が現在の日本に匹敵するほど現れてもおかしくはないが、
かつて奴隷だったと虚偽を植え付けるような反日教育から脱出できない限り、
中国より古い5千年前に始祖がいたとする等のファンタジー史観から脱却できない限り、
在米・在日韓国系から以外、未来永劫、世界に貢献しえる韓国人など出てきはしないと断言しておく。

本当の愛国心を取り戻すことこそ、先決だ!

投稿: 無法松 | 2015年12月25日 (金) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.6.6) 韓国経済大崩壊 もはや反転攻勢は無理!! | トップページ | (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! »