« (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! | トップページ | (27.6.10) 中国のサイバー戦争!!  アメリカと日本を狙え!! »

(27.6.9) 奇跡だ!! 腰痛が治ってしまった。「中山式快癒器」の使用

Img_20150608_155402

 信じられないような奇跡が起こった。ここ数年あれほど悩まされていた腰痛が治ったのだ。最も腰痛といっても直接腰が痛むのではなく、歩くと臀部と右下肢の外側がしびれてそのうちに猛烈に痛くなる症状だった。
いわゆる坐骨神経痛というやつだ。

注)腰は後方にそらない限り痛まない、ただしそらすと猛烈な痛みが走る。

 整形外科整体を試みたがさっぱりだった。私はほぼ毎日約6kmの道の清掃作業をしているのだが、500m程度歩くとどこかで休まないといられないほど右下肢の外側が痛む。さらにお尻もしびれているのでジンジンする。
俺も弱くなったな、もう清掃作業も限界じゃないだろうか・・・・・」弱気になっていた。

 数か月前に整形外科で腰のMRIをとってみた。見ると腰椎の一部がひどく飛び出していて、医者は「腰椎すべり症」だという。腰椎の中に神経が通っているのだが骨が滑ったところでは何かぐちゃぐちゃになっていて自分で見てもひどい状態だ。
これじゃ腰が痛むのも無理ないな」自分の腰に同情した。

 理由は分かったが相変わらず歩くと(走っても同じ)臀部と右下肢の痛みは猛烈だ。かつて24時間走と称して一日中走っていたが、今では500mごとに休息をとっている。
何という相違だ。これではヘラクレスが小野小町になったようなものだ!!」
そんな時、私のブログの読者が「腰痛対策には一番です」と紹介してくれていた「中山式快癒器」を思い出した。数年前に紹介されて購入していたのだが、あまり使用していなかったので押入れの奥にしまってある。
「まあ、ためしだもう一度使ってみるか・・・・・・・・・・」ほぼ3週間ほど前のことだ。

 私がこの器具を使おうと思ったのは私の背骨にほとんど彎曲がなくなっていたからだ。ほぼまっすぐといってよい。そのため常に体が前倒しになっていてまっすぐに立てない。
中山式快癒器」は失われたこの彎曲を元に戻す効果があるので、「もしかしたら彎曲が回復すれば腰痛も治るのではなかろうか・・・」とひらめいたからだ。
それから時間があれば背中に「中山式快癒器」を当てて一種のそる姿勢を繰り返してきた。最初は腰が曲がらず痛かったが、そのうちに痛さがなくなり非常に心地よくなってくる。
1週間も続けていたら右下肢の外側の痛みが全くなくなった
こりゃ、奇跡じゃないかしら・・・・・・・・」ここの痛みが最も強烈だったので天国と地獄の差だ。
2週間たつと臀部の痺れもなくなった。
すごい臀部もしびれなくなった・・・・・・

 今は3週間目だがあの坐骨神経痛の痛みをすっかり忘れている。
鏡を見ると腰に曲がりが出てきており、従来のような前かがみが治っている。
なんだ、腰の彎曲を元に戻せば良かっただけか・・・・・・・
あまりに簡単に治ってしまったので拍子抜けだ。

 最も今は歩いても問題ないというレベルで走った場合どうなるかはチェックしていない。現在私が保証できるのは歩いても痛みやしびれは出ないというレベルで、通常の人であれば十分なレベルだ。
ここ数年私は走ることもままならなかったが、腰痛が完治すればまたマラソンに復帰できる。
何かうれしくなってきた。

 なお「中山式快癒器」の詳細は以下のURLをクリックすれば確認できる。私と同じような症状で長年悩んでいる人がいれば絶対のおすすめだ。金額は1万円以下で入手できるからトライを勧める。
http://www.nakayama-shiki.net/shopping/cat_kaiyuki/index.php?gclid=Cj0KEQjw18-rBRDogrTg4Lusuu0BEiQACs8YQsN6jpJFuKZiDREmwyj0kzg7171IGSMc1VjlPDpS_rcaAglr8P8HAQ

|

« (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! | トップページ | (27.6.10) 中国のサイバー戦争!!  アメリカと日本を狙え!! »

