« (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか | トップページ | (27.1.4) 年賀状騒動 申し訳ないが年賀状が書けない »

(27.1.3) プーチン大統領の歴史的愚策 クリミア併合と経済の大失速

23120_012 

 プーチン大統領
は年末の国民向け挨拶で「クリミアを編入したことは祖国の歴史に永遠に残る最も重要な偉業だ」と自画自賛したが、ちょうど同じころオバマ大統領は「4か月前までは誰もが天才と思っていたが(今は誰も思っておらず)、ロシアは戦略的ミスを犯した」とこき下ろした。

 プーチン氏としては世界史に残る偉業のつもりだったが実際はロシアを地獄の苦しみに追い落とした大失敗だったことが徐々に明確になってきている。
プーチン氏の最大の誤算は石油価格と天然ガス価格が暴落したことだが、国家予算の約50%が石油と天然ガスに頼っているのだからこれは痛い。
予算を策定した当時の想定価格は1バーレル約100ドルだったが今はその半分になっている。大げさに言えば年間予算の4分の1が消えてしまったようなものだ。

 もっともプーチン政権はここ数年続いていた石油価格の高騰で約4000億ドル相当の基金を積み立てたという。これはほぼ国家予算の規模に匹敵するので、まったく収入がなくても1年間は過ごせるし、プーチン大統領は大祖国戦争並みに「2年間、国民は我慢せよ」と国民に訴えた。
2年たったら何が変わるのか不明だが、そのころになれば「何かいいことがある」との読みのようだ。

 しかし現下のロシア経済は奈落の底に落ちていくような状況になっている。国立銀行が資金繰りにつまずいた大手銀行のVTE約2000億の資本注入を行った。ロシアの金融機関はアメリカや西欧の金融制裁を受けているから市場から資金調達することができない。
仕方なしにロシア政府が救済することになるが総額は2兆円程度を想定しているという。
実際はこの程度で済んだら御の字で、日本の金融機関の救済がそうだったように加速度的に金額は拡大するだろう(日本の場合は計算方法にもよるが20兆円を超える金額を結果的に投入した)。

 4000億ドルといっても現金で持っているわけでなく、かなりの部分を投資に回しているだろうから手持ちのドルはごく少ないと見ていい。実際ロシア政府は国有の石油や天然ガス会社にドルとユーロの供出を命じており、これは国立銀行にドルが実際はほとんどないことを例証している。
国家存亡の危機だ。お前たちの持っているドルとユーロをだせ。なんでもいいから隠さず出せ!!」

 物価上昇も激しく2014年度は前年比11.4%の上昇で、15年度はさらに上昇幅が拡大するだろう。モスクワではデパートで買い物ラッシュになっている。これはルーブルの価値が下がらない前に物を購入して、その後は物々交換で生活をしのごうとの庶民の知恵だ(現在は物が溢れてているので物とルーブルの交換になっているが、物がなかったエリツィン時代はドルとの交換だった)。

 経済は一旦落ち目になると当初想定した地点をはるかに越えて落ち込む。これは人間の心理が増幅されて恐怖感に駆られるからで、石油価格が落ち込むたびにルーブルは売られ庶民は何とかしてルーブルを持たない算段を駆使するだろう。
21世紀の時代に軍事力で他国の領土を掠め取る方法はやはり無理筋だったことが判明しつつある。国民生活が崩壊しては「ウラー」とばかり叫んではいられないだろう。
プーチン大統領はクリミヤ併合を歴史的偉業だとたたえたが、これはやはりオバマ大統領の言うように歴史的愚策だったといえそうだ。

注)ロシア経済がデフォルトか西洋への屈服しか選択肢がなくなったことは前に記載した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44368795/index.html

 

|

« (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか | トップページ | (27.1.4) 年賀状騒動 申し訳ないが年賀状が書けない »

評論 世界経済 ロシア経済 プーチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか | トップページ | (27.1.4) 年賀状騒動 申し訳ないが年賀状が書けない »