« (26.7.7) イオンの格安スマホの初期設定で大騒ぎ SIMカードが見当たらない | トップページ | (26.7.10) 巨人サムスンの黄昏と韓国経済の不振 サムスンがこければ韓国がこける!! »

(26.7.9) 中国撤退ビジネスの隆盛 日本企業が逃げ出した。早く撤退しないと会社が倒産する!!

22619_0091

 毎日新聞が「隣人日中韓」というキャンペーン記事を掲載し始めた。その第一弾が「中国撤退ビジネスの活況」だったのには笑ってしまった。隣人との間が疎遠になっているということだ。
実際日本企業の中国撤退は怒涛のごとく加速化されている。
上場企業だけ見ても撤退数の推移は、10年に12社、11年に23社、12年に56社、13年に76社だが中小企業においてはほとんどが撤退モードに入っている。

 撤退の最大の理由は人件費の高騰や地代の高騰、それと中国政府の労働者保護政策の強化で中国ビジネスが完全に赤字体質になってきたことで、特に人件費の安さにつられて中国に進出した企業は全く経営が成り立たなくなっている。
かつて中国への進出を後押ししていたコンサルタント会社は今や、どうやって撤退するかのコンサルタント会社に変わってしまった。

 進出する時は散々リベートを支払わされたが撤退する時も実は容易ではない。外資系企業の撤退は地方政府の許可がいるし、今まで免除されてきた税金について返還を迫られる。さらに労働者へは退職金を支払わねばならないが1年あたり1か月分が相場だが、従業員がそれで満足するはずがない。
中国にいればいるほど赤字がまして会社が倒産してしまう。どうしたらいいんだ・・・・」企業が悲鳴を上げている。

 そこで現在編み出された方法が「チャイナ・プラス・ワン」という方法だ。中国以外にアセアンの賃金の安い国(フィリピン、インドネシア、ミャンマー等)に会社を設立してそこに生産を移すという方法だが、これが中国もその他の国もと思ったらお人よしすぎる。
これは中国から撤退するとコストがかかりすぎるので、形式的には中国に工場を残すが実質的に生産は賃金の安い東南アジアの国で行うということだ。中国にはガラガラの工場だけが残る。
こうして日本企業は中国から雪崩をうったように撤退しているが、これは日本企業だけでなく韓国も台湾もアメリカ企業も全く同じだ。

 残った外資系企業は中国国内に需要がある企業だけで自動車産業が典型だが、低賃金をあてにした輸出産業は総崩れになっている。日本は円高で輸出産業(ソニー、パナソニック、シャープ等)が崩壊したがその中国版が現在の「チャイナ・プラス・ワン」だ。
今や中国各地に鬼城というゴーストタウンだらけになってしまった。私は当初こうしたゴーストタウンは住宅地のことかと思っていたが、中国では工場進出を予定してショッピングセンターや従業員のためのアパートを際限なく建設したから、工場団地の周り全体が鬼城になってしまった。

 オルドスなどは100万都市を目指したが実際は2万人程度しか住んでおらず、オルドスの鬼城観光が名物になっていて、「あらこのビルには一人もいないのね、こんな立派な建物なのにもったいないわね」なんて観光客が景観を楽しんでいる。
映画のセットのように美しいが住んでいるのは鬼だけだ。

 ちょうど日本のバブル崩壊後のあの寒々とした景観にそっくりだから日本人にはおなじみの光景だが、中国はこの期に及んでも住宅や工場団地の投資を止めないから(これ以外に景気浮揚策がない)、ますますバブルは膨らみ収拾がつかなくなっている。
いまだに中国経済は健全だという評論家や経済学者がいるが、これは中国から媚薬を嗅がされた人物かまたは全くのアホであり、中国が日本が経験した失われた20年に突入することは時間の問題になってきた。

 毎日新聞社もそのことにようやく気が付きキャンペーン記事を掲載し始めたのは喜ばしいことだ。

注)今や中国経済については崩壊論争一色になりつつある。具体的には以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-a3c5.html

 


|

« (26.7.7) イオンの格安スマホの初期設定で大騒ぎ SIMカードが見当たらない | トップページ | (26.7.10) 巨人サムスンの黄昏と韓国経済の不振 サムスンがこければ韓国がこける!! »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.7.7) イオンの格安スマホの初期設定で大騒ぎ SIMカードが見当たらない | トップページ | (26.7.10) 巨人サムスンの黄昏と韓国経済の不振 サムスンがこければ韓国がこける!! »