« (26.6.25) 誰の予想が当たるか? 中国経済崩壊論争 | トップページ | (26.6.27) パワー・アシスト・スーツが人類を変える。 世界の最先端にいるロボット技術大国日本 »

(26.6.26) たかが野次というなかれ! 女性蔑視の終焉が始まった!!

21_354 

 日本は男性優位の国でひどい女性蔑視が行われている。このような女性蔑視が平然と行われているのは他にイスラム国家と韓国ぐらいだろう(まだあるかもしれないが私は知らない)。
都議会の塩村文夏議員の、女性の妊娠・出産を巡る都の支援策についての一般質問中、「早く結婚した方がいいんじゃないか」「まずは自分が産めよ」「子供を産めないか」「子供もいないのに」という野次が続けざまに発せられたという。

 私もユーチューブで確認したが、当初は苦笑していた塩村都議が、あまりにしつこい野次で涙ぐんだというのが実態のようだ(ただし映像からは明確な野次の言葉は聞こえなかった)。
当初都議会の対応は「野次ぐらいで何だ」というぐらいの感度だったが、海外のマスコミまで騒ぐようになって都議会自民党の鈴木章浩議員が「早く結婚した方がいいんじゃないかと言ったのは自分だ」とゲロしてきた。
しかしその他の野次は知らないという。

 野次のレベルから言うと「早く結婚した方がいいんじゃないか」程度までは許される範囲だが(塩村議員も苦笑していた)、だんだん内容が悪化して「子供を産めないのか」「子供もいないのに」あたりになると誹謗中傷のレベルになる。
調子に乗りすぎたということだが、男性の本音が出たともいえる。
男性は本能的に女性の進出に拒絶反応を示す。

 私が勤務していたのは金融機関だが、管理職会議をすると男性ばかりだった。職員の男女比率は約半々だからこの偏りはひどい。女性の大卒職員も総合職として採用していたが、総合研究所のような一部の特殊な職種以外に女性管理職はいなかった。
女性は男性のアシスタントという役割だったが、優秀で頭のいい女性には耐えられなく「こんなバカな上司の下で働きたくない」と捨て台詞をはいて辞めていったものだ。
私もこの女性の台詞には大いに同感したが、まさか「私もそう思います」とは言えないので黙っていた。

 日本の少子高齢化はとどまるところを知らず、働き手はますます少なくなっていくのだから女性の職場進出が焦眉の急になっている。安倍首相は懸命に女性の活用が成長戦略の鍵だと述べているが、一般の男性の意識ははるかに遅れており、「アシスタントならいいが女性の上司なんて絶対やだ」というのが本音だ。
残業はしないし、出産すれば育児休暇を申請するし、男に比べて一生勤めようと思っていない・・・・・」等々問題点をあげつらって女性の管理職登用に反対してきた。

 だがしかしそうした女性への差別対応によって日本では優秀な女性の能力が全くと言っていいほど未使用のままだ(正確にいうと医者のような特殊な職業や教員以外は男女の差別がある)。
男性の方が女性より優秀だということはこと仕事に関してはない。確かに過去においては体力勝負の仕事は男性が圧倒的に優位だったが、現在の仕事は体力より知能だから優位差はなくなっている(軍隊でも今は女性が進出している)。

 こうして実態と意識が完全に乖離してきたときに、タイミングよくセクハラ発言があったため、朝野を上げての野次議員へのバッシングが始まった。
特に海外メディアは辛辣で塩村議員の海外特派員との会見では「デンマークで同じ野次を飛ばせば議長がすぐに発言者を特定し議員生命を終わらせるだろう」と言っていた。

 図らずも都議の意識の低さを露呈してしまったが、安倍首相の足を引っ張るような都議は辞職するのが当然だ。
日本では女性の活用なしに日本の復活がないのに、何とも時代遅れの意識構造だとあきれたが、これが実態なのだ。
都議会は慌てふためいて早急な幕引きを諮ったが、このさい徹底的に膿を出すのが日本の将来にとって有意義であることは間違いない。

注)私は個人的にこの男性社会を切り崩すために女性に学力をつけて医者にしようと努力している。総論賛成各論反対が世の習いだからだが、一方で社会全体の意識改革も必要なことは理解している
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat51314868/index.html



 


 

 

|

« (26.6.25) 誰の予想が当たるか? 中国経済崩壊論争 | トップページ | (26.6.27) パワー・アシスト・スーツが人類を変える。 世界の最先端にいるロボット技術大国日本 »

評論 日本の経済 日本再生」カテゴリの記事

コメント

女性蔑視・・・従来の日本人男性はオモテに出る出来る女性を好まず、三歩下がって陰ながら支えるタイプのしっかりした女性を好みますよね。男性の考え方も少しづつ変わってきているとは思いますが、女子大で学ぶ娘には「ジェンダー論は大学の外では忘れるように。」と言い聞かせています。。。

投稿: kks | 2014年7月 2日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.6.25) 誰の予想が当たるか? 中国経済崩壊論争 | トップページ | (26.6.27) パワー・アシスト・スーツが人類を変える。 世界の最先端にいるロボット技術大国日本 »