« (27.5.13) 失敗記 ほとんど失明しかけた。 原因は・・・・・ | トップページ | (27.5.15) 人口低減地帯のアパ-ト建設はマルチ商法  家主がカモになる仕組み!! »

(27.5.14) 日本の医療水準は世界最高 日本の絶対の切り札になれる

Image

 今回入院をして見て日本の医療体制の素晴らしさを再確認してしまった。
私が入院したのは千葉メディカルセンターといって千葉市ではとても著名な総合病院だが、かつては川鉄病院といっていた。それが名称も変えまた病院を新築して名実ともに千葉市の総合病院になっている。

 新しいだけに設備はとても立派で高級ホテルといったら言い過ぎだが、並みのビジネスホテルでは及びもつかない設備だ。
看護師のマナーもとてもよく訓練されていて何かJALやANAのアテンダントのような雰囲気さえある。

 意外だったのは病室にかなり空きがあったことで4人部屋と2人部屋と個室が用意されているが、入っていたのはほとんどが4人部屋でそれも3人程度が普通だった。
30年ほど前に中耳炎の手術で順天堂大学病院に入院した時は、8人部屋だったがなかなか部屋があかずずいぶん待たされたものだ。

 今回私は目の原田病という病気で入院したのだが、検査を含めて4泊5日の入院になった。食事はとてもおいしくまた量も適切なのでここで食事療法をしたらいっぺんに健康になるだろう。肥満の人には最適だ。

 私は従来から日本の成長産業は医療産業でそれも外国から金持ちの患者を受け入れて治療させるべきだと言ってきたが、それが日本が世界で最高に裕福で幸福になる手段だと確信しているからだ。
日本の医療水準は紛れもなく世界一で私の原田病なんかも苦も無く対応してしまう。
技術的にはアメリカが一番だがアメリカの医療はお金持ちの人だけの医療で貧乏人は蚊帳の外だ。オバマ大統領が苦心惨憺してオバマケアを導入しようとしても保守派の反撃でことごとく骨抜きになっている。3分の1の約1億人は医療もないに等しいのがアメリカの現実だから、国民皆保険の日本に足元に及ばない。

注)オバマケアの実態は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/2462-d8e2.html

 それが何でわかるかというと男女の平均寿命を比較してみるとすぐわかる。トップは常に日本でそのあとにオーストラリア、イタリア、シンガポール、スイス等が長寿国として並んでいるがこれが実質的な医療大国の順位とほぼ比例する
日本は紛れもない世界最高の医療大国なのだ。

注)人類種の生存期間がほぼ一定と仮定すると平均寿命の違いは医療体制の相違になる。

 だからこの設備もスタッフもそろっている日本に外国の患者はあこがれているが、残念なことにそうした患者の多くはアメリカに行ってしまう。最大の理由は言語であって、日本では英語を含め外国語を自由に話す病院スタッフはほとんどいない。
これは今までの医療が日本人だけを相手にしてきたからで、日本語以外を使用する必要がなかったからだ

 だが外国から病人を受け入れるとなるとどうしても医療通訳が必要になる。
こうした時すぐにドクターや看護師に英語研修をさせればよいと考える人がいるがそれは止めた方がいい。
医者や看護師には日本の医療を世界水準に高めてもらわなければならないのだから、そうした人が語学研修をするなどは時間の無駄だ。
それにいくら頑張っても日常会話以上の英語力を獲得することはほとんどない。
患者がパニックになって騒いでいる時にそれを聞きわける能力などまず期待できない。
もう少しゆっくり話してください、それも標準語で!!」なんて言っていてはおしまいだ。

 そこで医療通訳スタッフが必要になるのだが、幸いにそれが期待できるのが帰国子女だ。現在日本では毎年1万人以上の帰国子女が帰ってくるのだが、評判はあまりよくない。日本社会に溶け込めないというのがその最大の理由で結果的に日本を離れていく人が多いが、これは適切な職場が用意されていないからだ。

 帰国子女の最大の能力はバイリンガルだということだから医療通訳のはもってこいだ、患者が叫びまわっても内容を理解できるし外国人の心も読める。世界最高の医療スタッフとバイリンガルの帰国子女が組み合わされれば日本は間違いなく世界最高の医療大国になれ、それだけで日本人は十分な職場が確保され食っていける。
こうしたシステムをぜひとも導入を進めてほしく、絶対の成長産業になるのだからベンチャー精神の旺盛な人が立ち上がってほしいものだ。

(読者の方からとても興味深いコメントがされたので転載しておく)

(その1)


 医師の英語力ですが, 娘の場合中学高校がプロテスタント系女子校で外人の先生方, それもアメリカから派遣され日本語がほとんどできない方の授業もありチンプンカンプン, 一時限終わってからやっと言ってた意味が分かった, などという授業もあったように聞いたことがあります。
 ここの卒業生の進学先は医学部, 医大も多いのですが進学後は重宝されて, また本人達の外人を特殊視しない認識もありアルバイト先は勉強を兼ねて外国人が多く来る病院を選んでたようです。 

 六年間学んだあと進学した大学院の博士号論文も勿論英語です。 また博士号取得条件の一つは海外の医学誌に二つ以上本人が筆頭発表者で論文が記載されている事, つまり広く海外の批判評価に耐え得る人材であることでした。 アメリカに呼ばれ発表会で説明を求められたこともありましたよ。 英語で質疑応答です。

 大学では相当厳しくやられたらしく, 教授や助手の先生方には「お前学校で英語の勉強してきたか」, とこき下ろされて家で泣いてましたよ。
医学部はどこも文系マスプロ大学教育と違い一学年100人ほどの極めて少数, 徒弟制度的教育です。 語学数学物理化学の一般教養科目も徹底しています。 

