« (26.6.14) シャープの大復活の予感 アベノミクスの効果とシャープのリターンマッチ | トップページ | (26.6.16) 秒読み段階に入った中国の不動産バブル崩壊 今そこにある危機 »

(26.6.15) なぜソニーだけが浮上しない? 悲しいほどの惨状・・・

Dscf6679

 悲しいほどの惨状だ。ソニーの決算状況のことである。赤字を垂れ流し続けて10年たっても一向に業績が上向かない。2000年といえば今から14年前だがソニーは栄華を極めていた。
当時株価は1万6000円で時価総額は11兆円だったし、アップルなど全く寄せ付けない強さだった。
それがその後のインターネットへの取り組みが遅れたこともあってずるずると後退をし続け、今では株価は1600円程度だから、14年間で企業の価値は10分の1まで下がってしまった。

 ウォークマンプレイステーションVAIOと言ったヒット商品を連発していたころの面影は全くなく、日本における最もさえない企業の一つになり下がっており、私などは家電製品の売り場に行ってもソニー製品を見たいと思うこともなくなった。

注)もともとソニー製品は他のメーカーの商品より高価で、また付属品もソニーの純正品を購入しなければならないなど不満があったが、それでもソニー製品を購入したのは魅力があったからだ。

 14年3月期は日本の家電大手はアベノミクスの円安効果で一斉に黒字転換したのに、ソニーだけは連結で1100億円の赤字だ。
懸命なリストラを行い持っていた資産のほとんどを売却してもこのありさまだから悲しいというよりあきれてしまう。

 いくら円安になっても業績が回復しないのはソニーに構造的な問題があるからだ。
ソニーの経営の足を引っ張っているのはテレビとパソコンとデジカメだがいずれも20世紀の技術でこうした商品に経営資源を投下すること自体信じられない時代錯誤といえる。
ソニーはWEGAという薄型ブラウン管テレビがヒットしたことで液晶テレビに乗り遅れたし、CD/MDにこだわってインターネット配信事業に乗り遅れた。
パソコンVAIOは1995年に投入して大ヒットしたが、その後のパソコン価格の低下で全く収益が上げられなくなってしまった。

 IBMなどはパソコン部門をさっさと中国のレノボに売却して撤退したし、テレビなどはこれ以上進化してもどうしようもない段階で価格破壊の最たるものになっている。
今1K や2Kから4K にすると騒いでいるが4K にして何が変わるのかさっぱり分からない。
私の家のテレビは32型の1Kだが、これで全く支障がなく4Kになってもその精密画面を認識できるような眼力はない。
老人になれば1K も2K も4Kも全く同じ画面にしか見えないのだから無駄ということだ。
ちょうど新幹線があるのにリニア新幹線を作るようなもので、ほとんど効果が期待できない。

 ソニーは05年以降世界各地で人員削減策を実施し5万人規模の技術者や労働者の退職をさせたが、ただソニーの技術力を弱めただけだった。
ソニーの優秀な技術者はその後韓国のサムスンやLG電子と言ったところに高給で雇用され、ソニーの開発した技術が筒抜けになっている。

 ソニーが復活しなければ日本の家電業界が復活したといえないのだが、シャープやパナソニックが回復軌道に乗ったのにソニーだけは泥沼の中を這いずり回っている。
問題は赤字垂れ流しのテレビ部門からの撤退だが,前に平井社長がインド市場を訪れ「ここでサムスンと競争してテレビの巻き返しを図る」と公言していた。
私はあきれ返ってしまったがテレビのような20世紀の商品に社長自ら出張して売り込みを図っているようでは先がない。

 ここに来てソニーもようやく目覚めてパソコンとテレビ事業を子会社に分離したが、売却でないところが何としても中途半端だ。
なにかソニーは金融とエンターテイメントのような会社でエレクトロニクス部門は全くダメという会社だが、それならそれとして対応が可能だろう。
やることなすことが中途半端でただ赤字を垂れ流すことだけのソニーの最後の手段はエレクトロニクスからの撤退という手段しか残されていないように見える。

注)なおシャープの大復活の可能性については昨日ブログに記載した。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-fd66.html



 

 

|

« (26.6.14) シャープの大復活の予感 アベノミクスの効果とシャープのリターンマッチ | トップページ | (26.6.16) 秒読み段階に入った中国の不動産バブル崩壊 今そこにある危機 »

評論 日本の経済 ソニー」カテゴリの記事

コメント

もう お金の面で見れば サムスンと大差ない状況が続いてるみたいですね!(。>0<。)
何か 悲しいです!日本もそういうのが 増えつつあるんだろうなあ

投稿: kuwankahn | 2014年6月15日 (日) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.6.14) シャープの大復活の予感 アベノミクスの効果とシャープのリターンマッチ | トップページ | (26.6.16) 秒読み段階に入った中国の不動産バブル崩壊 今そこにある危機 »