« (27.5.5) ぼくんちの隣のパクおばさんが病気になった!! | トップページ | (27.5.7) よかった、日の丸半導体もよみがえってきた。 ルネサスの復活 »

(27.5.6) 国際組織は張り子の虎 ADBもAIIBも実際はたいしたことがない!!

22511_014 

 国際機関
というものは見てくれと中身が相違しており、外形だけで判断すると失敗する。国連などはその最たるもので総会などの決議を各国は守る義務はない。守らなければならないのは安全保障理事会の決議だけで、しかも常任理事国には拒否権があるから実際は常任理事国五か国だけが取り仕切っているのだ。見てくれと相違して国連は5か国のものに過ぎない。

 最近中国がAIIB(アジアインフラ投資銀行)を設立すると表明したものだから国際金融機関の在り方が急に脚光を浴びた。アジアにはすでにアメリカと日本が主導しているADB(アジ化開発銀行)があるので、中国がAIIBを引っ提げて国際金融に躍り出ようとしているとアメリカと日本は見ている。
実際その通りなのだが国際金融機関の役割を見てくれで判断すると失敗する。
私は今回ADBバランスシートを見てびっくりしてしまった。

 ADBの公表の出資金などは1000億ドル(12兆円)で全員が払い込んでいるのかと思ったら実際は1兆円程度しか払い込まれていない。多くの国は融資を受けることだけ期待して実際に出資金を払い込まない。
14年6月のバランスシートを見ると、自己資金が175億ドル(約2兆円)で債券発行による借入金が630億ドル(7.5兆円)、これで融資を532億ドル約6兆円)、投資を253億ドル(約3兆円)行っていた。

 これがどの程度のものかというと日本最大の三菱UFJの融資残高は約100兆円で、海外融資だけでも約30兆円もある。地銀の雄の横浜銀行の貸出金が約10兆円だからその3分の2程度の規模だ。
なんだ、ADBも国連と同じ肥満体質か!!」驚いた。
ADBの総会で麻生財務相が「ADBの融資金を今後1.5倍に上げて年に約2兆円にする」と演説していたので、私は最初数字が違うのではないかと思ったが正しい数字だった。
現在の実際の出資金からしてどう頑張っても年間2兆円程度が限度なのだ。

 そこで中国が大々的に打ち上げているAIIB についても同じ事がいえそうだ。当初の出資金は500億ドルだそうだが、支払いをするのは中国と一部先進国で、集めても50億ドル(約6000億円)程度がいいところだろう。これに伴って発行できる債券は3兆円程度だから最大頑張っても融資はその範囲だ。

 アジアのインフラ投資は年間100兆円が必要と言われているが年間でADBが対応できるのは2兆円、AIIBが可能なのは1兆円程度(いっぺんに3兆円の融資をしたら次年度からは何もできなくなってしまう)と推定される。
「こりゃ思いのほかせこい話になってきたな・・・・・・」

 世界的組織というものは名前が知られているほどには実力がない。感じとしては室町幕府並みで実際は実力のある数か国が世の中を仕切っているのだ。
IMFはアメリカが、ADBは日本が仕切っており、そしてAIIBは中国がしきることになる。

そしてこうした組織はシャッポとして必要なだけで実際はアメリカなり日本なりがODA等で補完するのが普通だ。
実際アメリカのODAは年間3兆円であり、日本のそれは約1兆円だ。

今AIIB問題やADBの改革問題がかまびすしい。それはこうした組織が名前ほどの実力がなく、実際の役割が象徴的なものだからだ。
AIIBも多くの国が参加表明をしたが、払い込まれる出資金はわずかなものになる。結局中国一国が資金を引き受けてあとはたかりになるのだけれど、そのことが分かっていたのでADBなどは規模を拡大してこなかったという経緯を初めて知った。

 私は愚かにもADBやAIIBをその出資金の額で判断していたが、実際に払い込まれている金額は微々たるものでその結果活動も非常に制限されていることを今回知った。
以下の文章は世のマスコミと同じレベルで騒いでしまったが、冷静に見るとこうした国際組織の活動は言われるほど大したものでないことが分かる。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-6737.html



|

« (27.5.5) ぼくんちの隣のパクおばさんが病気になった!! | トップページ | (27.5.7) よかった、日の丸半導体もよみがえってきた。 ルネサスの復活 »

評論 世界経済」カテゴリの記事

コメント

いや何たることか、そうなんですか, そんないい加減な実態の伴わないものなんですか!!。 
大中国様がしゃしゃり出てこられたのでこういう世界組織はさぞかしご立派なもの, 日本はもう取り残されて落ち目の三度笠かと思い込んでおりました。
自分の無知蒙昧, 暗愚無能, 馬鹿さ加減を改めて強く強く確認させていただきました。

安心いたしました。 フランスの先のユダヤ人首相サルコジの憎々しいユダヤ顔を思いだし一人憤激しておりましたが, どの国もしたたかですね。
それにしても, それにしてもこの貴下ブログで教示いただき始めてその実態がわかりました。 何とあの無能な, 実態のほとんど無いに等しかった, 見かけ倒しの室町幕府並のカカシ的組織とは驚きました。

横浜銀行は経営内容がいい一流地銀ですがハマの中堅企業や個人には厳しい銀行として有名です。 内容がいい銀行とはこうしたものでしょうね。
AIIB銀行様もハマ銀みたいに余程ガッチリやらないとつぶれますね。 理事会も常設しないそうですからデタラメ経営が目にみえてますが。

投稿: 絶望人 | 2015年5月 6日 (水) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.5.5) ぼくんちの隣のパクおばさんが病気になった!! | トップページ | (27.5.7) よかった、日の丸半導体もよみがえってきた。 ルネサスの復活 »