« (27.5.17) 中国経済の大凋落 後はFRBや日銀並みの金融緩和しかない!! | トップページ | (27.5.19) 関ヶ原の戦いに橋下三成敗北  大阪は古都を選択 »

(27.5.18) シャープの再建計画は中途半端 これでは再建できない!!

22522_012 

 シャープ
がこの5月14日に中期経営計画を発表したが唸ってしまった。
これでは駄目だな」と思ったからである。
すべてが中途半端で対応策が万全でなく、経営環境の改善だけをあてにした計画だからだ。

 今回関係者全員に責任をとってもらうことにしたがとってもらい方があまりに少なく十分でない。
たとえばメイン銀行のみずほと三菱UFJはそれぞれ融資金の1000億円を優先株にし貸出金を放棄したが、まだ5000億円の融資金を残したままだ。
現在約1兆円の有利子負債をせいぜい8000億円に減額したに過ぎない
シャープは現在有利子負債に対処する能力はなく、残りの5000億円も放棄すべきところそうはしなかった。

注)当然のことだが金融団が支援する場合融資金の減額を最も渋る。

 経営陣は5人の代表取締役がいたがそのうち3名の首を切った。私は5名も代表取締役がいたことに驚いたがこれでは「船頭多くして舟山に登る」のたとえ通りになる。
高橋社長ともう一名に代表権が残されたがこれは最大の間違いだ
現在アベノミクスによって円安は加速し80円だった円は今120円だ。80円を基準とすれば約50%の円安になっている。それでも15年3月期の最終赤字が2223億だという。
これほどの好環境の中で赤字を計上するなどというのは経営陣の無能さは際立っている。赤字を出すだけなら私でも経営者が務まるくらいだ。
全員の経営者の首を切り新たに外部から再建能力のある経営者を連れてきてその人に権限を一任すべきだ。JAL方式の経営再建である。

注)JALは有利子負債1兆円のうち約8000億円を銀行団等に放棄させ、政府資金3500億円を投入。前経営者は全員馘首して再建を稲盛氏に全権委任した。従業員は約3分の1が解雇されたがこれでようやく再建がなった。
詳細は以下参照。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/10-5ce4.html

 従業員は国内で約3500名、全世界で約5000名の希望退職を求め、残った人には賃金の3~5%程度減額に応じてもらうという。会社が倒産間際になればどの企業でも行うリストラで数%の賃金引き下げで収まるのなら御の字だ。だが本当にこの程度でよいのかとの問題もある。

注)シャープは全従業員の10%程度のリストラを目指しているがJALの3分の1に比較すると大甘だ。

 投資家に対しては1218億円の資本金を5億円に減資するという。株式市場は驚いて株価は260円前後から190円前後まで落ちたが、まだ価値があることの方が私には不思議だ。

 今回の措置でどうしても甘いと思われるのは金融機関の債権放棄額と経営責任者の責任の取り方だ。金融機関はいやいやほんのちょっとだけ融資金を株式に振り替え、無能な経営者が居座り続けている。
これは金融団と経営者相互の妥協の産物で、金融団が全額融金放棄に応じない以上企業も金融団に抵抗してリストラをさぼっている。

 前向きな対処としては事業部門をカンパニー制にしてそれぞれの部門の収益を明確にしたことぐらいだ。だがこれは単なる機構改革で収益を生み出すという改革ではない。
シャープはスマートフォン向け中小液晶部門で競争力を持ってはいるが、すべての他の赤字部門を支えるような力はない。中小型液晶部門でも特に中国市場で価格競争にさらされておりかろうじて黒字と言ったところだ。

 他の太陽光部門やテレビ事業部門などは目を当てられない惨状だ。
しかしこうした部門に抜本的な手を入れることを今回しなかったのは、「もしかしたら環境が改善し、液晶も太陽光もテレビも黒字転換できるかもしれない・・・」と期待しているからだ。
確かにパナソニックなどの収益は急回復しており、家電業界でこの時期赤字に呻吟しているのはシャープとソニーぐらいだからそう期待する気持は分かる。
特にライバルの韓国のサムスンやLG電子が凋落し始めたから気持ちは一層ハイになるだろう。

 だから事業部門は完全赤字のテレビ部門を除いて大幅なリストラは止めて風待ちをしようという計画だ。
これは本当の意味で風待ちであり天平時代や平安時代の航海方法と何ら変わりがない。
追い風を待っているが追い風でなければ航海は不可能だ。

私は個人的にはシャープのファンだし再建がこれで果たしてもらいたいが、実際には悲観的だ。
みんなが少しづつ犠牲を出すぐらいの再建策ではシャープは再生できない。最終的には金融機関はその債権の大半を放棄し、経営者は全員馘首され、不採算部門はすべてホンハイ等に売却され、国の産業革新機構の資金が導入されて、それでようやく再生できるのではないかと私は思っている。
この予想が外れてほしいが残念ながらあたる確率は大きい。

(別件)私の眼病の回復状況報告

 
入院してから多くの方から励ましのコメントを頂き恐縮しております。ありがとうございました。
退院して1週間たち現在は自宅療養中で、1週間に一回の割で病院に通っております。
入院中は大量のステロイド剤の投入を行いましたが、今は量を減らしたステロイド剤の投入に変わっており、こうした状況が約2か月ぐらい続くようです。
目の回復状況は約8割程度で水の中でものを見ているような感じですが、見えなかったときに比べると行幸と言っていいと思います。
ただ長時間の読書などはダメで、新聞も大きな字以外は見ておりません。
子供たちへの勉強指導も草刈も休んで家で寝ていますので何とも暇で「人生とはこんなに暇なのか!!」と驚いているくらいです。
勉強は本日から再開しますが草刈やベンチ修理はまだまだのようです。
本当に励ましのコメントありがとうございました。

 

|

« (27.5.17) 中国経済の大凋落 後はFRBや日銀並みの金融緩和しかない!! | トップページ | (27.5.19) 関ヶ原の戦いに橋下三成敗北  大阪は古都を選択 »

評論 日本の経済 シャープの経営問題」カテゴリの記事

コメント

シャープの場合、
・複写機事業がもし外国の手(サムスン等)に渡れば、キャノン・リコー・富士ゼロックスの経営がやばくなる(かつての電機メーカーのようになる)
・中小型液晶がもし外国の手にわたれば、ジャパンディスプレイの経営がやばくなる
この2つがあるから、単にシャープ1社の問題ではない

投稿: gsa | 2015年5月18日 (月) 07時44分

どんな会社も馬鹿な独裁裸の王様がアホをやらかすと後は大変ですね。

腹を括って再出港, 前途多難は覚悟して順風に賭け出航です。 船内修羅場でしょうが何とかこのタイミングに賭けるしかないでしょう。

尚 また余計な事申し上げ恐縮ですが, 帆船は逆風でも舵を当て帆の操作もして進路を仮に進行方向左右に振りながら目的地に向かって進行可能です。 昔の千石船も勿論やってました。 ただ千石船の場合船体強度, 特に舵 操舵部が内海航路向けで外海太平洋の猛烈なシケにでも逢うと遭難ということでしたが.....。

そんなことにならないよう 航海の一路平安を祈るばかりです。

投稿: 絶望人 | 2015年5月18日 (月) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.5.17) 中国経済の大凋落 後はFRBや日銀並みの金融緩和しかない!! | トップページ | (27.5.19) 関ヶ原の戦いに橋下三成敗北  大阪は古都を選択 »