« (26.6.10) パク・ケネ大統領の苦吟 金融危機になっても日本には頼りたくないわ、絶対!! | トップページ | (26.6.12) がんばれ、日本再生計画!  安倍首相の執念の取り組み »

(26..6.11) 認知症の早期診断・早期治療体制 本当に必要なのだろうか?

Dscf6783

 クローズアップ現代で初期認知症の診断を取り扱っていた。
現在では脳の血流状況や断層写真を見れば脳に委縮があるかどうかたちどころに分かり、初期認知症の診断がつくのだそうだ。
だが、問題はそう診断されたからと言ってどうにもならないのが実情のようだ。

 映像で紹介された女性の患者の場合は以下のようだった。
7年前(当時45歳)にこの女性は同じことを何度も繰り返したり、食べた食事のことを思い出せなくなって診察を受け、初期認知症との疑いがあると診断されたもののその時点では医療行為は一切受けなかったという。

 本人は不安感と絶望感に襲われ、1年後に専門医を訪れてアルツハイマー型認知症と正式に診断され、以後症状の悪化を抑える薬を飲み続けているという。
彼女の場合は1年間の観察措置の後正式に認知症と診断されたわけだが、その間の本人の不安感は並大抵のものではなかったと述べていた。

 現在65歳以上の6人に1人は認知症患者だが、初期の患者については医療体制が整備されておらず、どうしようもないのが実態のようだ。
そんな軽い認知症を見ている余裕はありません。こっちは重症患者の対応で精いっぱいです」というのが医療と福祉現場の実情らしい。

 政府はこの状況に危機感を持ちオレンジプランという早期診療・早期治療体制を17年度から実施する計画を立てている。
初期認知症患者に対しては医療行為より精神的ケアが必要で、それをコーディネーターが実施するという計画だそうだ。
これで万全です。我が国もイギリス並みの体制が整備されます」専門家がそう述べていた。

注)イギリスのスコットランドではリンクワーカーという制度があり、精神的ケアと医療行為と税務(認知症になると税金の免除がある)まで相談に乗ってくれる制度がある。

 何か万々歳のようだが私にはどうしてもこうした早期診断には疑問がある。
すでに広く実施されているがん検診について非常に苦い経験があるからだ。
私は毎年のように人間ドックを受けてきたが、その中に胃がんや肺がんや大腸がんの検査項目が含まれている。

 2年前だが私は人間ドックで「肺がんの疑いがあるので3か月ごとにCTスキャンを受けて確認するよう」に言われてしまった。
当初は何かの間違いだと思った。何しろ私はたばこは一切吸わず、ほとんど毎日のように運動していても何の支障もないからだ。
仕方なしに3か月に一回のCTスキャンを受けたが、2回目もただ「また来てください」という。

 そのころから精神が不安定になりだし、急激に肺のあたりに違和感が出てきて呼吸困難に陥ってしまった。毎日肺の周りが痛む。
私は肺がんを確信し人生の終わりの旅の計画を立て日本全国の神社仏閣をお参りした後、静かに人生を終わるつもりだった。
しかしその前に念のためセカンドオピニオンを受けておこうと、家庭医のカナイ先生に見てもらったら、肺に影など何もないという。
その言葉を聞いたとたんに肺の痛みは雲散霧消し呼吸困難もたちどころに解消してしまった。
なんてことない、いつものように精神的に病にかかっていただけだった。

注)この間の事情は前にブログに記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-bb82.html

 人間ドックを受診した病院では念のための診療を繰り返していただけだったが私はその間病気になってしまった。
私のような気の弱い人間はこうして精神的病になってしまう。
私が認知症の初期診断に懐疑的なのは、この宙ぶらりんの患者が圧倒的に多いと思われるからだ。

 私は人の名前を聞いたとたんに忘れるし、昨日何を食べたか覚えていない。100から7を引く計算などたちどころに間違えてしまう。
山崎さん、あなたは認知症の疑いがありますから3か月ごとに診断を受けてください」なんて言われたとたんに、心臓が早鐘のように鳴り出し痴呆老人になってしまうことは間違いない。
病気の半分は精神的病だ。

 肺がん騒動以来私は人間ドックを受診するのを止めた。行けば病人になるからだが、この認知症の早期診断もただ精神的病を増やすだけになるのではなかろうかと疑っている。

|

« (26.6.10) パク・ケネ大統領の苦吟 金融危機になっても日本には頼りたくないわ、絶対!! | トップページ | (26.6.12) がんばれ、日本再生計画!  安倍首相の執念の取り組み »

評論 日本の政治 医療行政」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、私はたとえ自分が認知症の疑いが見えても
主人に、気にしないでおいてと言ってます。
治療ができない病気を早期診断されてもどうしようもないと思っているからです。
知人に50代でアルツハイマーも発症した方がいましたが
進行を遅らせる薬を飲んでも、症状は進みます。

寝ている間に、呼吸が止まってもお互い30分、待ってから救急車を呼ぶルールも決めています。

長生きしている人を見ても、幸せそうだなと思う人って少ないです。
明日、何かあっても後悔しない生き方をしようと決めています。

投稿: yoko | 2014年6月11日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.6.10) パク・ケネ大統領の苦吟 金融危機になっても日本には頼りたくないわ、絶対!! | トップページ | (26.6.12) がんばれ、日本再生計画!  安倍首相の執念の取り組み »