« (27.5.23) ブログのアクセス数400万件突破にあたって 頑張れる限りは頑張ろう!! | トップページ | (27.5.25) 韓国経済の凋落と日本へのラブコール しばらく従軍慰安婦のことは言わないから助けて!! »

 (27.5.24) 中国成長の時代の終わり  不動産が売れず、今度は自動車もスマートフォンも売れなくなった

21221_023

  中国が1990年代の日本にますます酷似してきた。あの停滞の20年間のことである。
不動産は全く売れず不良在庫が積み上がり、ついに自動車販売もマイナスに転じ、スマートフォンも販売不振に陥った.
中国が最後のフロンティアと思っていた企業に激震が走っている。自動車産業界は中国への投資の見直しに迫られ、サムスンが中国から撤退するのも時間の問題だ。
中国は長期停滞に入ったのである。

注)中国経済の停滞については過去に何回も記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-cd7f.html

 中国人にとって主要な消費支出とは金持ちは住宅支出、中産階級は自動車、そして貧乏人はスマートフォンの購入だがいづれも販売がさっぱりになっている。
住宅については従来から販売不振でいたるところに鬼城と称するゴーストタウンができていたので驚くこともないが、今度は自動車もスマートフォンも売れなくなった。

 15年4月の新車販売実績は対前年比▲0.5%の約200万台だった。中国では自動車販売は13年度16%、14年度10%あまりの成長をしていたが、ついにマイナス成長に陥ってしまった。
月に200万台ベースが続くと年間では2400万台で、生産能力が3000万台と言われているので作れば作るほど在庫がたまることになる。
ここ数年自動車会社は積極的な投資を行ってきたが、完全に裏目に出そうだ。あとはどのようにして業界を再編するかということになり、中国自動車産業の成長の時代は終わった。

 同じく成長がストップしたものにスマートファンがある。アメリカの調査会社の発表では15年1~3月期の販売は▲4.3%になった。過去6年間破竹の勢いで伸びてきたスマートファン市場にも異変が発生している。
シェアも激変しておりアップルシャオミが健闘し、一方サムスンレノボが後退した。特にサムスンの凋落は著しく前年は20%程度のシェアだったが今年になって10%まで落ち込んでいる。市場が縮小しその中で特にサムスンが追い出されており、サムスンの中国進出は完全に裏目に出はじめた。サムスンは韓国にとって国家も同然の存在だから中国市場での失敗は致命的になりそうで、パク・クネ大統領の中国シフトは戦略的に失敗した。

 中国が停滞客面に入ったことは明白でそれは1990年代の日本と同じようにジワリとボディーブローが効いてきたという感じだ。。
中国のGDP統計は相も変わらず7%成長をうたっているが、「何も売れないのにどうして成長しているのだろう」と小学生ですら疑問に思っている。

 中国の景気後退は日本のバブル崩壊と似ており、アメリカのリーマンショックのようなこの時この場というような明確な出来事があったわけではない。
地方政府は無理に投資平台を通じてインフラ投資を繰り返したが、ちょうど日本の第三セクターとおなじですぐにこうした組織をつぶすわけにいかない。
責任問題を回避しようとすれば税金の新たな投入で延命するほか手はなく、一見何事もないように見えるが内部が腐っていく。
日本の老人病棟とおなじで点滴と胃ろうだけで生命だけは維持している。

 日本の経験でも停滞の20年間に不要の道路や飛行場や港や橋を作りまくっていたが、今度はその維持費で根を上をげることになる。
維持費の捻出に苦慮するようになって始めて地方自治体は第3セクターの失敗を認めるのだ。
この千葉では「上総アカデミアパーク」や「千葉モノレール」が倒産した(千葉県等の自治体が債権放棄した)。
そこまで追い込まれて初めて問題が表面化するので事態の悪化はかなりの時間隠しおおせることはできる。

 だが、バブル崩壊後の世界はどこも同じで特に中国だから特殊だということはない。不動産は全く売れずただ値下がりし、自動車販売は停滞し成長産業と思われていたスマートフォンも購入できなくなるだけだ。
中国の成長の時代が終わったと思えばいい。

|

« (27.5.23) ブログのアクセス数400万件突破にあたって 頑張れる限りは頑張ろう!! | トップページ | (27.5.25) 韓国経済の凋落と日本へのラブコール しばらく従軍慰安婦のことは言わないから助けて!! »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

中国の無人の鬼城はテレビでも放映されていましたが自動車スマートフォンまで売れ行きが落ちているんですか。

「他人の不幸は蜜の味」 とか 「他人の不幸ほど面白いものはない」 とか面白がり揶揄するには日本へのトバッチリもあるわけで, まあ ご愁傷様ぐらいにいっておくべきかとは思いますが, それでも中国とその追随国家あの属国の憎たらしいこと今溜飲が下がる思いです。

最近中露蜜月などとマスコミ報道ですが世界の嫌われ者同士, でも中国はシベリアは固有の領土といってるんですからこれからが見ものです。
ロシアとは安倍さんウマがあってるみたいですね, ロシアとはもっとお近づきになりたいものと思います。


投稿: 絶望人 | 2015年5月24日 (日) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.5.23) ブログのアクセス数400万件突破にあたって 頑張れる限りは頑張ろう!! | トップページ | (27.5.25) 韓国経済の凋落と日本へのラブコール しばらく従軍慰安婦のことは言わないから助けて!! »