 留年者, それも二年三年留年する者も続出, あげく国家試験に合格しなければ医師の第一歩も踏み出せません。
日本の医学教育は厚生省の大変厳しい監視下にあり私立大学も含めレベルの高さは相当なもので, 英語での応対ぐらいはほとんどの方がやれるはずです。

 大丈夫だと思います。 外国人の受け入れはほとんどの大手の病院はやる覚悟の問題だけだと思います。

(その2)

 私は海外在住だからあえて指摘させていただきます。そのほかに、飲み水、食べ物、空気が日本とはかなりちがいます。わたしは、日本人の長寿は綺麗な水、空気を吸った野菜中心の食べ物にあるのではと思っています。

 また、日本の医師ですが、残念ながら、僭越ながら英語力は大したことないと思います。でも通訳がいれば大丈夫です。海外では日本の通訳がいる病院がたくさんあって、日本人を診断しています。
 実 際、日本の医学の水準は、わたしの考えでは保険が効く分野ではレベルが高いと思います。但し、保険が効かない先端医学では残念ながら遅れていると思います。もちろん、例外もあるでしょう。脳外科の手術とかになると、もう手先の器用さと医師の患者への愛情の問題ですから。本当にお金をかけた先端医療では日本は遅れていると反駁をさせていただきます。


|

« (27.5.13) 失敗記 ほとんど失明しかけた。 原因は・・・・・ | トップページ | (27.5.15) 人口低減地帯のアパ-ト建設はマルチ商法  家主がカモになる仕組み!! »

評論 日本の経済 経済成長 医療分野」カテゴリの記事

コメント

お元気になられて良かった。
ストレート剛速球の論文が戻ってきたことに大きな喜びを感じます。 眼は勿論お体にも気をつけられ無理のないようにお願いします。

医師の英語力ですが, 娘の場合中学高校がプロテスタント系女子校で外人の先生方, それもアメリカから派遣され日本語がほとんどできない方の授業もありチンプンカンプン, 一時限終わってからやっと言ってた意味が分かった, などという授業もあったように聞いたことがあります。
ここの卒業生の進学先は医学部, 医大も多いのですが進学後は重宝されて, また本人達の外人を特殊視しない認識もありアルバイト先は勉強を兼ねて外国人が多く来る病院を選んでたようです。 

六年間学んだあと進学した大学院の博士号論文も勿論英語です。 また博士号取得条件の一つは海外の医学誌に二つ以上本人が筆頭発表者で論文が記載されている事, つまり広く海外の批判評価に耐え得る人材であることでした。 アメリカに呼ばれ発表会で説明を求められたこともありましたよ。 英語で質疑応答です。

大学では相当厳しくやられたらしく, 教授や助手の先生方には「お前学校で英語の勉強してきたか」, とこき下ろされて家で泣いてましたよ。
医学部はどこも文系マスプロ大学教育と違い一学年100人ほどの極めて少数, 徒弟制度的教育です。 語学数学物理化学の一般教養科目も徹底しています。 

留年者, それも二年三年留年する者も続出, あげく国家試験に合格しなければ医師の第一歩も踏み出せません。
日本の医学教育は厚生省の大変厳しい監視下にあり私立大学も含めレベルの高さは相当なもので, 英語での応対ぐらいはほとんどの方がやれるはずです。

大丈夫だと思います。 外国人の受け入れはほとんどの大手の病院はやる覚悟の問題だけだと思います。

投稿: 絶望人 | 2015年5月14日 (木) 10時01分

>>注)人類種の生存期間がほぼ一定と仮定すると平均寿命の違いは医療体制の相違になる。

わたしは海外在住だからあえて指摘させていただきます。そのほかに、飲み水、食べ物、空気が日本とはかなりちがいます。わたしは、日本人の長寿は綺麗な水、空気を吸った野菜中心の食べ物にあるのではと思っています。

また、日本の医師ですが、残念ながら、僭越ながら英語力は大したことないと思います。でも通訳がいれば大丈夫です。海外では日本の通訳がいる病院がたくさんあって、日本人を診断しています。
実際、日本の医学の水準は、わたしの考えでは保険が効く分野ではレベルが高いと思います。但し、保険が効かない先端医学では残念ながら遅れていると思います。もちろん、例外もあるでしょう。脳外科の手術とかになると、もう手先の器用さと医師の患者への愛情の問題ですから。本当にお金をかけた先端医療では日本は遅れていると反駁をさせていただきます。

投稿: NINJA300 | 2015年5月15日 (金) 18時29分

一年近く前の記事ですが気になったもので書かせていただきます。

現在医療職についていますが、看護師・医者の確保の難しさに経営陣は頭をかかえています。
特に地方の医療従事者不足は深刻で、看護師の給料を都市部より引き上げたり、学生への支援を数百万単位で打し募集をかけますが定数に届きません。
観光医療の推進には賛成ですが、観光医療で潤うのは外国人観光客が多くアクセスしやすい都市圏です。地方の地域医療の貧困に繋がりかねないと危惧します。

医師会の利権があるので何とも言えませんが、①医師数の増加②麻酔看護士などの設置(医師の独占業務の一部解放)が観光医療推進より先に必要と思います。
国益や成長戦略の重要性も理解できますが、現状では医療で需要を呼び込む段階ではないと思います、日本人を尊重できない国策は医療職に就いている身としては受け入れ難いものがあります。

投稿: うねび | 2016年2月21日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.5.13) 失敗記 ほとんど失明しかけた。 原因は・・・・・ | トップページ | (27.5.15) 人口低減地帯のアパ-ト建設はマルチ商法  家主がカモになる仕組み!! »