« (26.6.2) ブログを記載して7年半 中国から毛嫌いされている!! | トップページ | (26.6.4) なぜ幼児は餓死しなければならなかったのか? 理玖君の悲劇 »

(26.6.3) 大学の同窓会 信州上田市 別所温泉

Dscf6659

 大学の同窓会が2年ぶりに開かれた。同窓会といっても私が属していた学科は30名程度の人員で、しかも当時は学生運動の真っ最中だったのでクラスのつながりはとても希薄だ。
大雑把に言って全共闘系と反全共闘系といったクラスわけになってしまい、今回集まったメンバーは反全共闘系だった仲間である。

 毎回集まるのは7名程度で今回は幹事のK さんが長野県出身だったこともあり、信州上田市の別所温泉に集まった。
私は温泉めぐりをする趣味がなかったので知らなかったが、別所温泉は長野でも指折りの歴史を持った温泉だと言う。
宿泊したのは臨泉楼 柏屋別荘と言う温泉宿だったが、明治時代に創業し、現在の建物は昭和2年に建設されたと言っていた。内装が非常に美しく調度品も優雅で日本の温泉宿としては一流だと言うことを温泉に詳しいTさんが説明してくれた。
温泉にも、もう一度行きたい温泉とそうでない温泉があるんだよ

 信州上田といえば真田一族の本拠地として知られているが、実はそれより以前奈良から平安、鎌倉時代を通じてここが信州の中心だったと言う。
上田に国分寺があることがその証拠だが、それ以上に私がびっくりしたのはここが鎌倉北条氏の一族が治めていた土地で、鎌倉時代に創建された神社仏閣が多いことだ。

 北条氏が全国制覇をしていく過程で全国に幕府の息のかかった守護職を設置したと歴史で習ったが、ここ信州上田は塩田北条氏という一族の勢力範囲だということをはじめて知った。
なかなか鎌倉幕府もやるじゃないか・・・・・・」感心した。
Dscf6686
(安楽寺の八角三重の木造の塔。国宝に指定されている)

 別所温泉の周辺には常楽寺、安楽寺、北向観音と言った古刹が在ってとても見所に富んでいた。安楽寺は信州最古の禅寺だそうで八角三重の木造の塔は唐様で国宝に指定されていたし、一方常楽寺は天台教学の道場として鎌倉時代に栄えたのだそうだ。
私はとても残念なことに仏教に関する知識も仏像や仏塔に関する知識もさっぱりなので「いや、実に古風でいいですねなんて当たり障りのない感想しか述べることができなかったが、こうしたことに詳しい元教諭のIさんが、しっかりと説明してくれた。

Dscf6731
(北向観音の境内)

 翌日は地元の観光バスに乗って塩田平の観光に出かけたが、一箇所無言館」という絵画館があり、ここには第二次世界大戦で若くしてなくなった画学生の絵が展示されていた。
なかには相当レベルの高い作品もあり、この人がこのまま生きていたら大家になったのではなかろうかと思わせる作品もかなりあった。

 作品の下にはその作者の経歴が書かれていたが、多くは1944年から1945年にかけて戦死しており、場所はフィリピンが非常に多かったのには胸が締め付けられた。
大岡昇平氏が「レイテ戦記」や「野火」で詳細に記述したただ消耗するだけのフィリピン戦線で、戦死率94%と言われた戦場に派遣された若者たちだ。
このような美術館があったこと自体驚きだが、日本の多くの若者がほとんど無駄死にと言ったような形で死亡せざる得なかったことに悲しみと憤りを覚える。

注)フィリピン戦線の惨状については大岡昇平氏が克明に描写をしている。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-432f.html
 この同期会は2年に1回開催することになっている。我々も70歳近くになるからそれまで自分が健康に生きているか不明だが同窓会に出れる程度の体力はのこしておきたいものだ。
 
 

|

« (26.6.2) ブログを記載して7年半 中国から毛嫌いされている!! | トップページ | (26.6.4) なぜ幼児は餓死しなければならなかったのか? 理玖君の悲劇 »

個人生活 同窓会」カテゴリの記事

コメント


名前: 戸井 穣


内容:
--------
ちば公園のベンチから に送られたコメントです。 遊歩道整備のリーダーからのコメントですが、縁を感じます。
                                                                ココ 


前略 お疲れ様です。いつもありがとうございます。お陰様で要約一歩大きく前進しました。これからが、一層大変だと覚悟しております。
花や木は植えれば自然に花や実をつける訳では有りません。千葉市の四季の道みたいに立派に成長するのは、幾多の管理などの賜物と思います。 孫たちが(おゆみ野小・中学校)でマラソン大会や各種のイベントに使用されていただいており千葉の孫たち宅にお泊りの際は必ず散歩させていただいております。「四季の道」みたいに、飯岡観光遊歩道となって、多くの観光客なり地元や近隣住民が利用して頂けるよう頑張ります。まだ、始まったばかりで、皆々様のご協力なくして実現できませんので今後とも温かなお気持ちでお手伝いをお願いい申し上げます。
向暑の折お体を大切に頑張ってください。今後ともよろしくお願い申し上げます。秋にコスモス・彼岸花・冬水仙.千両・春桜・夏カンナ・四季折々の花を咲かせたいです。ありがとうございました。    早々

(山崎)転送していただき感謝いたします。

投稿: 齋藤 晃 | 2014年6月 3日 (火) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.6.2) ブログを記載して7年半 中国から毛嫌いされている!! | トップページ | (26.6.4) なぜ幼児は餓死しなければならなかったのか? 理玖君の悲劇 »