« (26.10.26) やったぜベイビー 俺はカーペンター!!! | トップページ | (26.10.28) パク・クネ大統領と閔妃は一卵性双生児!! 事大主義の悲劇 »

(26.10.27) ちはら台走友会の秋の軽井沢合宿

Dscf6902_6

 今年も昨年に引き続き軽井沢でちはら台走友会秋の合宿が行われた。
この合宿の企画と手配をしてくれているのは、マッスルさんだがこの軽井沢にマッスルさんが務めている会社の寮があって、走友会のメンバーにも使用させてくれる。
中軽井沢のカラマツやクヌギやこならに囲まれたとても瀟洒な寮で、別荘地として最高のロケーションだ。

 今回走友会からはマッスルさんを含めて10名が参加した。この時期軽井沢は紅葉の真っ盛りで多くの観光客が押し寄せ、特に旧軽の商店街や雲場池周辺には人々が多かった。
昨年の合宿では白糸の滝から山越えをしたコースを選択したが、今回は軽井沢のゴルフ場の周囲の林道を走るコースになった。
土曜日(25日)の早朝にたって10時頃からJOGを開始したが、この時期の軽井沢はとても気持ちがいい。

 またゴルフ場の周辺も実に美しいカラマツ林が林立していて、時々カラマツの葉が頭に落ちてくる。約30kmを5時間程度かけてゆっくり走ったが冷気が心地よく肺にしみた。
走友会のメンバーは健脚の人が多いが、私は左足の脛が痛んでいたので走れるかどうか心配しながらのJOG になった。走ってすぐに痛みが始まったがしばらく走っているうちに痛みが感じられなくなった。
これは前から経験しているのだがどんな痛みもマヒしてしまえば痛みを感じない。

Dscf6914

 昔トランスエゾという北海道を縦断する競技で、足の小指の先が割れて肉が飛び出したがそれでも我慢して走っていると痛みが感じなくなるのを思いだした。
しかしこの場合はコツがあって一旦走りだしたら絶対に休んではいけない。休むとせっかく麻痺していた足や膝の神経が元に戻ってしまい再び走りだす時の苦痛は言語に絶する。

 今回13km地点にあったコンビニで小休憩をしたのだが、やはり麻痺させていた膝の感覚が戻ってしまった。
「もしかしたらまずいことになるのでは・・・・・・・」
予感は的中し走りだすと足が悲鳴を上げだした。しばらく走ればまたマヒが始まるのだが、それまでの時間がだんだん長くなる。
仕方ない、ここでリタイアしよう」とても残念だったがリタイアをして寮まであるいて帰った。

 翌日(26日)は早朝JOGに元気のいいメンバーが出かけ、昨日のスローJOGと異なり競争をして10kmを走っていた。私は残念ながらこれにも参加できなかった。
しかしこうしたこともあるものだ。特に年齢を重ねると体のあちこちにガタがくるのは致し方なく、この年齢で何もなく走れたら行幸といえるだろう。

 その後全員で軽井沢の別荘の中を自転車で周遊したがちょうど軽井沢マラソンが行われていて別荘地の中を走るコース設定になっていたため、いたるところで交通止めが行われていた。
この日は軽井沢の名門ホテル万平ホテルでケーキやナプキンパイを食べる計画だったが、この軽井沢マラソンで道路が封鎖されているためたどり着くのが大変で、別荘地の中を自転車を押して突っ切ることを余儀なくされた。
こうして今年も秋の合宿は終わった。毎年計画を立て寮の手配をしてくれるマッスルさんに感謝だ。

|

« (26.10.26) やったぜベイビー 俺はカーペンター!!! | トップページ | (26.10.28) パク・クネ大統領と閔妃は一卵性双生児!! 事大主義の悲劇 »

マラソン ちはら台走友会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.10.26) やったぜベイビー 俺はカーペンター!!! | トップページ | (26.10.28) パク・クネ大統領と閔妃は一卵性双生児!! 事大主義の悲劇 »