« (26.10.9) 快挙だ!! おめでとう!ノーベル物理学賞受賞 | トップページ | (26.10..11) パク・クネ大統領のヒステリー 日本人なら法律を無視して逮捕せよ!! »

(26.10.10) ためしてガッテン 病気に勝つには筋トレをして体温を上げろ!!

18_035 

 昨日(8日)のNHK「ためしてガッテン」で大変興味深い番組を放送していた。
題して「取り戻せ免疫パワー 体温計で命を守る秘術」というのだが、老年になると体温が低下して免疫力が落ちるので、毎日筋肉運動をしていれば免疫力を維持できるとの内容だった。
前にも似たような番組があり、その時も「そうか免疫力と筋肉は強い相関関係があるのか」と感心したが、今回は免疫力アップのためには体温が必要だとの内容だった。

注)前回の「筋トレで免疫力UP]法についての記事は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-9384.html

 一般に鳥類は体温が高いのだがこれはいつでも飛び立てる準備をしているからだそうで、逃げなければ生きていけない動物の体温は高く、反対に象のような天敵がいない動物の体温は低い。だから「活動開始、いつでも逃げられる体制をとれ」が体温ということのようだ。

 ところが人間では天敵がいないことと、もう一つ老人になるにしたがって筋肉が衰えるため体温維持が難しくなっているという。
人間の体温維持の目的は逃げるためでなく、主として免疫細胞のリンパ球を活性化させるためで、リンパ球は体温が低いと動きが鈍くなる。ちょうど変温動物の動きのようになってしまい肺炎菌が現れても知らんぷりをしているので、老人の肺炎は急速に悪化するのだと言っていた。

 体温の維持は筋肉の中にあるサルコルピンというたんぱく質の働きによっており、これがATP(アデノシン三リン酸)に働きかけてエネルギーを放出するのだそうだ。
サルコルピンだとかATPなどと言われてもさっぱりだが、一種の筋肉発熱作用と言ってよい。
これが若い時にはよく働き、寒さにも抵抗力を持つのだが、年をとると筋肉がなくなるからさっぱりで、その結果免疫力低下に悩むのだという。

 またストレスが加わるとサルコルピンが活性化して体温を上げるが、私は現役のころ非常に不思議な体験をしている。私が担当していたシステムが夜中にトラブルを起こし、朝までに復旧しなければならいことがよくあったが、作業中は体中から汗が拭き出し冬の暖房の効いていない室内でランニングシャツ一枚で奮闘したものだ。
そうなんだ!!、体温はストレスで上がるんだよ・・・・・

 老人の体温低下はサルコルピンが少なくなったせいだが、これを人為的に増やす方法があるという。
それは日常的に筋力を強化しておくことで、筋肉もりもりの老人は免疫力が強く病気になりにくいのだそうだ。
だが通常は老人は運動などせず静かに座っているからますます筋肉が衰え、その結果サルコルピンの出が悪くなり免疫力が低下している。

 本音を言えば私はこの番組を見て嬉しくなってしまった。というのも筋トレは私の日課で毎朝鏡を見ながら体のふくれ具合をチェックしている。
私は頭が剥げているから年齢を隠しようがないがそれでも帽子をかぶってハゲを隠し、ノースリーブのパンパンのスポーツ着など着ると、遠くから見ると若者と見間違える。
筋トレは主として若く見せるためだけにやっていたのだが、実際は免疫力をアップして病気に強い体を作っていたことになる。

 

 


 

 

|

« (26.10.9) 快挙だ!! おめでとう!ノーベル物理学賞受賞 | トップページ | (26.10..11) パク・クネ大統領のヒステリー 日本人なら法律を無視して逮捕せよ!! »

NHK ためしてガッテン 老化予防法関連」カテゴリの記事

コメント

時折、体調や体力の自信が減ってきたというような記述をなされていたので、今回の記事を見てこちらも少しほっとしたような気がします。 アマチュアで行う運動というのは、何だかんだ言っても、健康や体調管理に通じているものだと思うので、過去の記録や他人との比較はあくまでモチベーションのひとつと捉え、気軽に運動を楽しむのが良いかと考えています。 

私も以前は、アメリカ人に混じり筋トレに励んでいましたが、筋肉の維持ってほんとうに時間が掛かりますよね。 ヨガやストレッチなど、ゆっくりと鍛えていく筋肉も重要かと思います。 

そういえば、近々、思い切って50マイル走に出てみようかと思うのですが、きちんと準備ができるか心配です。 先週久しぶりに26マイル(マラソンの距離)をなんとか走りました。 週に6マイルのペースで距離を上げていくと単純計算で4週後には50マイルまで到達する予定ですが、やはり無謀でしょうか。 数々のウルトラマラソンを完走してきた山崎さんに、大変関心しています。 

(山崎)通常練習の二倍の距離をレースでは走れます。50マイルを走るなら26マイルで十分です。無理に距離を伸ばすと足に負担がきますのでかえって危険です。
レース前に2本か3本25マイルを走っておけば完勝です。
   

投稿: Kota | 2014年10月10日 (金) 09時46分

おかげさまで先日50マイル走を完走することができました。 一応は、半分より少し多い30マイル程度を練習で走っておきましたが、当日はだいぶ不安でした。 25分間走って5分間歩くのを繰り返す、という走法を(山崎さんに尋ねた後)どこかのブログで学習していたのですが、トレイルの地形などもあってなかなかうまく実践できませんでした。 しかし、上り坂はほとんど歩くようにし、適度に休憩を入れることができたので、なんとかなったようです。 山崎さんの活躍に刺激されたことで今回初めてウルトラマラソンに挑戦してみることになったので、とても感謝しています。 そう遠くないうちに、100マイル走にも挑戦できるようがんばってみます。

今回の大会では、走者約300人に対して、食べ物や飲み物を用意してくれるボランティアの方が140人もいたそうで、走者としてはとても手厚いサポートを受けることができました。 アメリカ人のボランティア精神やチアリーダー精神には本当に関心してしまいます。 

(山崎)おめでとうございます。完走するととても喜びがわくものです。景色が抜群に良い場所だったのではないでしょうか。  50マイルが走れれば100マイルも大丈夫です。頑張ってください。

投稿: Kota | 2014年11月19日 (水) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.10.9) 快挙だ!! おめでとう!ノーベル物理学賞受賞 | トップページ | (26.10..11) パク・クネ大統領のヒステリー 日本人なら法律を無視して逮捕せよ!! »