« (27.5.31) スカイマークは再び飛びだてるか? ANAとエアバスの水面下の攻防 | トップページ | (27.6.2) 中国レアアース戦争で日本に敗退 輸出制限も関税も撤廃 »

(27.6.1) ミャンマーの難民ロヒンギャは将来の北朝鮮の難民と同じ

23624_001_2 

 ロヒンギャ族
などと聞いても最初は何のことかさっぱり分からなかった。
ミャンマーから密航船で大量にマレーシアインドネシアに向かって漂流している少数民族である。
イスラム教徒のため仏教徒の国ミャンマーから追い出されている。行く先は同じイスラム教徒のマレーシアとインドネシアだが、両政府とも従来受け入れを拒否してきた。
同じイスラム教徒といっても飢餓難民を受け入れるわけにはいかない!!」

 密航船は直接マレーシアやインドネシアにたどり着くこともあるが、たいていの場合は途中のタイに上陸する。ここから徒歩で山越えをしてマレーシアに密入国するのが最も多いのだが、そこにタイの暗黒社会が結びついた。
マレーシアに行きたかったら10万バーツ(約37万円)支払え!!」
支払うとタイの闇組織がマレーシアに密入国させてくれるが、金がないといつまでもタイの密林の秘密のアジトに隔離されたままになる。
ロヒンギャはほとんどが貧困だから支払う金もなく、そのうちに食料が尽きて次々に死んでしまい、埋葬された墓がタイのジャングルに累々と出来上がる。

 最近になりこうしたロヒンギャ族が集団埋葬された場所がタイの密林で見つかり大問題になった。
タイにはロヒンギャ族を人身売買している組織があり、タイ政府はこれを黙認している」と国際社会からタイが非難されだした。
慌てたタイ政府はこの暗黒組織の摘発に乗り出したが、多くの場合地元の警察がかかわっている。
「とらえてみれば人身売買業者とは警察官や公務員か!!!」タイの闇も深い(本当はタイ政府はこのことを知っていたので黙認してきた)。

 ようやくタイ政府は東南アジアの15か国を集めてこのロヒンギャ問題を解決するための国際会議を主催した。29日のことである。
そもそもミャンマーがロヒンギャ族を弾圧するからボートピュープルになるんだ。おかげでタイが国際的な人身売買を行っていると非難されてしまったではないか・・
何を言うか、ロヒンギャ族はミャンマーの国民ではない。あれはベンガル人でバングラディシュから不法に入国した不法滞在者だ。ミャンマーがこれを追い出すのは当然だ
議論は平行線のままだ。

 ロヒンギャ族が住んでいる場所はミャンマーとバングラディシュの国境付近で約100万人と言われるが、もともとこの地域は国境などあってないようなものだから集団でまとまって住んでいた。丁度イラク北部からトルコにかけて住んでいるクルド人みたいなもので国を持たない民族といえる。
イスラム教徒だがバングラディシュでは異端で、一方ミャンマーは仏教徒の国だからこちらもロヒンギャを認めない。
簡単に言えばどこにも行き場がない。

 それでも従来はミャンマー政府が仕方なしに一時的身分証を発行してミャンマーでの居住を認めていたが、これ幸いとバングラディシュからの不法移民がミャンマーに殺到してこの地域がイスラム教徒ばかりになってきた。
そこにイスラム教徒によるミャンマー人の婦女暴行事件が2012年に発生し、暴動になってしまった。ロヒンギャ族を中心に約200名が殺害され、14万人が家を焼かれたという。

 以来ミャンマー政府とロヒンギャ族の緊張が続いていたが、今年に入ってミャンマー政府が一時的身分証を停止したため、ロヒンギャ族に激震が走った。
危ない、ミャンマー政府による大弾圧が始まる前触れだ!!!」
多くのロヒンギャ族がおんぼろ船に乗ってマレーシアやインドネシアに逃げ出した。
総数は分かっていないが数万人規模だという。

