« (26.12.28) 大学入試改革より大学改革が先ではないか!! | トップページ | (26.12.30) 2014年を振り返って 今年の私の1年はこうして過ぎた! »

(26.12.29) ひどい体力の衰えだ!! 今日は目も見えなくなってきた!

211222_003 

 今年もまた一年がくれようとしている。私は今年で68歳なのだが今年はいっぺんに体にガタがきてしまった。自慢の身体のあちこちが悲鳴を上げている。
特にひどいのが耳で通常の会話をするのも不自由になっている。音声拡張器を使わないと相手が何を言っているのか分からない場合が多い。
通常は適当に答えているのだがまともな答えになっていないらしく、最近は痴呆を疑われている。
大変、お父さんがぼけちゃった!!」

 耳だけかと思っていたら左足の膝が痛み出し走ることができなくなった。駅伝などが近づき私がメンバーに入っている時は悲惨だ。練習はまともにできず本番は鎮痛剤を飲んで走るのだが中学生の女性にいいように抜かされていく。
先日の長柄駅伝では区間の記録が115名中110番だった。あまりのひどさに思わず天を仰いだがこればかりは如何ともしがたい。

 今日は今日でひどく右目が痛む。鏡を見ると赤く充血しており眼球を動かすとそのたびに痛む。視力もひどく落ちてきてブログを書くのも苦労する。通常の痛みと違っており本来はすぐに医者に駆け込まなければならないのだが年末で果たして医者がやっているだろうか。ひどく心配だ。

 こうして私の身体のあちこちが悲鳴を上げだした。68年間もどちらかというと酷使してきたのだから止むおえない面があるか、何か人生の黄昏を感じる。
それでもまだ世の中との接触はあり、今年の年末にカーペンターオクさんと近くの公園のベンチ補修をしなければならない。腐った木材を新品に取り換えて塗装をする作業だ。
体を鞭打ってのベンチ補修をすることになるのだろう

 また中学生に勉強を教えているのだが3年生は最後の追い込みに入っている。私もある3年生の受験対策に入っているが、目がしょぼしょぼしながらの教えは本当はかなり苦痛なのだ。それでも約束は果たさなければならない。
来年に入ると小学生にマラソンを教える予定がはいっているが、本人が全く走れないのにマラソン教室を開いていいものか悩んでいる。
本来はあっさりと辞退したのだが、こうしたボランティア教師はあまりいないのでこれも辞退することは難しいだろう。

 映画「たそがれ清兵衛」のような立場だが、今日は本当にブログを書くのも大変だ。一行書いては一息入れないと書くこともできない。
こんな状態でもう一年過ごせるのだろうかと悲観的になる。
思えば父親が脳梗塞をわずらい始めたのが68歳で、その後急速に痴呆が進んでいた。
遺伝的に体の賞味期限が近づいてきたみたいだ。

 ブログもいつまで書けるか分からないから書ける間だけは最後の力を振り絞って記載しておこう。そのうちぱたりと記載がなくなるかもしれないがその時は神様のお迎えの時だ。
今まで十分に生を楽しんだのだから文句を言うのは筋違いというもので、2014年まで生きて21世紀を知っただけでも僥倖というものだ。
そうは思ってみたが何とも気持ちの落ち込みは如何ともしがたい。

 願わくば花のもとにて春死なん そのきさらぎの望月のころ

|

« (26.12.28) 大学入試改革より大学改革が先ではないか!! | トップページ | (26.12.30) 2014年を振り返って 今年の私の1年はこうして過ぎた! »

健康」カテゴリの記事

コメント

今年一年、欠かさずブログを拝見させていただきました。
とても勉強になりましたので、感謝しております。
来年もご多幸とご健康でありますよう心よりお祈り申し上げます。

( 山崎)私の健康を心配してくださりありがとうございます。

投稿: さんぽ | 2014年12月29日 (月) 21時02分

あなたと同じ身体的衰え、もしかしたら頭脳的・知的持続力に疑問を持っている人に、どのように向き合っておられますか。
できる範囲で、できることをやってきたのではないのでしょうか。スーパーマンもいずれは、スーパーではなくなるのですから、そこをどのように、修復し、一方、自分に代わってカバーする方便を探って行くことも考えていくことも大事と思います。
一人でできる力は限られている。グループ、同志を増やしていくにはどうすればよいか、工夫しなさい、とは、90歳の人から最近アドバイスされたところです。その人も難聴で、スムーズな会話はできませんが、三鷹市での「居場所」作りをしていることを何とか説明し、理解してくれて、身近に理解者、同志をつくることが重要、がんばりなさいと励まされたところです。傾聴ボランティアをしながら、利用者側が傾聴しカウンセラーになるという逆転現象に遭遇、経験したものですから。
参考までに、お伝えします。秋田

(山崎)コメントをくださり感謝いたします。

投稿: 秋田 治 | 2014年12月29日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.12.28) 大学入試改革より大学改革が先ではないか!! | トップページ | (26.12.30) 2014年を振り返って 今年の私の1年はこうして過ぎた! »