« (26.12.25) NHK特集「消えた子供たち」 この問題は根が深い!! | トップページ | (26.12.27) 2015年日本が大復活する年 中国と韓国を蹴散らそう!! »

(26.12.26) ふるさと納税制度の拡充に合わせて私も北海道に恩返しをしよう!!

221210_031_2 

 私は毎年、元務めていた会社の忘年会に出席しているのだが、かつての同僚の一人が東京を離れて故郷に帰るという話をしてくれた。
彼の故郷は大分県の竹田市でかつて滝廉太郎荒城の月の構想を練ったといわれる岡城がある場所である。
大分県の内陸部の市で人口流出が止まらず、かつては4万人以上いた人口が2万人前後となり、さらに人口減少に拍車がかかっているという。

 同僚は普段は寡黙な人なのだがこの日は熱弁をふるった。
みんな、故郷が今危機を迎えている。人は減り私の故郷の竹田は老人ばかりになってしまった。父親が残した田畑は雑草が生い茂り牧草地みたいだ。この田畑は私のおじいさんが汗水たらして開墾したのに今はこのありさまだ。

私は竹田に帰ってこのおじいさんが開墾した農地を再生させる決心をした。それが私に残された使命だと思う。
君たちも故郷のために少しでも貢献してくれないか。
今はふるさと納税という制度があって自分が住んでいない自治体以外に税金を納めることができる。君たちに故郷があればぜひそうしてほしい


 私は「ふるさと納税」という制度そのものを知らなかったのでどんな制度か興味を持ったのだが、今回安倍政権地方再生の一環として「ふるさと納税制度の拡充」目指しているという日経の記事に目が留まった。
それによると従来ふるさと納税額は7万円程度の上限があったが、それを倍の14万円程度に引き上げるのだという。
また従来は確定申告をしないと自分が住んでいる自治体の地方税から還付されなかったが、15年度からは確定申告をしなくても自動的に地方税から引かれる制度になるのだそうだ。
ふるさと納税を受けた自治体からお礼の特産品が送られてくることもあるようで、この特産品目当てにふるさと納税に応じている人もいると聞いて笑ってしまった。

 今地方の衰退はとてもひどい状況にある。私は夏になると北海道を自転車や徒歩で旅行するのだが、そのたびに感ずるのはかつての開拓村が崩壊している様だ。
いたるところに廃屋があり、それもそのまま残されているので一層痛々しい。またローカル列車などは日に数本しか走ってないので、いったん下車などしようものなら半日近く何もない駅舎で待っていなくてはならない。
日本全体で人口減が始まっているが、地方の人口減は一層はなはだしく、街を歩いていても見かけるのは老人ばかりだ。

注)私は演歌のファンで「BS日本の歌」をいつもみているが、観客は老人ばかりだ。特に地方での公演はあたかも老人会のようだ。

 私は毎年北海道にお世話になっているのだからふるさと納税をするのなら北海道の市町村になる。こうしたふるさと減税の制度もそれなりの効果があるのだから、15年度はこの制度を利用して毎年お世話になっている北海道の自治体に税金の一部を振りわけようと思う。



 

|

« (26.12.25) NHK特集「消えた子供たち」 この問題は根が深い!! | トップページ | (26.12.27) 2015年日本が大復活する年 中国と韓国を蹴散らそう!! »

評論 日本の政治 地方政治」カテゴリの記事

コメント

山崎さん、初めてコメントさせていただきます。有吉小学校前に住むよぼよぼしたばあちゃんの吉武です。遊歩道をいつもきれいにしたいただいているのを いつもいつも感謝しております。お洗濯干しながらベランダからお見かけする時は 声にはだしませんが、ありがとうございまーすって叫んでます。

ブログもいつも拝見させていただいています。政治や経済や、世界情勢や私には難しいことが多くてミーハーの私は、難解な記事はさらっと読んでほとんど理解していませんが、四季の道とか地域状況などは 一緒に考えたり、楽しんだりさせてもらっています。

さて 今日 初めてコメントをどうしても入れたかったのは、私の大切な、恋しい、生まれ故郷竹田へ帰られる方の事が 故郷納税に関して書かれてあったからです。私の学年は今年が古稀にあたり 記念会とか故郷竹田で盛大に行われたりの世代ですので、記事の中の方はだいぶ若い後輩の方と思います。私は故郷を出てしまって、ただ恋しがるだけで行動を何も起こしていないし、また親までこちらに連れてきていまさら 帰る場所がどこにもなくなっているのですが、竹田に帰えられる方のお話はとてもうれしかったです。高校も二校しかなくて、きっと 同窓生だろうと想像しておりますが、人材不足の竹田、そして 耕作できなくなった農地への思いが 痛いようにわかりますので、彼にはありがとうと感謝の気持ちです。

深刻な、地方の荒廃の問題の話なのに 嬉しかったなんていう 感想はおかしいのですが、故郷に関する記事を、書いていただいたことを感謝して 投稿させていただきました。

暑い日も寒い日も ゴミ袋いっぱいに  四季の道を歩かれておられますが、 どうか ご自愛くださいますよう。

(山崎)吉武さんの故郷が竹田市と始めて知りました。とても素敵なコメントをしてくださり感謝いたします。

投稿: 吉武允子 | 2014年12月26日 (金) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.12.25) NHK特集「消えた子供たち」 この問題は根が深い!! | トップページ | (26.12.27) 2015年日本が大復活する年 中国と韓国を蹴散らそう!! »