« (27.4.5) 再び発生したJR北海道の車両火災  常に車両火災の可能性があるJR 北海道に未来はあるのか? | トップページ | (27.4.7) ピンチだ!!助けてほしい。クリーンクラブのカンパが集まらない!! »

(27.4.6) アメリカの新種のサブプライムローン 今度は自動車ローンで世界を欺こう!!


(タナタカさん撮影)

 またまたアメリカでは新種のサブプライムローンが発生しているという。今度のサブプライムローンは住宅ではなく自動車のサブプライムローンだそうだ。
2014年にアメリカでは自動車販売は1652万台という8年ぶりの高水準になったが、これは本来なら自動車など絶対に購入できない層に、年率27%という高率で融資を行っているからだという。

 なぜ27%もの高率の利回りになるかというと当初から返済が不能だからだ。
リーマンショック前のサブプライムローンのからくりは、返済不能な人でも住宅価格が上昇局面では住宅を販売しさえすれば返済ができて、さらにおつりがくるような状況だった。
お客さん、住宅は購入しさえすれば年率で5割ぐらいすぐ上がりますよ。27%の利息なんて目じゃありません。絶対お得です」なんて具合に販売していたが、それは住宅価格が右肩上がりに上がっていればの話で、反対に住宅価格が低下などしようものなら27%の利息を本当に払い続けなければならなくなる。

 住宅のサブプライムローンは住宅価格がピークを打った段階でそのビジネスモデルは崩壊した。次々に倒産者が出てサブプライムローンを最後に買って持っていた金融機関や投資家が大損をした。
あれから6年たち、今度は自動車のサブプライムローンがフィーバーしているという。
自動車ローンの規模は114兆円規模で、そのうちすでに2、4兆円が延滞になっている。比率にすると2%程度だからまだまだという感じもしないでもないが、問題は現在の自動車販売のかなりの部分がサブプライムローンになっているということだ。
お客さん、心配しないでも大丈夫です。金融機関はいくらでも金を貸してくれます。バンとこのピックアップトラックを購入しなさい」なんて感じだ。

注)住宅ローンによるサブプライムローンのトリックについてはクローズアップ現代で詳細に報告していた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-4cf2.html

 現在新興国経済はどこも不振で新興国に流れていた資金がドルに還流している。アメリカドルばかりが選好されているが、還流された資金は運用先を求めて徘徊している。住宅ローンもそうだが今一番の人気は自動車ローンだ。

 金融機関は前回と同様にディリバティブ商品にお化粧してこの自動車のサブプライム債券を売りまくっているが、金融緩和で資金はだぶついており高利回りに連れられて購入者があとを絶たないという。
まだ、大丈夫よ。今のうちにディリバティブ商品を買って上がったらすぐに売り抜けね!!」
市場規模は住宅の9分の1程度だから、リーマンショックの時のような倒産劇は起こらないだろうが、ミニバブルに対しミニショックが始まろうとしている。前回と同様のババ抜きゲームだ。

 アメリカの金融政策はバブルを持ってバブルをつぶす方式で、バーナンキ議長は異次元の資金供給で乗り切ったが、ここに来てその副作用が出はじめたのが自動車ローンのディリバティブだ。
世界も少しは学習してアメリカ発の自動車サブプライムローンに慎重にはなっているが、一方でその高利回りに魅せられて、ババ抜きに参加している金融機関や投資家もいる。
自動車ローンのディリバティブは住宅ローンのディリバティブに比較して崩壊が早い。なぜなら中古車が新車より高くなるようなことはないから、住宅のように高値で売り抜けないからだ。

 リーマンショックから6年再びアメリカは禁断の木の実を世界中にばらまこうとしている。


(別件1)私のブログの読者からブログで以下のお礼を掲載してほしいとの依頼がありましたので掲載します。

 
今朝(3日)、 我が家の次男が鎌取駅で7時20分頃 トイレに寄り 財布を忘れて来ましたが幸い財布は駅員さんへ届けられ、無事に手元に戻ってまいりました。
届けてくださった方は名前を告げずに去ったそうで次男はその方にお礼も申すことができませんでした。

 財布には住基カードや銀行カード現金等が入っており届けてくださった方へには 本当に 感謝です
息子は社会人に成り立で緊張のあまりミスをしたのだと思いますが、思いもかけない親切に遭遇いたしました。私の息子も今回財布を届けてくださった方のような周りの方へ優し人間になってほしいと思っております。
お名前が分からないため山崎さんのブログを借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

(別件2) カンパ募集中


 市民の財産は市民が守るおゆみ野クリーンクラブの活動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いしております。カンパは塗料、草刈のガソリン代、ベンチ補修のテスト用資材に使用いたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、カンパ依頼の具体的な内容は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-6213.html

 

|

« (27.4.5) 再び発生したJR北海道の車両火災  常に車両火災の可能性があるJR 北海道に未来はあるのか? | トップページ | (27.4.7) ピンチだ!!助けてほしい。クリーンクラブのカンパが集まらない!! »

評論 世界経済 アメリカ経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.4.5) 再び発生したJR北海道の車両火災  常に車両火災の可能性があるJR 北海道に未来はあるのか? | トップページ | (27.4.7) ピンチだ!!助けてほしい。クリーンクラブのカンパが集まらない!! »