« (27.1.12) 経済はデフレだがGDPは大成長 中国統計局発表の不思議 | トップページ | (27.1.14) なぜ朝鮮は停滞の500年を過ごしたのか? そしてなぜ正確な地図が存在しなかったのか!! »

(27.1.13) 空家問題の解決はあるか? 大都市部と地方の異なる原因と対処法

23126_013 

 NHKスペシャル
空家問題を取り上げていた。今現在日本全国に約820万戸の空家があって、加速度的に増大しており20年後には3軒に一軒が空家になるという。
空家だらけだが特に過疎地域や古い郊外の住宅地には人が住まなくなって住んでいる人は引っ越しもできない貧乏人ばかりになると言っていた。

 私の住んでいるおゆみ野地区は近くのちはら台と並んで日本でもまれな人口増大地帯になっており、いたるところで新築住宅が建設されているので空家というイメージは少ないのだが、それでも注意してみると明らかに人が住んでいない家はある。
またアパートなどは半分程度の入居率でしかも移動が非常に激しい。

 日本で空家が増える最大の原因は人口が減少し始めているからで、人がいなくなれば空家になるのは当然だ。
特に地方都市では住民の高齢化が進んでおり今住んでいる人の寿命がその地方都市の寿命になりつつある。
元岩手県知事で日本創成会議の増田さんが「日本は2040年(今から25年後)には現在の半分の自治体が消滅する」と警鐘を鳴らしているが、本当に地方は後がない状況だ。

注)増田氏の警告は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-ebb2.html

 現在いたるところに空家が増大しているのだが、一方で新規住宅は毎年100万戸のペースで建設されている。
普通に考えれば空家は取り壊されて新築住宅が建設されると思うのだが、日本ではそうならない。
実は大都市部の空家問題と地方都市の空家問題は問題の所在が異なる。

 大都市部の空家問題の原因は税制問題で、固定資産税が家が建っていれば軽減税率が適用されて本来の固定資産税の6分の1になっているが、更地になれば6倍に跳ね上がる。
これは政府の持ち家政策支援の一環だが、このことが空家の取り壊しをできない最大の理由になっている。何しろ大都市部の固定資産税はばか高い。
私も自分の固定資産税が6倍になる金額を試算してみて驚いた。何か税金を払うために生きているようなものだからこれでは家の取り壊しはできない。

 おかげで東京23区の閑静な住宅街でも取り壊すことなく放置された住宅だらけになりつつある。今ではタヌキハクビシンの住処になっていて、こうした動物にとっては都心が最も居心地の良い住環境なのだそうだ。税制が野生動物との共生を後押ししている。
この特集に出席していた専門家の大学教授が「問題解決のためには軽減税率を止めるべきだ」といっていたが、これには賛成できない。
今固定資産税が6倍になって耐えられる家庭は数少なく、消費税増税以上のマイナスのインパクトを日本経済に与えるだろう。
日本経済に増税はご法度で家が建っていようといまいと軽減税率を適用するようにしないと都心の空家問題は解決しない。
都心では他に土地の有効利用が可能なので更地になれば売却も賃貸も可能になる。

注)昨年の消費税増税は思わぬマイナスの影響を日本経済に与えてしまい安倍首相は増税路線を放棄した。

 問題は地方の場合でこちらはたとえ更地にしても売ることも賃貸することも地方自治体に寄付することもできない。人が住まなくなっているので八方ふさがりなのだ。
もはや住宅地としての存在価値がなくなっており、出席者の一人が「別荘と割り切っている」といっていたが、それ以外の使用法はない。ただ放置された別荘はたちまちゴーストタウンのあばら家になってしまうから、結局はどうにもならない。

 地方の空家問題を複雑にしているのは地方自治体の公共サービスの問題があるからで、人がいないのに従来通りの公共サービスを続けることができなくなっている。
水道はいたるところで水漏れが発生し、道路は凸凹になり郵便局も農協もないから住むこと自体往生することになる。自治体の関係者がコンパクトタウンの説明をしてこれが解決法だと提言していたが、地方の高齢者がこのコンパクトタウンに移り住むことはないだろう。
通常は今までの家に居続け体が動かなくなれば病院に入ってしまうのが普通で、結局空家として放置されることになる。

注)コンパクトタウンは過疎地の住民を一か所に集めその場所だけに公共サービスを行い続けようとするプラン。現在地方ではこの計画が練られている。

 空家問題とは都市部では固定資産税の問題で、一方地方では人がいなくなる問題だから対処方法はそれぞれ異なる。
前者は税制問題だからそれを訂正すれば解決するが後者は本質的問題だからこの解決はほとんど不可能だ。
結局は地方は今住んでいる人の寿命がその地方の寿命になり、増田氏の言う通り2040年には半分の自治体が消滅することになるだろう。

注)私はこの解決には海外から移住者を受け入れることだと思っているが、これに対する反対意見が多い。

 

|

« (27.1.12) 経済はデフレだがGDPは大成長 中国統計局発表の不思議 | トップページ | (27.1.14) なぜ朝鮮は停滞の500年を過ごしたのか? そしてなぜ正確な地図が存在しなかったのか!! »

評論 日本の政治 人口問題」カテゴリの記事

コメント

最近 少々わけあって賃貸マンションについて記事を探していたところ…
Business Journal 1月8日配信_「100万円台でマンションが買える?すさまじい不動産相場崩壊」の記事を読み吃驚しました。
私の住む地方都市とか‥ばかりでなく東京周辺でも不動産価格の下落があるんですね。
日本の適正人口は8000万人くらいかなぁ〜と、根拠の無い妄想にふけっておりましたが、人口減少の現在状況が徐々に目に付くようになったのでしょうかね。
長期デフレの結果もあるのでしょうが。
> 楽韓web 2015-01/08記事「韓国でこれから起こる死のスパイラル、個人資産が極端に不動産に偏る社会で起きること」… で
韓国の不動産所有の状況を少しばかり知ったのですが、これには 正直呆れました。日本以上にひどい状況。
日本でも… まだ_抜き難い「不動産神話」があるのですが、せめて‥隣国のような状態では無いことが救いかも知れないなと 思いました。

投稿: M tanaka | 2015年1月13日 (火) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (27.1.12) 経済はデフレだがGDPは大成長 中国統計局発表の不思議 | トップページ | (27.1.14) なぜ朝鮮は停滞の500年を過ごしたのか? そしてなぜ正確な地図が存在しなかったのか!! »