« (27.1.1) あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 | トップページ | (27.1.3) プーチン大統領の歴史的愚策 クリミア併合と経済の大失速 »

(27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか

23126_012 

 「ナッツ・リターン」という流行語まで生んだ大韓航空元副社長チョ・ヒヨナ氏の航空機内での暴言と暴行はとうとうチョ氏の逮捕にまで発展した。
ニューヨークケネディ空港での離陸直前の大韓航空機ファーストクラスで、客室乗務員がナッツをチョ氏に袋のまま渡した事件である。
私などは袋で渡されることになれているので「何が問題か?」と不思議に思ったが、ファーストクラスにはボールに入れて渡すようにマニュアルに記載されているのだそうだ。

 チョ氏は40歳の副社長で大韓航空社長の長女だが、サービス部門の責任者になっていた。もちろんこれは肩書きだけで「少し愚かだが可愛い娘なので当たり障りのない部門の責任者にしておこう」という親心である。
しかし本人は自分がサービス部門の実質的責任者と勘違いしていたので、この航空機のサービス担当責任者を呼びつけ「あんたはマニュアルを読んだことはないのか」と叱責を始めた。だがそれだけで収まらず怒りが昂じて責任者を土下座させ、マニュアルを投げつけてその後離陸直前の航空機をゲートまで引返させてこの責任者をおろさせてようやく怒りが収まった。
私も立派に任務を遂行したわ」自己満足に浸っていたらしい。

 しかしこのマニュアルを投げつけられてあまつさえ下船までさせられ、どう見ても首になることが確実と確信したこの客室乗務員の責任者は韓国のテレビにこの事実を暴露した。
ここからがテンヤワンヤの大騒ぎになってしまった。
こんどは大韓航空の実質的なサービス責任担当常務が職員に対しチョ副社長がした行為を知らなかったことにするよう証拠隠滅を図り、さらにチョ氏の妹で姉思いの専務ヒョンミン氏31歳)が打った「姉を陥しいれた客室乗務員の責任者に復讐してやる」などというメールが暴露されて韓国あげての大騒ぎになってしまった。
国民は激昂し「財閥一族の横暴だ」と非難の大合唱を始めたため、世論に弱く法律無視の検察当局が動いた。

 検察当局は結局この姉を航空機航路変更罪航空機安全運航阻害暴行罪の容疑で逮捕したのだが、どちらもかなりのこじつけのように見える。
韓国では法律は世論によってどのようにも解釈されるが、「あまりに世論が激昂しているのでここは無理にでも逮捕してしまえ」という検察の意識が見え見えだ。
前者の航空機航路変更罪はハイジャック犯が航路を変更させて乗っ取りを図った場合に適用される罪で、そもそもハイジャックもされていないのに無理筋だ。
また後者の航空機安全運航阻害暴行罪は泥酔した客が乗務員やパイロットに絡んでどうにもならない時に適用される法律で、一方チョ容疑者は会社の内部の人間であり本人の意識は完全に仕事の一環だと思っている。

 だがそうした冷静な判断がかすむほど世論が激昂するのは深い理由がある。韓国社会は日本とは比較にならない差別社会で上位者は下位者を人間と思っていない。特に財閥の令嬢になれば雲上人であり、どのような暴言も暴力も許されると思っており実際に許されている。差別された人々の不満は心の内部に鬱積しており常に爆発の可能性がある。
今回のチョ容疑者の行為は普段から抑圧されていた民衆の怒りに火をつけた。

 通常の日本人は韓国社会の実態を知らないが、韓国は昔からひどい差別社会で日本でいう部落民が多数いてしかも部落民の間にさらに何層もの差別が存在している。
この差別のひどさにあきれた日本は日韓併合時1910年)、朝鮮にも日本と同様の四民平等社会を導入したが、これに最も反対したのが朝鮮の支配階級だったヤンパンである。
日本はけしからん、光輝ある我々と下賤の民を同じにするとは文明というものを全く理解していない

 日本はそれでも朝鮮社会を四民平等の社会にするように努力したが戦後日本から独立すると韓国は再び先祖がえりをしてひどい差別社会に戻ってしまった。韓国の女性が世界の売春婦の供給基地なのは最も下の階層の女性には売春婦以外の仕事につくことができないからだ。
だから今回の財閥令嬢に対する韓国国民の怒りとは抑圧され続けた民衆の怒りが爆発したものであり、そうなると韓国社会では手が付けられなくなる。
韓国には怨念が渦巻いており、それが今回は財閥一族に向かっているが、普段は日本に対して向けられる。本来はそうした差別社会を容認している韓国自身に問題があるのだが、自らを変えることよりも感情を爆発させることを選ぶのが韓国民といえる。


 

|

« (27.1.1) あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 | トップページ | (27.1.3) プーチン大統領の歴史的愚策 クリミア併合と経済の大失速 »

評論 世界経済 韓国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.1.1) あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 | トップページ | (27.1.3) プーチン大統領の歴史的愚策 クリミア併合と経済の大失速 »