« (26.12.31) 2014年は世界史の転換点だった。 日本の復活と中国の凋落 | トップページ | (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか »

(27.1.1) あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

22425_038

あけましておめでとうございます。


 こうして2015年の新春を迎えることができ、喜びにたえません。
皆様のご支持を得てこのブログは8年目を迎えております。アクセス数が365万を越え、私のような市井の一市民のブログとしては信じられないような数になり、望外の喜びとするところです。

 ブログの内容は主として経済と社会情勢分析ですが、今年も中国と韓国の経済・社会・文化分析を継続したいと思っております。
特に韓国についてはその文化と歴史についてより深い分析を心がけるつもりですが、「なぜ韓国は虚構の歴史を信じ日本非難を止めないのか」という視点がそのテーマになります。

 私は近い将来中国も韓国もその政体を大きく変化しなければならない時がくると見ていますが、その時までこのブログを継続できれば私の役割は終えたと言っていいでしょう。
かつてのソビエト・ロシアのように中国の共産党政権が崩壊し平和国家になるまで見つめていきたいと思います。

 今年一年また私のブログを読んでくださる方にあつくお礼を申し上げて、新春の挨拶にかえたいと思います。
なお年賀状の返事につきましては、本年からメールアドレスが明確な方には返事を出しておりますがそれ以外の方にはこのブログで新年の挨拶に変えさせていただいております。
ご了承ください。

 

|

« (26.12.31) 2014年は世界史の転換点だった。 日本の復活と中国の凋落 | トップページ | (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか »

システム ブログ ココログ」カテゴリの記事

コメント

韓国が日本を批判する理由(主に儒教と朱子学が原因)について、井沢元彦と呉という韓国の人との対談本が核心を付いていたと思います。本の題名は忘れました。

(山崎)井沢さんの本は常に読んでおりますが再確認してみます。

投稿: 内藤 | 2015年1月 1日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.12.31) 2014年は世界史の転換点だった。 日本の復活と中国の凋落 | トップページ | (27.1.2) ナッツ・リターンと韓国社会の深層 なぜ韓国人は感情を爆発させるのか »