 従来はタイの海岸にたどり着きここからタイの闇組織が金をもらった人間だけをマレーシアに密入国させていたが、タイ政府が取り締まりを強化したためこの陸路が使えなくなった。
難民船は海上をさまよいその数は数千人に上ったので、マレーシアとインドネシアがなんかしなければならなくなった。
仕方ない一時的な上陸を許可しよう。ただし一時的なものですぐにミャンマーに帰ってもらう
だがミャンマーは帰国を許さない。
もともとわが国の国民でないのになぜ帰国を認める必要があるか

 私はミャンマーにクルド人問題と同じ問題があるのを知らなかったが、今や東南アジアにとって最も複雑な国際問題になっている。
この問題は日本人にとってはほとんど他人事だが、帰趨はよく見定めておいた方が良い。
というのは北朝鮮が崩壊した時のシミュレーションに使えるからだ。

 北朝鮮が崩壊すれば最初は陸続きの中国や韓国に殺到するが両国があまりの数の多さに閉口して国境を閉ざすとあとはおんぼろ船に乗って日本海に漕ぎ出す。
潮流にのればおんぼろ船が日本にたどりつくのは太古の昔から変わりがない。
さてその時日本政府はどのように対処したらいいのだろうか。
国際世論は人道主義が基本だから、簡単に追い返せないのは今回のマレーシアやインドネシアの政府対応を見ても分かる。
だから東南アジアで起こっているロヒンギャ族のボートピュープルは将来の北朝鮮のボートピュープルと同じなのだ。

|

« (27.5.31) スカイマークは再び飛びだてるか? ANAとエアバスの水面下の攻防 | トップページ | (27.6.2) 中国レアアース戦争で日本に敗退 輸出制限も関税も撤廃 »

評論 世界経済 ミャンマー経済」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮が崩壊したらかって10年程かかって北朝鮮に帰還した[渡った] 反日朝鮮人10万人が日本に戻ってくるなどと言い出す可能性がある。
もともと反日が体質の朝鮮人, その中でも反日共産主義およびその付和雷同者たちの入国は断固阻止しなければならない。
その妻となって渡った女性など日本人とはもうみなすべきではない。 マンセーマンセーと朝鮮人と一緒に日本を捨て 出て行った日本人の心をなくした女が, またその子供などが日本へ入国することなどは断固反対する。 一般朝鮮人の入国などは論外。 
マレーシア インドネシア タイの各国の対応を一方的に避難して, 後の我が国の対応の手足を縛ることのないように慎重に見守るべきと思います。

投稿: 絶望人 | 2015年6月 1日 (月) 09時28分

確か 韓国の憲法に 北朝鮮(朝鮮半島北側の国?)の支配地域も大韓民国(朝鮮半島南側の国!)の領土とされていたのでは無かったでしょうか。…とすれば
北側からの難民の国籍は、『朝鮮半島南側の国』といえるのでは? 。
日本は、日本海を彷徨する 《国籍不明の》朝鮮系の「難民と自称」する漂流者を「人道的かつ適正に」国際法に基づき「収容」し「人道的かつ適正に」
国際法に基づき、祖国(朝鮮半島南側の国!)に全員「強制送還」するしかない。
この費用の一切は 既に締結された【条約】に沿い支払い済みであるので、「収容」「強制送還」に要した経費は、祖国(朝鮮半島南側の国)に請求される
のであり。
また この「難民と自称」する漂流者の発生原因の最大責任は祖国(朝鮮半島南側の国)であること。に拠って。この事態(「流浪民発生」)に到らせた
南政府に抗議することとなる。 …… のですよと。 現在の日本政府の立場を 外交の非公式な場で (コッソリ)伝えておく . . 。
かくして また、「歴史問題」が再燃し 「併合」から「朝鮮戦争」迄を整理し組み立て直さなければ... ならなくなり。
大韓民国の国民・政府が 日常的に 言い続けるコトバ ... チンジョンソン=(真正性 or 正式な漢字表記「真情性」)の出番となり、残る九百余の恨み
の大ネタを提供することが可能。となる。 少々悪手かな〜

投稿: たなか | 2015年6月 1日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.5.31) スカイマークは再び飛びだてるか? ANAとエアバスの水面下の攻防 | トップページ | (27.6.2) 中国レアアース戦争で日本に敗退 輸出制限も関税も撤廃 »