健康 坐骨神経痛」カテゴリの記事

コメント

哲人 いつもブログを楽しみに読ませていただいております。
お忙しい中で申し訳ございませんが、私も腰痛に悩まされつつありお聞きしたいのですがこの中山式快癒器ですが、背中に当てて湾曲を作るだけでよいのでしょうか、痛い部分の腰には当てなくてよいのでしょうか
また一回の時間はどれぐらい当てておられるのでしょうか
よろしければ教えていただけますでしょうか
よろしくお願いいたします。

(山崎)最初から痛い部分にあてるとつらいので、腰の一番湾曲している部分に充てるのが最初です。時間は適宜で私は10分ぐらい当てて寝ていました。そのうちどうすれば体が快適さを感じるか分かってきますので、あとは体に任せておけば大丈夫です。
私の場合は何しろ彎曲がほとんどなくなっていましたので元の状態に少しでも近づけさせると痛みは驚くほど快癒しました。

投稿: ぽんぽこ狸 | 2015年6月 9日 (火) 08時20分

私は柔道をやっていた関係上、知り合いに接骨院や整形外科医が多いのですが、彼らが好んで使う語彙に「三次元」という言葉がありますね。
山崎さんの症状の場合ですと、腰の湾曲が無くなっていたため、其のバランスを取るために背中が丸くなっていたところ、中山式で背筋を伸ばしたために前のめりになってしまった。
そこで今度は、腰を治療して湾曲を出すことにより、まっすぐに立てるようになり腰の負担もなくなった、と。
彼らなら、そう、三次元的に説明するのでしょう。
ただこの治癒器を使う場合、一つだけ注意点がありますね。
背中には何層もの筋肉が重なっているため、丸まっていた背中をのばすと筋肉にもズレが生じるようで、床に入って大の字になったときに「四十肩」のような痛みが出る人もいますね。
もちろん、良い方向にズレる訳ですから、一週間ほどで症状はなくなり、そのあとは爽快になるわけですが。
その一週間の期間は、座椅子を最広角にして床の上に置き、その上に横たわり布団をかぶり、言わば人工的に猫背状態を作り出すようにすれば睡眠に支障をきたすことはありません。
いずれにしても、長年に渡る自分の癖を矯正する、というのは大変なことですよね。

(山崎)詳細な説明ありがとうございます。もうすこし様子を見てみます。今は腰痛がなくなったことだけを喜んでいるのが実態です。

投稿: 三太郎 | 2015年6月10日 (水) 00時19分

日本の整形外科は非常に遅れています未だに首の牽引なんてやっているのではないでしょうか。米国は医学でダントツナンバー1です。日本の整形外科を受診する価値はほぼないです。ホーりスティックなこの手の療法がずっと良いと思われます。

投稿: NINJA300 | 2015年6月11日 (木) 01時37分

付け加えます。
日本の整形外科にも手術の場合等は存在意義があります。今は知りませんが、鎖骨骨折の場合に「鎖骨を切断して(短くして)」からくっつけるとかバカなことをやっています。
また、レントゲン撮影は保険が効くので大好きですが、筋肉の結構不良はレントゲンには移りません。だからわたしは残念ながらほとんど信頼していません。
評判の良い鍼灸とかがずっとましですが、あれも評判の良いところに限定されます。マッサージも評判の良いところはいいです、複雑なヘルニアを神の手で見事なおす場合も報告されています。
医者には技術とともに患者への愛が大事です。わたしは性悪説なので、日本の医者がいくら偏差値高かろうが、学費の高い大学をでていようが疑っています。医者になったからの実績と評判を重視しますね。
http://seikaiourai.jp/1305/130534.htm 参考

投稿: NINJA250 | 2015年6月11日 (木) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.6.8) ひどいボタンの掛け違い  新国立競技場がオリンピックに間に合わないじゃないか!! | トップページ | (27.6.10) 中国のサイバー戦争!!  アメリカと日本を狙え!! »