« (26.10.22) 中国金融機関への救済融資が始まった。 あの長銀と日債銀の時代!! | トップページ | (26.10.24) ドイツの苦しい選択  財政健全化かヨーロッパ経済の救済か!! »

(26.10.23) 香港の雨傘革命はアリの一穴になるか?

 Im000001

 香港の雨傘革命は成功するだろうか。21日には香港行政府と学生の間で話し合いが持たれテレビで中継されていたが、話し合いは双方が自説を述べただけに終わった。
話し合いが合意に達することがないことは最初から分かっていたが、私は話し合いが持たれたことに驚いてしまった。

 当初私は香港行政長官のリョウ氏は北京政府の犬だから北京政府の意向に従って警察権力で学生を蹴散らすと思っていた。実際天安門事件でもそうしたし、今も騒動が絶えないウィグルやチベットでは銃撃戦を行って反対者を射殺したり、裁判で死刑を言い渡したりしている。
だから民主的な選挙を求めて雨傘革命に参加している学生の将来についてどうしても不安感が先に立ってしまう。
君たち、後でひそかに逮捕されて一生牢獄生活になるかもしれないよ・・・・・・」

 しかし香港は北京とは違って報道の自由が保障されていたことが学生を後押しした。デモ隊と警察との小競り合いはリアルタイムで全世界に報道されるのでリョウ長官と言えども好き勝手に催涙弾を使用するわけにいかなくなった。
特にアメリカのケリー国務長官が「民主的な解決を望む」とくぎを刺しており、このアメリカの意向を無視するわけにいかない。

 特に中国ではこの11月に北京でAPECの国際会議が開催され、これを機会にこのところ低迷している中国の威信を回復させようと虎視眈々と狙っている。
それなのにもしアメリカがへそを曲げてAPECに不参加を表明し日本等が追随したらAPEC会議は崩壊してしまう。
それではソチでの先進8か国会議と同様だ。ソチでG8が開催される予定だったが、ロシアのクリミア併合やウクライナへの軍事介入に抗議して7か国がボイコットしたためにロシアはG8のメンバーから外されてしまった
ロシアはとても先進国とは言えない」ということだ。

 もしAPECで同じことが起こったら中国がアジアの盟主であることを世界が拒否することになり、習近平政権としたら最大の国際政治での汚点となる。
くそー、APECが終わったらあいつらを一人残らず強制収容所に放り込む、それまでの我慢だ」歯ぎしりする思いだろう。
独裁政権は反対意見を許さないから独裁制を維持できるのに話し合いなどをしては独裁政権の沽券にかかわる。
ソビエトロシアが崩壊したのはゴルバチョフが誤ってペレストロイカやグラスノスチを始めたからだ。

 果たして香港の雨傘革命は東欧諸国で起こったオレンジ革命の前触れなのだろうか。それとも天安門事件と同様な民主派弾圧の好機になるのだろうか。
前者だとソビエトロシアの崩壊になり、後者だと強権政治の再構築だ。
幸い香港は言論の自由が保障されているので中国本土と違って内容が世界に発信される。
この雨傘革命の動向は北京政府に跳ね返るから、どのような解決が図られるのか興味深々だ。

注)香港で選挙制度の民主化で学生が立ち上がったかの経緯は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-f197.html



 

|

« (26.10.22) 中国金融機関への救済融資が始まった。 あの長銀と日債銀の時代!! | トップページ | (26.10.24) ドイツの苦しい選択  財政健全化かヨーロッパ経済の救済か!! »

評論 世界経済 中国経済 政治情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.10.22) 中国金融機関への救済融資が始まった。 あの長銀と日債銀の時代!! | トップページ | (26.10.24) ドイツの苦しい選択  財政健全化かヨーロッパ経済の救済か!! »