« (26.12.22) 長柄町一周駅伝 今年も走ったけれど・・・ | トップページ | (26.12.24) 三国志の時代に突入した中国 習近平氏の虎退治が胡錦濤一派に及んだ!! »

(26.12.23) 史上初のマラソン詐欺が発生した。 東京荒川マラソン

23126_015 

 前代未聞のマラソン詐欺が発生した。12月21日に開催予定だった東京・荒川マラソンである。開催の二日前に突如開催が中止になった。1500名程度がエントリーし参加費はフルが4000円で、全体で500万円程度の参加費だったと主催者側は説明している。

 最近のフルの参加費用は1万円前後が多いので4000円と言うのは格安だが最初から詐欺を行う予定だったので安く設定したのだろう。
フルマラソンの開催で収益があがるか否かは、運営方法にかかっている。たとえば東京マラソンのように監視員がほぼ10mおきぐらいに並んでいると人件費が膨大になって、いくら費用をかき集めても赤字になってしまう。
赤字は主催者側が負担するのでよほど強力なスポンサーが付いていないと怖くてマラソン大会を開催できない。

注)マラソン大会は毎年大規模化しており1人1万円で3万人が出場するとすると3億円が集まることになるビックビジネスになっている。

 一方できる限り運営に人数をかけない大会を開催しようとするとどうしてもへき地での開催になる。監視員などほとんどいらないが今度は参加者が限られてしまうのでこちらは参加者が少なく閑散とした大会になり、後援している地方自治体の負担が増える構図になっている。
だからマラソンで地域おこしならともかく収益を上げることは非常に大変なのだ。

注)地域おこしの場合は自治体が赤字部分を補填している。

 今回突如中止になった東京・荒川マラソンにはいくつかの問題があるが、まずネーミングに問題がある。 
かつて東京・荒川市民マラソンと言う日本でも有数のマラソン大会があった。荒川の河川敷を走るのだが東京マラソンが開催される前までは東京の風物詩と言っていいほどの大会だった。
この大会が数年前に名前を変更し「板橋CITYマラソン」という名称に変わったため、「荒川マラソン」というビッグネームが宙に浮くことになった。今回「東京・荒川マラソン」を開催する予定だったというNPO法人黎明」はこの非常に有名なマラソン名を詐称している。

 また今回中止の理由を道路や会場の使用許可を申請しなかったためと説明しているが信じられない。これは最初から開催をする気持ちがなかったからで、規模の大きな大会では必ず使用許可が必要になる。
開催者がそれを知らなかったはずはなく、意図的に申請をしなかったのは参加費用をネコババするためにRUNNET等を利用して詐欺を働いたからだ。
黎明のホームページ等では1月以降参加費用を返済するとしているが、これも詐欺師の常套手段で返済されることはあり得ない。

注)大会エントリーには雑誌ランナーズが管理しているRUNNET等のエントリーシステムを利用していたが、過去にこのシステムを利用した詐欺は一件も発生していない。これからは大会の申し込みをするとときに信頼できる大会か否かのチェックが必要になってくる。

 
 さらに「黎明」というNPO法人は過去に一度もマラソン大会を開催した経験はなく、NPO法人の登録場所は詐欺師がよく使う架空住居だという。
ひどい話だがついにマラソン大会においても詐欺事件が起こったという記録すべき大事件だ。
今回のマラソン大会には私が所属しているちはら台走友会もっちゃんがエントリーしており、実際に大会現場に行って中止を知らされていた。

 今後この種の詐欺事件がさらに発生する可能性が高いのでランナーは注意をしなければならなくなった。RUNNETで募集していても募集主体が怪しかったらエントリーは見合わせるべきで、マラソンもリスク管理が必要な時代に入ってきた。

注)なお小規模で個人が主催する大会は道路申請許可等を取ることはしない。この許可を得るために莫大な時間と労力がいるからで、こうした大会はマラソン大会というネーミングは使用せず「遠足」等のネーミングを使用している。そうした個人が主催する競技は全国に多いが、こちらは趣味で行っているので参加費用は極度に安い。
 

 

 

|

« (26.12.22) 長柄町一周駅伝 今年も走ったけれど・・・ | トップページ | (26.12.24) 三国志の時代に突入した中国 習近平氏の虎退治が胡錦濤一派に及んだ!! »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.12.22) 長柄町一周駅伝 今年も走ったけれど・・・ | トップページ | (26.12.24) 三国志の時代に突入した中国 習近平氏の虎退治が胡錦濤一派に及んだ!! »