« (27.3.11) 日独関係の再構築 互いに助け合おうじゃないか!! | トップページ | (27.3.13) 中国人民解放軍は張り子のトラ 習近平氏が吠えまくっている! »

(27.3.12)今年は頑張った! おゆみ野クリーンクラブのベンチ補修作業

P307100325

 今年(14年4月から15年3月)もずいぶん頑張ったと思う。
おゆみ野クリーンクラブベンチ補修事業のことである。今年から従来の防腐剤を塗る作業以外に古くて耐用年数が経過したベンチの台座を交換する作業を始めた。
今年は夏の道公園の17基のベンチの台座をすべて交換した。
今まで行ってきた清掃作業や防腐剤の塗布と違ってこの作業には相応の技術が必要になる。
少なくとも業者が行うレベルでないと公園事務所が許してくれない。

 当初はベンチの板をかえるだけだから何ということもない作業だと思っていたが、実際に始めてみると悪戦苦闘の連続だった。
ベンチなど座っている分には全く分からないが、補修をし始めると構造が微妙に異なっていることに驚く。
この街を整備したUR都市機構の人の話だと、URからは業者に「○○の機能を備えたベンチ」という発注をするのだが、個々の仕様については入札に参加した業者に任せているのだそうだ。

 一番異なっているのはボルトのベンチのとめ方で、大きく分けると背後に鉄板があって鉄板に穴をあけてボルトを通す方式と、背後に鉄パイプあってそこに上から穴をあけて強引にボルトをねじ込む方式がある。細かなバリエーションを言うとさらに多く分かれれる。
従ってベンチの補修を行う場合はボルトのとめ方をチェックして、それに合わせて行わなくてはならない。穴がこちらが用意したボルトより小さい場合は鉄板に大きな穴を開けなくてはならない作業が加わる。

 もう一つ消耗する作業に台座をはがす作業があるのだが、30年前にセットしたボルトのねじ山がつぶれていて、ドライバーでは全くはがすことができない場合が多い。
その場合は強引にハンマー等で台座をはがすのだが、体力の消耗は並大抵のことではない。
これは老人の仕事としては体力がついていかん」思わず座り込んでため息が出る。

 ベンチ修理は相棒のカーペンターオクさんと始めた作業で、オクさんは持って生まれた大工のような人だから嬉々として行っているが、私は現役時代パソコン以外に重たいものを持ったことのない身だから体がついていかない。
それでも二人で悪戦苦闘をしてなんとか軌道に乗ってきた。
最近はクリーンクラブの他のメンバーや公園の清掃団体が手伝ってくれており、さらに千葉市が開発した千葉レポというシステムで多くの参加者に参加を呼び掛けるまでになった。

注)正確に言うとこの作業はおゆみ野クリーンクラブと円卓会議から派生した緑の会議との共同作業になっている。

 参加者が増えると現地での試行錯誤が許されなくなって作業手順や道具のディリバリー等事前準備が必要になってくる。そうしないと作業途中で「これは難しいから今日は止めよう」なんてことになってしまうからだ。だから現在は事前にテスト的に対象の場所の台座の張替えを行ってみたりしてフィージビリティチェックを十分に行っている。
オクさん、今度のベンチの構造は複雑で初めての人には無理じゃないかい
そこは、我々二人でなんとかしよう」ほとんどベンチの専門家になってきた。

 ベンチの補修が終わると公園事務所に連絡してチェックをしてもらい問題がなければ一般に使用してもらう仕組みをとっている。
我々が行う場合は資材費で一基約1万円(私たちの経費は市からの住民支援事業費の補助18万円で行っている)で、労務費はゼロで行っているが、業者に頼むと一基7万5千円程度かかるのだそうだ。。
だから今回の17基のベンチを整備したが、この作業で約110万円市の経費の節約になったことになる。
これは住民参画の市へのプレゼントだ。

 将来的にはNPO法人等を立ち上げて市から作業を受託する体制を取れればいいのだが、カーペンターオクさんが定年退職するまではまだ10年程度あり、また私はその時は78歳になっているから生きているかどうかも怪しい。
当面はできる範囲でベンチの台座の張替えを行うこととして来年度は春の道公園の約20基の台座の張替えをしようと計画を立てている。

 こうしたベンチ補修作業は全国的に見てもすくなく、我々の作業は日本全体で見てもパイロット作業のようなものだ。自治体の予算が漸減傾向にある中で、住人の資産は自分たちで補修・維持管理するという仕組みがこれからはどこの自治体でも採用されるだろう。
おゆみ野クリーンクラブの作業はだからそうした動きのさきがけのようなものだ

 

 

|

« (27.3.11) 日独関係の再構築 互いに助け合おうじゃないか!! | トップページ | (27.3.13) 中国人民解放軍は張り子のトラ 習近平氏が吠えまくっている! »

ボランティア おゆみ野クリーンクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.3.11) 日独関係の再構築 互いに助け合おうじゃないか!! | トップページ | (27.3.13) 中国人民解放軍は張り子のトラ 習近平氏が吠えまくっている! »